友人たちとの飲み会は大いに盛り上がったのちに解散となったが「キャバクラ逝こうぜ」と友人の一人(既婚者)が言い出した。
独身の友人(童貞の可能性アリ)をソープに連れていこうと思ったが、頑なに明日の予定があると言って帰ってしまったのが残念であった。
結局乗ったのは私と発案者の二人のみ。
彼はノリノリで無料案内所に突撃していった。私も後に続く。無料案内所は初めての利用だ。

「どのタイプがいいですか?おさわり、抜き」
案内所の店員は真顔で言う。
友人は私に委ねている。
「じゃあ抜きで」
と答えると、店員はタブレットで店を探してくださいという態度。案内する様子はあまりない。
私は友人に聞く。
「嫁さんいるのに大丈夫?」
「大丈夫じゃなかったら来てないって」
仰るとおりであるが、まるでホテルに誘った女の子に念押しをしたときの答えのようだ。
お前はおっさんだろう。

「ぶっちゃけ俺はよく行ってるのよ」
酔った勢いもあり、私は軽くカミングアウトすると、友人も、
「俺もぶっちゃけるとセフレいるし」
被せるようにカミングアウト合戦。早漏氏、大いに衝撃を受ける。
お互いぶっちゃけると思いもよらない真実を知ることもあるのだ。

案内所での店選びはたいして役に立たず、早々にその場を後にして私が事前チェックしていた店へ案内する。
店は雑居ビルのひとフロアで、エレベータに乗り、店の入口をくぐる。
そのまま待合室に通されると、男性店員が4枚のパネルを持ってきた。
この店員、お笑いコンビの飛石連休の小さい方が小綺麗、小太りになったようなるっくすだった。
パネルを見てやや驚く。
写真は店のサイトのボカシありの写真そのままなのだ。
通常、いや私の普段行く店では、ネット掲載のボカシあり写真のボカシを外したものを受付においてある。
まさかのボカシあり写真に頭を抱えつつ
「すぐじゃないけど入れる他の子の写真は見せてもらえますか?」
と聞くと、駄目ですね、と素っ気無く言われる。
待合室に他の客の姿も無く、我々は絶好の客にも思えるのだが、あまりの塩対応に
「うーん、じゃあいいです」
速攻で席を立ち、私達は店から立ち去った。
ちょっとあれはないわ、と二人で話しながら歩いていたが勢いも削がれ、結局行かず仕舞いで解散することとなった。

友人を見送った後、再び私は街をぶらついた。
幾度と来るか分からない北の歓楽街、店に行けなくともその雰囲気に浸っていたかった。

まず、ガールズバーの女の子に声をかけられる。
「ガールズバーどうですかぁ?」
基本無視して通り過ぎるが、酔いも程よく回っているせいか、ついつい足を止める。

私「どこの店?」
女の子「あそこの角のお店ですよ~。今日私しかいないんですよ~」
私「え、じゃあ店はどうしてるの?」
女の子「連れてきたお客さんは自分が相手するんですよ」
私「じゃあ今店は客いないってことか」
女の子「そうなんですよ、どうですかぁ?」
私「いや、もうちょい直接的な店を探してるんで」
女の子「直接的…あぁそういうお店かぁ」
軽く引かれた気がする、が気にしない。
私「ガールズバーって多いの?」
女の子「多いですよ~」
私「久しぶりにこっち来たから全然分からんくてさ~」

軽く世間話をして、仕事の邪魔をしたことを詫びてその場を立ち去った。


その後、一本路地を入り、ソープ店を横目に歩いていると、無料案内所前に立っていた男性に声をかけられた。

男性「どうですか、行く店決まってますか?」
私「いえ、この辺ソープっていっぱいあるの?」
男性「ありますよ、ソープですか」
私「久しぶりに札幌来て、一度は行っとこうかなぁと思って」
男性「ん~、本番アリならホテトルの方がいいかもしれないですよ?」
ホテトル、デリヘルの一種で店が嬢を寄越す先がホテル限定の店だ。
私「え、ホテトルで本番あり?」
男性「そうですよ~。チェンジも出来るからいいですね」
デリヘルで本番有りを公言するとは。すすきのの常識なのか?
私「え、デリで本番っていいの?」
男性「普通にありますよ?」
衝撃を受けた態度を前面に出して会話を続ける。
私「私、関東の風俗街も行ってるけど、デリで本番は初めて聞いたわ」
男性「店にもよりますけどね」
私「へぇ~、価格帯はどの程度なんですか?」
男性「60分で20000~40000くらいですね」
私「なるほど。勉強になるわ~」

私「ところで、すすきのってキャッチがめっちゃ多いって聞いてたんだけど、やっぱいるんですか?」
男性「最近はほとんどいないっすよ。10年この仕事やってますけど、一時期よりホントに減りましたよ」
さらっと10年勤務というが、恐らく見た目からいうと高卒後に即働き始めているような年齢に見える。
男性はおもむろにスマホを取り出し、子どもの写真を見せてくれた。
そんなに稼げる仕事なのだろうか、うらやましくもある。
男性「あっちにいるのが20年選手の先輩」
そう言いながら、少し離れたところにいた別の男性に声をかけた。
先輩「はい、20年仕事してますよ」
私「すすきのってデリも本番 ありなんすか?」
先輩「そういう子もいますね~。手でやるより楽ですから」
ん?少し話が違ってくるぞ?
それなら、店に内緒で本番をしている嬢がいるというだけで、私の通っている風俗街と同じだ。
すすきののホテヘルは本番確定なのか、本番確定な店があるのか、嬢が内緒(追加料金有無問わず)でやっているのか。すすきのに詳しい人がいるなら教えてほしいところである。

「まだ札幌に滞在してるから明日また来るかも」と言って、再び仕事の邪魔をしたことを詫びて無料相談所を後にした。


その後は「みよしの」、「皆招楼」といった食の店を回り帰路についた。


結局すすきのの風俗は一切行かず、夏季休暇期間を終えてまた関東へ戻ってきた。
ちなみにあと1日帰るのが遅ければ、台風で足止めを食らってたところだ。
運がいいのか、悪いのか。