コメ返と引き込まれる文章語り

新都社のアップロードシステムのトラブルで、2/5に更新したところ、正常にアップできませんでしたので、その後のコメントへの返信を加えて、改めてアップしております。
日ごろから新都社編集部の皆様には、システムの維持管理に多大の尽力のほど感謝に堪えません。
今回も迅速なご対応、まことに有難う御座います。


コメ返コラムとソープレポはもっと分かり易く配置したほうがいいのでしょうかね。
今は殆どアップ順に並べているだけなので。
ソープレポとコメ返(+自分語り)も同列扱いにしていますが、それはただコメ返だけのページではなく、更に(無駄に)長めのコラム(自分語り)も書いているからです。
ソープの風呂は温かいは、コメを頂いた読者の方と一緒に作る物語です(キリッ

そして、読者層というものを全く無視した話題の散らかりよう。
今回もコメ返に加え、文章についてのコラム(自分語り)をしたいと思います。

[46] 41です、返信ありがとう。他の人がどういう基準で嬢を選んでるか気になったので質問させてもらった。早漏には早漏の悩みがあるんだな… <2018/02/05 17:21:07> fSvzHLP1S

こちらこそありがとうございました。
46さんもソープの客とのことですが、どのような基準で嬢を選んでいるか興味がありますね。遅漏の方であれば、締め付けやテクニック重視でないとイけないで時間になってしまうので、条件がより厳しくなってしまうのでしょうね。


[45] 相変わらず面白いなw <2018/02/05 13:11:56> haHHv1N0P

有難う御座います。何回かコメントを頂けた方でしょうか。
これからも自己満足な文章を書いていくつもりですので、面白いかどうかは分かりませんが、お付き合いいただけますと幸いです。


[44] 初めて読んだけど、引き込まれる文章で一気に読んでしまった。 <2018/02/03 11:30:42> zf9BXHQ/P

全て読んで頂き誠にありがとうございました。
また、お褒めの言葉を頂き、重ねて感謝申し上げます。
「引き込まれる」文章についてコラム(自分語り)を書かせて頂こうと思います。
今後も続けて読んで頂けるよう精進したいと思います。


[43] 尖った嬢・・・外人とか妊婦とか? <2018/02/02 20:20:24> 5eVKyTm0P

そうですね、外国人であれば白人の嬢(存在するのであれば)に入ってみたいですね。
残念ながらソープにはいないようですが、デリヘルなどにはいるみたいです。
調べてみたところ、風俗店で外国籍の方が働くこと自体が違法のようです。帰化していればOKなんですね。帰化してソープ勤務をする外国人、特に白人の方はほぼいないでしょう。
妊婦、これはさすがに遠慮させて頂きたいですね。色々な感情が相まって、恐らく挿入が出来ない、挿入時に萎える可能性が高そうです。
尖った嬢…というよりAVのジャンルな気がします。


[42] 早漏氏は早漏キャラの中で最も好きで候 <2018/02/01 23:58:33> /fXnP5N.P

有難う御座います。でも早漏キャラって他にいたでしょうか。いるのなら教えて欲しいですね。
「早漏氏がイかされたようだな…」
「フフフ…は早漏キャラの中でも最弱…」
「地雷嬢如きにイかされるとは早漏キャラのツラ汚しよ…」
みたいな。
どんな理由でも好きと言ってもらえるのは嬉しいですね。
ただ、「好きで候」を言いたかっただけちゃうんかとと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。


話は変わりますが、私も新都社のタグ「風俗」をつけていますが、以前から何だろうと思っていたタグがありました。新都社規約を見て謎が解けたのですが、

よく利用されるタグを教えて
θ  作品に対してのエロファンアートを描いて欲しいという意思表示。
♯  作品に対してグロファンアートを描いて欲しいという意思表示。
∇  小説作品を漫画原作に使って欲しいという意思表示。
φ  小説作品の挿絵・FAを描いて欲しいという意思表示。

なんですね。
折角なので∇、φをタグ付けしてみましたが、題材がエロ系なので難しいでしょう。
万が一挿絵やFAを貰ったとしても、うpろだなので掲載できない可能性が高いですよね。それはもったいない。
そして漫画原作にすると「孤高のグルメ」のような内容になりそうなのが目に浮かびます。
宝くじの1等が当たるのを祈るくらいの気持ちでお待ちしております。



「引き込まれる」文章についての自分語り。

私の書いている文章は、ライトノベルのような軽快さはありませんし、性描写を求める方には前置きが長いかつ物足りない(性描写を求める方は漫画の方に行く場合が多い)でしょう。
そもそも文学性の無い文章を文藝に書いていていいのか、ベータに書くべきか、という根本的なことも考えますが、早漏氏ちゃん、文藝やめへんでー、ということにしておきます。
「てめぇはソープ行く前にベータに行けや」とか「早漏は射精く(イく)前に(新都社から出て)行け」というご意見があれば、コメントお願いします。


さて、本題です。
文章ものは読む方の労力が非常に大きいと思います。それは、文章を読むには想像力を要するからです。
漫画であれば、映像で何が起きているかが直感的に分かります。逆に分からない「絵、構図、構成が下手」と批判されるくらいです。
例えば、ロボットもので

「主人公のロボが敵のロボのサイドに回り込み、敵がこちらを見失った隙を突き、ブーストによる超加速ですれ違いざまにブレード兵器で胴体を真っ二つにする」

という場面があったとしましょう。

アニメ、漫画に慣れた方なら、意外とすっとこのワンシーンをイメージできるのではないでしょうか。更に、ロボの動きのコマ間に、主人公と敵の表情や台詞を入れつつ。

では何故イメージ出来るのかといえば、「そのようなシーンを描いた漫画、アニメを見たことがあるから」です。
ロボットの形状やスペック、主人公、敵のキャラクターなど記載していなくても、読者の脳がそれらを自分の記憶から補完しているわけですね。
おそらく、これを漫画で描けば、そこそこのコマ数になるでしょう。
漫画の描き手はこの2行を描くために、相当な労力を必要としますが、文章の書き手は、2行に加え、詳細を書いたとしても、漫画に比べれば労力が少ないことは明白です。
この労力の差を読者の想像力に頼っているわけです。
もちろん、より鮮明な映像として読者に想像してもらうために、文章の書き手は様々な工夫をする、現場で起こっていることをモニタリングしているように書き、読者がその場にいるような想像を期待する場合もありますし、比喩的な表現を多用して、その世界を俯瞰して見ているような感覚を持たせるようにする場合もあります。

更に文体についても言えることですが、語り口を現代風な雰囲気にしたり、ネット上での流行の定型句を利用すれば親近感が沸き、より読者が作品内に入り込めるでしょうし、硬い文章にすれば、一歩外から作品を眺めるような読み方になるのかと思います。


そして「引き込まれる」文章、これは読者の想像力にちょうどいい文章であることがあると思います。
作品に対する読者の求める立ち位置は読者の数だけあります。主人公と自分を重ねるのが好き、歴史の傍観者のように登場人物の生き様を眺めるのが好き、などなど。
その位置に収まり、文章から世界を想像を出来る、これが引き込まれる、ということではないでしょうか。
ゆえに万人受けする文章はありませんし、漫画よりも読者も限られます。


私の独断と偏見による意見ですが、
ひとつの「話」を理解するには一定の労力が必要であり、
その労力を誰が負うかの違いでしかない、
文章表現は読者にその労力を負担させ、映像表現は製作者がその労力を負担している。
「話」が溢れかえっている現代において、受けてである読者は、労力を負担してまで「話」を理解したいとは思わないし、その価値のある「話」も多くない。そうなると「話」を簡単に理解できる映像表現を優先的に見る。
これが「読書離れ」と言われる原因のひとつでしょう。水は高きところから低きところへ流れる、楽な方に流れていくのは必然です。
ただ、この労力の中にこそ本当の楽しさがあるということも、また事実です。
新都社で漫画を描いている作家さんは、自分の脳内にあるイメージを実際の映像したいという欲求を満たすため、そしてそれが楽しいと思えるから、報酬など無くても掲載を続けているのですから。
文章の読者としても、映像が無い方が色々想像できて楽しめるという方だっています。



私は仕事柄(文章を主にした職業というわけではありませんが)、文書作成に対して非常に厳しい上司の下で仕事をすることが多く、常に「その上司が理解し、納得できる」文章を作ることに腐心しております。
「こう書いたらこう突っ込まれることを予想してこう補足をつける」といったような面倒この上ないやりとりを徹底的に排除できるような文章を作るよう努力しています。
(逆に「くどい」と言われてしまうこともありますが)
そのせいか、ここで書く文章も、極力「どういうことか?」という疑問が浮ばないように気を配りながら作っています。それは面白みがある文章か、と言われれば疑問符がつきますし、(題材も含め)万人受けするかと言われれば答えはNOです。
脳内にイメージできる世界観があるわけでもなく、何かを映像化できる術も無い、あくまで自己満足の為の文章、それでだれかが楽しんでくれれば儲け物。コメントがくれば嬉しさ爆発です。

こういう話は語り尽くされ、今更私に言われるような話ではないのでしょうが、書きたいことを書いていくのです。(レポ残弾が殆ど無いための引き伸ばしとも言う)


ソープとは全く関係ない話でした。すまぬ。