2月7日/影に隠れれば

誰かの背後をつけている。私は探偵か隠密か何かのようだ。
影に溶け込んだり、小さな隙間にも入り込んだりといった特技を持っているらしい。
暗がりに潜みながら着いたのは、コンピューターが壁中にあるサーバールームのような場所。
何かの拍子に尾行がばれてしまい、相手は斧かハンマーのようなものを振りかぶる。
私は咄嗟に換気口に逃げ込み、息を潜めて反撃の機会を伺う。