No.1に偽り無し、か?:サヤカさん

その8


私がソープに行き始めてから何度目の夏だろうか。
その7からまたもや半年後、盆と正月の少し前に訪れるのが習慣となっている。

さて、今回はいわゆる「No.1」に入ることにした。
毎回冒険をしているかといわれると、全くしていない。
その店で評判のいい嬢、ネット上である程度の評判の嬢を選び、無難に遊ぶ。
もちろんその下準備として、徹底的に情報を精査している。
その1のアイさんは、店頭受付でのNo.1表記。(いきなり下準備全然してない)
その2のアンリさんはネットでの評判(当欠多いが接客がいい、ロリ系)。
その3、その5のミイさんはブログ(身体の写真と趣味の話)。
その6のミキさんは店の宣材写真(顔出し全身写真が大量)とその後の特定(地下アイドル的活動など)。
その7のマユさんはネット上の評判(おっとり系)。

その4のルルさんのみ、ふらっと行って、ちと残念な気持ちになった。後日ネットをチェックすると、さほど評判はよくなかった。



さて、店は前回に引き続きR。店のウェブサイトでも「No.1」と公言されるサヤカさんに入ることにした。
サヤカさん、ネット上の評判ではほぼ一切悪いコメントは無し。
20歳、T159、B84(C)W56H85。表記上は特に特筆すべき(高/低身長、巨/貧乳など)店は無い。


このRという店、ネット上で予約ができ、その予約状況がリアルタイムで確認できる。
サヤカさんはいつも予約が埋まっている。予約可能になったとたんに一気に埋まるのだ。ものの1分程度で、だ。
これほど信頼できる評判も無い。
新人嬢などは、意外と予約が全て埋まることもある。これは新しもの好きの常連客が入るかららしい。しかしサヤカさんは結構な年数この店にいる。にもかかわらずのこの人気、ぜひ入ってみたい。



私が入りたいの日にちが予約が可能となる時間まで後10分。私はPCの前に張り付いていた。
WEBブラウザ上にはRの店のウェブページ。更新ボタンを押す。
予約はまだ入りたい日にちの前日までしかできない。
5分前…まだ…3分前。まだだ。
1分前…まだか…30秒前…まだ…20秒前…まだ…10秒前…!
ここでページの様子が変わる。
私の入りたい日にちの予約状況が表示される。
そう、初めて見た。サヤカさんの予約状況がまっさらなのを。
すかさず希望時間を入力して、OKを押す。
ここで誰かが先に私の希望時間とかぶる時間帯で予約をしていた場合は、当然予約ができず、なおかつその日の予約は絶望的になる。
画面が切り替わる。
「予約受け付けました」
ほっと胸をなでおろした。
またサヤカさんの予約状況を見ると、既に全埋まり。1分も経ってないじゃないか。
ちょっとした優越感に浸りながら、PCをシャットダウンし、遅い朝食をとる私であった。