ネットストーカー私:ミキさん

その6


その5から1年後。
その1年、何をしていたか。いや、何もしていないんですよこれが。
彼女ができた、セフレができた、結婚した、そんなんあるわけねぇ。
会社の仲間との交流はどうなったか?
あぁ、社内恋愛&社内結婚してましたよ、会社の仲間同士で。
私?まぁ自分からも積極的に行かなかったし、そもそもみんな年下で、声かけられて参加して、わいわいやって、年下同士でくっついてるんだから。
いいんだよ、それはそれで。

とにかく1年間行かなかったのには深い理由は無い。
が、ソープの情報をまったく見なかったわけではなかった。
ずっと同じ店しか行っておらず、かつ人気嬢と評判の嬢には入った。さすがに新人を発掘なんて苦行になるだろう。
そこで私は別の店を探すことにした。
この風俗街にはソープだけで30近く店がある(はず)。
そこで、ネットで料金や嬢を調べ、ここだ、という店を選んだ。
Eという店である。(今まではR)

そこで一人の嬢が目に留まった。
ミキさんである。
ロリっぽい見た目、日記(この店は多くの嬢が日記を書いている)の内容はオタクっぽくもあり文章量も多い。
次に入る嬢にしようかと思い、チェックすることにした。

ミキさんは日記に色々な写真や自分の描いた絵を載せていた。
ある日の日記に載せていた絵がメチャクチャ上手かったことがあった。
さすがにトレスや他人の描いたものなんだろうなと思い、試しにGoogle画像検索をしてみると、やっぱりトレスだった。アニメのワンカットそのままで背景だけが違うという、ある意味高度な技術なのだろうか。
しかし、それとは別に、とあるTwitterアカウントがヒットした。
そう、それはミキさんのツイ垢、しかも裏垢だったのだ。
ソープ店の日記に使われている写真と同じ写真がツイートにあるのだ。
ちょっと面白くなってしまい、深追いすることにしてしまった。
いわゆるネットストーカーなのだろうか。
(別に相手に被害を与えるわけでも、個人情報をばら撒くわけでもないので害は無いと思うが、本人に知れたら引かれるし嫌がるし怖がられるのは確実)

その後、裏垢経由でyoutube上の踊ってみた動画で踊っているミキさんを発見。そしてツイ垢の本垢を発見した。
ミキさん、いわゆる地下アイドルのような活動をしており、イベントに出たとか何とか色々書いてあり、果ては本名も掲載有りのFacebookまでつながった。

こんなことをしているうちに、1年が経過したのだった。
いや、誤解の無いように言っておくが、四六時中こんなことしてたわけではないし、こういう検索って、意外と簡単にできてしまうもの何です。
だからこそネット上に残るデータに不用意に個人情報を載せるのは危険なんです。googleさんのせいなんです。私は悪くないんです。

予め言っておくと、ミキさんは既に退店済み、ツイ垢は本裏とも削除、Facebookも削除、動画も削除されておりました。
そして彼女の個人情報はネット上では晒されていません。

AV女優になったら晒すけどな!wwwww
はい、すいません。嘘です。

話は夏に戻り、予約をして店に行った。
初めての店で入り口から受付は通路上にあり狭い。その奥に待合室があるが、こっちもさほど広くは無い。
予約の旨、初めての旨を伝えて待合室で待つ。
ちょっと遅れるとの話があったが了解し、30分ほど待った。
そして番号を呼ばれ、ミキさんとご対面。

特に言うことも無く、動画そのまんま。
可愛い顔、スタイルも良し、挨拶の笑顔や会話もとてもいい子だった。

部屋に着き、ベッドに腰をかけると、一方的に話しかけられる。
ちょっと前まで頭痛かったやら、ゲームの話やら、何やらかんやら。"よくしゃべる子"との情報はあったがほんとによくしゃべる。
時間稼ぎか、と思わせるほどに。
が、しゃべりながらも着々と風呂に行く準備をし「じゃあお風呂いこうか」のお誘い。
ミキさん、自分のペース配分でやることきっちりやるタイプのよう。
このときのミキさん、セーラー服のコス。制服を脱いで、下着姿になる過程を見ると、高まってしまった私。
そのまま全裸になると、形のいい胸に綺麗なくびれ。さすがアイドル。現役かは不明。

基本的な洗いなどは普通に終わり、風呂から上がってベッドへ。
ベッドに横になると、甘い雰囲気でキスしてきた。
そのまま上半身から下半身を攻められ、フェラに移行。
常に上目遣いでこちらの反応を見ながらしゃぶり続けるミキさん。目が合うと、トロンとした目で首をかしげたり、笑顔になったり、仕事に真面目なのだろう。
そしてすかさず、自分早漏ですから。
フェラをやめてもらって、ゴムをつけて騎乗位で挿入、しばらく動いてもらうも、やっぱり自分早漏ですから。
正常位で少し動いて発射。早いなさすが早漏早いな。
ミキさんにも「一人でもだいぶしてなかった?」と言われ、「1週間くらいかな(本当は昨日したよ!!)」と答えてしまう。
「来る前に抜いて来なきゃww」
と笑うミキさん。もう何も言うまいて。

その後、体を洗って、相変わらずマシンガントーク。
前職はキャバと言っていたので、アイドル活動は殆どしてなかったのだろう。

そしてエレベータに乗り、そう、この店はエレベータがあった。
エレベータショックは無かったが。そこでお別れ。

20歳、T156、B83(D)W55H84のプロフィールは偽り無しだった、のか?とにかくスタイルは良かった。

さて、この店、もう一度来てみようか。

その6 余談


嬢のブログ。
基本的には店側が自前で用意することは少なく、大抵はシティヘブン(大手風俗雑誌)のウェブサイト上に掲載されている。
もちろんその他のシステムを利用している場合もある。
客としては、嬢の性格や顔写真を見ることが出来るありがたい情報源である。
が、昨今のスマホアプリのせいで、載せている顔写真は到底本人とはかけ離れた顔の場合も多い。
技術の発展は時として人を不幸にするのだ。
嬢のブログ利用ランクは大体以下のような感じだ。
ランク0:一切書かない。これは高齢嬢や、短期間のみ在籍の嬢に多い。高齢嬢は個人情報を晒すのを嫌がる傾向から来るものであり、短期在籍は客寄せする気がない為。
ランク1:挨拶と出勤情報のみ。
ランク2:レベル1に加え、出勤時に下着写真と来店をお願いする文章。
ランク3:レベル2に加え、顔出しの自撮り、客からのプレゼントの写真を掲載、客へのお礼の文章を書く。
ランク4:レベル3に加え、ヌード写真も頻繁に載せる。たまに運営サイト側に写真を削除されることもある。
ランクMAX:ほぼ日記のように使う。自撮りのみならず、外出先の写真や趣味の話もほぼ毎日書く。いわゆるフードル状態。
ランク外:官能小説のような文章を書き始める。
嬢のブログについては、内容を加味した上、1投稿いくらで店側が嬢に報酬を払っているところがあったり、逆にブログ更新がノルマとして扱われている店もあるらしい。
報酬の有無に関わらず、店側としては集客の為のいい宣伝ツールなので、ブログ更新を促す場合が多いようだ。(あくまでネット上の情報)
ミキさんはもちろんランクMAXであった。
ランク3以上になると、接客態度もいい傾向があると思う。それは集客努力をしているイコール接客にも気を使うからだ。
せっかく行くのだから、気分よく楽しみたい。
楽しませてもらえるような嬢を選びたい。
嬢のブログはそんな客の判断材料となるとともに、妄想をかき立て客を呼び寄せるすばらしいツールなのだろう。
sage