普通の女の子:ゆずはさん

その10


年末、前回の失敗を踏まえ…いや、踏まえることは無かった。
結局、忙しいスケジュールの合間を縫うようにソープに行くしか無くなった。
仕事のせいで思うように予約時間が決められず、今回もまた、当日突撃となった。
車を走らせ、風俗街へと到着。
ひとまず車をコインパーキングに駐車し、スマホで検索を始めた。
店はE店。もう突貫でR店には行かない。
E店のウェブサイトを見て、今日出勤の嬢についてネットの掲示板を調べる。
ただ、あまり時間も無いのでわずかな評判を拾い上げるのが精一杯だった。
が、今回は駐車したにもかかわらず、なかなか行く決心がつかない。
やはり下調べ無しはギャンブル性が高い。
車から降りて駐車場の鉄柵に腰をかけ、タバコを吸って落ち着くことにした。
あぁ、この1年色々あったようで記憶に残ることなんて殆ど無いわけだ。
たまにこうして風俗街に降り立ち、空を見上げながらタバコを吸うくらいが、唯一何者からも解放された自由の時間なのではないだろうか。
そして風俗街に来ることだって、性欲的にも肉体的にも限界があるだろう。
そのとき私は、何を生きがいにして生きればよいのだろうか。
と、物語のキャラクターにでもなったかのように哀愁に耽っていると、私の前を全速力で駆け抜けていくメガネリュック男子。
彼も風俗客なのだろうか。若そうだがこんなところで全速力で走っているなんて、ちょっとコミュ障的な、普通の子じゃなさそうだ。
そう、風俗は私生活で性的な経験が出来ない男が対価を払ってそれを得る為の場所だ。普通の人間が来るところではない。
かく言う私とて、人様のことを言えるような立場ではないわけだ。
再びスマホを取り出し、嬢の検索をし始める。
良さそうな嬢は既に受付終了となっており、入れる嬢も限られていた。
そして早めに入れそうな嬢は3人。3人ともさほど悪い評判でもない。かといって絶賛は無い。前回同様、後悔をする可能性もある。
コインパーキング代は無駄金となるが、いっそ諦めるか。
ふと視線を上げると、また誰か走ってきた。
今度はスーツ姿のヒゲで小太りの男性だ。私の近くで歩みを緩め、辺りを見回した。
そして唐突に声をかけてきた。
「さっきメガネの男が逃げてきませんでしたか?」
心当たりがバッチリある。
「リュック背負った人ですよね?あっちの方に走っていきましたよ?」
「どのくらい前ですかね」
「うーん、5分かそれ以上って時間だと思いますよ」
「そうですかぁ~」
「あ、何かあったんで…いやすみません、急いでますよね。引き止めてすみません」
「有難う御座いました~」
と、あえて詳細は聞かなかった。その男性は私が言った方へ走っていった。
何だったのだろう。
後から来た男性はその風貌から、おそらく風俗店の男性従業員であろう。
最初に走って行ったメガネリュック男子は客か。
風俗店は料金先払いが基本だから、金を払わずに逃げた線は無いだろう。となると、嬢への何らかの強要か。
私はソープのことしか書いていないが、この風俗街は箱ヘル、デリヘル、ピンサロ、エステもある。
それぞれの違いだが、詳しくはwikiを読んでいただきたい。簡単に書くと、
・ソープ:本番OK。風呂、マットあり。
・ヘルス(箱ヘル、デリヘル):原則本番無し。嬢は全裸or半裸。後はソープと近いが、追加料金が必要なプレイが多い。店舗を構えて、店内でサービスを行うのが箱ヘル、客の指定した場所(ホテルや自宅)に嬢が出向いてサービスを行うのがデリヘル。
・エステ:原則本番無し。嬢は着衣でマッサージと手コキが基本。追加料金のオプションで服を脱いだりフェラも可能な店もある。
・ピンサロ:飲食店の扱いのため、身体を洗う設備が無い。基本はフェラのみ。出来ることは店ごとにかなり差があるらしい。
である。
嬢への強要でかつ脱走できると言うことは、店舗型の店ではないだろう。この風俗街には風俗専用とも思えるホテルが数件あるので、そこを利用したデリヘルで本番強要、嬢が店へ連絡、店の男性従業員が来る前にホテルから客が脱走。と言ったところか。
追跡がかなり遅かったこともあり、メガネリュック男子は捕まらずに逃げ切れただろう。
…やはり何があったか聞いてみたかったのが本音である。
さて、人のことはともかく自分のことだ。
再びE店のサイトを見ると、今までとは別の嬢がすぐに入れる嬢となっている。
名前はゆずはさん。
ゆずはさんは以前からチェックしており、顔出ししており、かつ店のアカウントのツイッターで多数の顔出し動画を掲載されている。店の女性求人動画でもその姿が確認できた。
ちなみに店の女性求人動画とそれ以外ではかなり顔が違うが、それでも可愛い。
ネット上での評判も上々だ。ただ、T162、B84(C)W58H85とスタイル的にはいまいち惹かれるものはない。
とはいえ、今入るならゆずはさんしかいないと思い、すぐに店に電話し60分で予約を入れて店に向かった。
店まで徒歩5分。
店に着き、予約したことを伝えて待合室に入る。
年末ということもあってかなり混雑しており、待合室のソファは全て埋まっていた。
普段はあまりしないが、客の顔を見てみると、私と年齢が近そうな小柄でメガネの男性、ロマンスグレーでピシッとしたスーツの初老の男性、現場帰りそのままで来たような作業着のいかつい男性、4人組で全員太っており1人は腰パンならぬ半ケツパン、別の1人は℃レッドヘアと謎の男性集団。
その後も、予約無しと思われる客が出たり入ったりしていた。
30分ほど経った後、
「4番のお客様~」
いよいよ私の番号が呼ばれた。
エレベータの前のカーテンが開き、ゆずはさんと対面した。

何というか、普通の女子だ。
具体的にいえば、会社の事務職として入社してきた高卒の女の子の入社2年目頃。
若さや初々しさは残しつつも、会社のおじさん連中の冗談に愛想笑いで対応出来るくらいの社交性、高校からの友人グループとボーリングしてるのが似合いそうで、そのグループの中でも可愛い方で、一番に彼氏ができるが、そのことを全く気にする素振りも無く友達と遊んでいるような子だ。この例えはおそらく誰にも伝わらないだろう。

「こんばんは~、ゆずはです!宜しくお願いします!」
満面の笑みと、元気のいい声。確か店年齢は19だったが、実年齢もそのくらいなのではないだろうか。ちょっと釣り目気味の大きな瞳。店の写真だと釣り目気味なのは修正されているが、動画で確認した顔とは同じ。そのためエレベータショックは無かった。
エレベーターが閉まるとマシンガントークが始まった。
世間話に始まり、好きなアニメやらゲームの話がメインだった。
部屋に入ってからもしばらく話は続いた。
ゆずは「お兄さんはアニメとか見るんですか?」
私「最近は見てないなぁ」
ゆずは「どんなの見てたんですか?」
私「スクライド」
ゆずは「」
私「カウボーイビバップ」
ゆずは「」
私「グレンラガン」
ゆずは「」
私「エヴァンゲr」
ゆずは「あー!エヴァ面白いですよね!!私、映画も見てきたんですよー」

ゆずは「お兄さんはゲームするんですか?」
私「最近してないなぁ」
ゆずは「どんなのしてたんですか?」
私「ペルソn」
ゆずは「あーペルソナ、私もすk」
私「ペルソナ2罪、罰」
ゆずは「えっ」
私「えっ」


盛り上がったところで、じゃあそろそろ、とゆずはさんから風呂へのお誘い。
お互い服を脱ぐ。露になるゆずはさんの裸体。胸もそこそこ、くびれもそこそこ。
あぁ、高校のあの普通の女の子を脱がすとこんな感じだったのかな、と思わせるような普通な感じ。ただ、162cmという身長は、意外と大きく感じる。
私の身長は185cmなので、大抵の女性は自分より低い為、あまり女性の身長で背が高いという印象を持つことは無かったのだが、改めて考えると、160cm以上の女性はそこそこ高く感じるものだ。

風呂場に行き、椅子に座ろうとすると、
「冷たいからちょっと待ってね」
と椅子にシャワーをかけるゆずはさん。実はこれ、毎回やってしまう。
その後、椅子に座り身体を洗ってもらう。が、さすが冬場、寒くて身体が震えだす。
「寒いよね~、早く洗うからお風呂で暖まってね?」
さほど密着ということも無く、私の胸から股間に泡をつけ、なでるように洗う。
寒さで縮こまった一物も、包み込むように優しく洗ってくれた。
だいたいの場合は、嬢との性的な接触の一番初めとなるこの行為。積極的な客であれば、その前にハグやらキスやら胸を揉むやらすると思うが、私の場合、プレイ開始までは自分から嬢に触ることは無い。これは、嬢がプレイ前、プレイ後のボディタッチを嫌がる場合があるからだ。仕事とはいえ、好きでもない相手に触れられるのは短時間がいいだろうし、「客と触れ合うのはここからここまでの間だけ」と決めている嬢もいるだろう。サヤカさんのように、「エレベータに乗ってから客と別れるまで」というサービス精神あふれる人もいるが。
特にプレイ前に先走って嬢の機嫌を損ねると、プレイ自体も楽しめなくなる場合がある危険性もあるので、嬢が積極的でない場合、私もそれに合わせている。

シャワーで泡を流し、風呂に使って歯磨き、うがいをする。
ゆずはさんもお風呂に入り、またトークの続きが始まり、ある程度のところで「あがろうか」とベッドに行くことにした。潜望鏡は無し、軽く身体を拭いてもらい、先にベッドに腰掛けた。
バスタオルを巻いた姿で私の横に座るゆずはさん。
「じゃあ…横になって下さい」
全裸でベッドに横たわる私。その横にきてゆずはさんの攻めが始まる。

教科書どおりの乳首攻めから始まり、徐々に下に下りてくる。その間にバスタオルがはだけてくる。
身体を起こしてバスタオルを完全に外し、こちらを見てニコリとした。そしてフェラ開始。

…フェラはというと、咥えて竿からカリ首まで上下するだけ。
下でカリを刺激することも無く、バキュームすることもない。テクニックはあまりないのだろうか。
だが、早漏としては、過度な刺激にならず、奉仕する姿を楽しむことが出来てそれはそれでよい。
ゆずはさんのフェラ姿を眺めていると、こちらを見て「え~なに~?」と恥ずかしそうに言った。「いや、可愛いなと思って、気持ちいいし」と私が言うと「やだ~」とまた恥ずかしそうに言った後、艶かしい表情に変わり、こちらを見ながらフェラを再開する。

これは視覚的な興奮がすごかった。イきそうになったわけではないが、こちらもちょっと気持ちいい演技をしてしまう。私が反応するたび、フェラのストロークや速さを変え、咥えたまま笑顔、またエロい表情にを繰り返した。

「ぷは~」
本当にそう言いながら、ゆずはさんはフェラを終了、いい笑顔でこちらを見る。どことなく達成感が感じられる表情だ。
「ありがとう、マジで気持ちいいよ」
と私も満足感いっぱいで言った。


「そろそろ…入れよっか?」
「うん、そうしよ」
ゆずはさんはベッド横のテーブルからゴムを取り出し、私の一物に素早くつけた。さすがに手馴れたものだ。

「じゃあいくよぉ?」
と上に乗り、肉棒を握り、徐々に腰を落としていく。
ゆっくりとした動きだったので、ゆずはさんの身体の中に消えていく私の一部と、それと同時に感じる圧迫感をじっくりと楽しむことが出来た。
根元まで全て咥え込まれると「ふぅ~」と息を吐くゆずはさん。
そしてまた笑顔で見つめられる。
この笑顔にコロッとやられる客が多いのだろう。
かく言う私もやられた。もうテンションは上がりっぱなしだ。

ゆずはさんはゆっくり上下に…と思いきや、いきなり激しい腰つきで私の上で動いた。
小ぶりな胸を揺らしながら、私の胸に手を置き、顔はうつむき加減でリズミカルに腰を振る。
そんな体勢なので、私の目の前にはゆずはさんの胸がある。
すかさず両手でゆずはさんの胸を優しく揉む。
「んっんっ」
と言いながら、ゆずはさんは腰を振り続けるるが、ふと顔をあげた。
至近距離で目が合う。
またあの笑顔、と思っているとキスをしてきた。
しかもベロベロのディープキスだ。
その間も腰の動きは止まらず、キスをしながら「あっあっ」と喘ぎ声を上げている。

当然のことながら、既にイきそうな早漏具合。
いつもなら、一度待ってもらい、体位を変えるなりで一休みするのだが、ディープキスをされているので喋れない。
「っあ…あぁぅ・・・!」
と声にならない情けない声を上げて発射した。
が、私がイったことに気付いていないのか、まだ腰を振り続けるゆずはさん。そりゃこんな早いとは思わないだろう。
ゆずはさんの腰に手をやって動きを止め「イっちゃった…」と言う私、「ありゃぁ、ほんとぉ~?」と言って身体を起こすゆずはさん。本当ですよ、早漏ですもの。

合体したまま私の上にちょこんと座っているはきょとんとした顔でこちらを見ている。妙な気恥ずかしさから、私は腕で目を覆った。
「お兄さん、なんか可愛いね」
クスクスと笑いながら、ゆずはさんは私から降り、ゴムを外した。
私も身体を起こすと、
「うわ~、いっぱい出たね~」
とゴムを摘まんで見せてくる。
普段の自分の量を把握しているわけでも、他人との比較もしたことなど無いので、実際のところはよく分からないが、ゴムの中身を見る限り、

いっぱいでてた


ティッシュで拭くかと思いきやまさかのお掃除フェラ。
サービス精神旺盛なのだろうか。これも眼福である。


どうもトークにかなりの時間を取られていたようで、ここでまさかの10分前。

駆け足でシャワー(またもや「椅子温めるね」と静止される)、風呂、タバコを一服で終了。
エレベータでのお別れは何故か握手だった。


やはり接客のいい嬢は、顔、スタイル、テクニックを補って余りあると私は思う。
1回戦だけではあったが、十分に満足して岐路につく私であった。
sage