「悪意の過去」

そこで、ニコ生放送というものにはまり、
「足の裏の太郎と花子さん」という題材で
足裏芝居(?)を配信していた。
太郎さんは正統派、花子さんは悪党。
設定はなあなあだったがそれなりにうまく代弁できたと思う。
今思えばよくあんな変なことを放送できたな、と自分の労力を褒め讃えたい。

クルーズ待ちタグに関してはもうやりたい放題やったものだ。睡眠薬を酒で飲みながらラリってたから当時は何言ってたかもう忘れたが
とにかく又吉イエス的に言えば「地獄の火の海に投げ込む者達である」という無茶振りだった。

はっきり覚えてるのは少なからず常連さんがいてくれたのと、「脱ぎます」配信で裸執事を流して殺害予告をうけたこと、ローカルCMの歌を歌ったりクルーズに向かって放送禁止用語を大声で叫んで炎上させたり

それはもう今やったら「死ね」の一言でかたづけられるだろう基地外配信だった。
ちょうどいじめを題材にしている漫画などがあるけども、人間いじめられて窮地にまで追い込まれるとここまで狂えるものだとわかった。

(人によっては自殺するだろうけども、私には死ぬ事も出来ないただの死ぬ死ぬ詐欺するのが精一杯)

まあ、あまり聞かない病気だと思いますが
「球性壊死性リンパ節炎」に初めてかかった時、毎日40度近くの高熱がでて毎日が地獄だったこと、少し天国イキかけたことくらいです。
死ぬかも、って思った時は。

その時は死ぬ恐怖よりも早く楽になりたいな、と願うばかりでしたね。今も稀に発症するので持病ってやつらしいです。

それが高2の時でした。