2018年1月

1月1日/歩く道すがら

街道の真中に自分一人。
周囲には大きな石がゴロゴロと転がる、あぜ道だ。
旗に向かって歩いていると、朝焼けが周囲を染め上げる。
自分の部屋に戻ると知り合いが数人。
岩波文庫の『ダンマパダ』と『スッタニパータ』を読んでいた。