2018年4月

4月6日/どこどこまでもキックボード

家の近所をキックボードでうろうろ。
気づいたら、見知らぬ遥か彼方の街でうろうろ。
一軒家に入ると家主は非常に歓迎してくれる。
大豪邸で、アメリカのスターの家ってこんな風なのかな、といった具合。
しばらくして家を出、またキックボードで周辺を滑走。
右足で蹴ってばかりなので左足で蹴ったりと、理性を働かせる。
どれくらい漕いだのかわからないけれども、次第に見覚えのある風景。私の住んでいるあたりだ、と思った辺りから風景が溶け始める。