12月28日/数千メートルの地下世界の空

石造りの地下室をひたすら降りている。
これまでにどれだけ降りているのか分からないけれど、おそらく数日程度は。
どのフロアも迷路のような造りで、行き止まりや偽の扉が邪魔をする。
すでに地下数千メートルという深さなのに時折屋外に出る。
朝かと思えば夜、雨だったり晴れていたり、日本だったり外国だったりと安定しない。
西洋風の庭に出て渡り廊下を渡っていると、遠くには山脈が見えた。