苦い記憶を呼び起こす:ツボミさん

その12


今回は毎度のE店。
ところで、今までのレポで何回かE店とR店を間違って書いていた可能性がある。
アイさん、アンリさん、ミイさん、ルルさん、ふたばさんはR店。格安で(現在は)出稼ぎ嬢メインの店。
ミキさん、マユさん、サヤカさん、ゆずはさん、しほさんはE店。ネット予約が出来たり、宣伝広告に力を入れている店である。

今回は、事前に調査をした結果、ツボミさんという嬢に決めた。
T155、B86(D)W57H85と、スタイル的には尖った部分は無い。が、接客が良い、話しやすいなど、性格がよさそうな評判がネット上に多かった為、入ってみることにした。
これまでの経験上、顔や身体よりも性格、接客態度に重きを置いた方が、悲しい思いをすることは無いためだ。
嬢のブログもそこそこまめに更新され、内容もそこそこある。本当にそこそこの嬢なのか。

サヤカさんのときのように、予約可能となってすぐに全枠埋まることを心配して、PCの前に張り付いていたが、予約が埋まることは全く無く、当日まで私以外の予約は入っていなかった。
これには若干の不安があった。
ネットの掲示板での話によれば、新人の頃は常連客が試しに入るので予約が埋まることが多いが、一巡すると本当の人気具合が分かるらしい。
評判は良いが、予約が埋まらない。ネットの掲示板は誰でも書き込めるわけで、よく言われるのは、良嬢のレポは嬢本人や店の自演だ、というのだ。
そもそもネットの掲示板の情報は玉石混交、嘘を嘘と見抜けない人には、がお決まりの世界だ。それでも淡い期待を抱かざるを得ない。


当日、別の用事もあり、夜遅い時間の予約を取ったこともあり、既に暗くなり、人気も少なくなった風俗街に足を踏み入れた。
夜の世界、という印象が強い風俗街だが、21時以降はやはり人が少ない。
例えば歌舞伎町やすすきのといった町は、風俗店と居酒屋その他の店が入り混じっており、酒が入った人々が賑やかに歩いているのだが、この風俗街は少し切り離されている感がある。駅があり、居酒屋その他があり、その奥に風俗街がある、といった感じだ。
人気が少ないので、あまり人目を気にせず店に入ることが出来るのはいいことなのだが。


店に入ると、男性店員が声をかけてくる。いつもどおり予約がある旨を伝えると、待合室へ。
この待合室も見慣れたもので、壁には宣伝用のポスター、手作り感満載で写真も店のウェブサイトに掲載されているものを印刷したと思われるものだ。机には灰皿と爪切り。
爪は女性のデリケートな部分を傷付けないように短くするのがマナーだ。これは風俗か否かに関係ない。
本棚には古い漫画と風俗雑誌、18禁のエロ本、コンビニで買えるレベルのやつじゃないエロ本。
1台だけあるテレビにはDVDが流れされている。内容は伏せるが、いつきても同じDVDを流している。いい加減飽きるので普通のテレビ番組にして欲しいが、これは店の諸事情があるのだろうか。B-CASカードが無いとか、受信料を払いたくないとか。


DVDが中盤に差し掛かった頃、私の番号が呼ばれた。
エレベータ前に行き、ツボミさんと対面した。

「こんばんは~」
明るい声で挨拶をするツボミさん。
顔は所謂地味顔、大きいが一重の目、低めの鼻、厚い唇。
美人、可愛いという表現は出来ないが、ブス、でもない。
高校時代、ゆずはさんと同じグループの仲間で、同級生の男子からは「あのグループの女子は結構可愛いけど、その中で一番いいのはゆずは、一番無いのはツボミ」と言われるような容姿。
ただ、私としてはそのくらいの女性の方が、変に緊張せずに接することが出来て好ましい。

エレベータに乗り、そして部屋に入る。
その間、世間話をするが、本当に当たり障りの無い話しかしなかった。

部屋に入り、ベッドに腰をかける。
今回はお土産を持ってきた。とは言っても買ったものでなく、仕事の関係で貰ったお菓子。
メーカー名等はよくわからないが、健康的なものらしかった。
「これ、口に合うかわからないけどどうぞ」
とツボミさんに袋に入れたお土産を渡す。
「ありがとう」
と言いながらも、若干不満そうなツボミさん。お菓子が嫌いだったのか。
だが、ツボミさんが袋からお菓子を取り出すと、表情が一変した。

「あっ!これ○○のだ!すごーい!」

急に喜びだしたので、虚を突かれた私にツボミさんは続けた。

ツボミ「これ高いんだけどおいしいんだよね!」
私「そ、そうなんだ。実は貰い物なんだけど、どうかなと思って」
ツボミ「えーすっごい嬉しい!これ、砂糖とか添加物とか使ってないけどすごいおいしいやつなんだよ!」
どうやらツボミさんストライクのお土産だったらしい。

ツボミ「マクロビって知ってる?」
私「!!」

私はとんだ地雷を踏んでしまったらしい。
脳裏に過去にいた会社の女性の姿が浮かんできた。

少しソープの話から外れるが許して欲しい。
なので次のページは読み飛ばして頂いても構わない。