コメ返とコスプレと追体験ときっかけ語り

毎度有難う御座います。

コメント頂けるとやる気がでますね。
何に対するやる気かは、作品の性質を鑑みた上でご想像頂ければ幸いです。



[56:小は大を兼ねるのか?:ゆまさん] スクール水着はとても良いものだと思います!

コスプレの経験は全く無いのでピンとこない早漏氏でございます。
スク水の場合はやはり着たまま、ずらして入れるのがいいのでしょうか。さらにはよく漫画やAVなどである腰辺りまで脱がした状態でのプレイが燃えるのでしょうか。
参考画像を見ましたが…ふぅ。

ソープ店では、店側がオプションやコンセプトの一環としてコスプレ用の服を用意する場合があります。
例えば、別の風俗街では、メイドソープを売りとしており、嬢はデフォルトでメイド服を着ている店もありますし、A店のようにオプション料金を取って、客の好きな服装で接客をしてもらう店があります。
また、上記のように嬢の服装に縛りが無いソープ店では、嬢が仕事着として自費で準備する場合もあります。下着等も含めて仕事着となりますが、嬢が自分の趣味で着る服を選ぶので、コスプレ好きな嬢は色々な服を着ている場合が多いようです。
だいたい嬢のブログで「○○を着てみた」といった宣伝もあるので、コスプレ好きの諸兄は参考にしてみてもいいかもしれません。
なお、店、または嬢のコスプレ用とはいえ汚すのはNGなので、観賞用であることが多いようです。
本当にガチのコスプレ(着たままだったり汚れることが想定されるプレイ)をしたい場合は、客が持参した服を着てもらうようになりますが、嬢次第で拒否されることもありますので要注意です。
それと、コスプレ用の服は新品を持参した方がいいです。使い回しは嬢にとっては気分のいいものではないようです。
このあたりは殆どネットの情報の受け売りですが。

過去のレポの中でも書きましたが、風俗は日常では体験できない性的なシチュエーションを堪能できることが醍醐味のひとつだと考えております。
実際にセーラー服、ナース服、メイド服を着た女性が目の前で服を脱ぎ裸体を晒すというのも興奮できる要素だと思いますが、服が乱れたままの女体を貪るというのも惹かれるところでしょう。
書いているうちに、衣装のオプションを付けてみたい衝動に駆られております。


[55] ソープ未経験だけど楽しんで読んでますよ。おそらく一度行ってしまえばどうってことないのだろうけど最初の一歩が怖くて踏み出せず・・・。何かきっかけがなければ一生行くことも無さそうなので追体験できるこのレポは私にとっては貴重です。 <2018/03/22 23:22:12> zVSJo1H0P

お楽しみ頂けて光栄です。
一度きりの人生ですので、やってみたいと思うことは可能な範囲であれば経験するのもいいと思います。
私はソープのステマをしているわけではないのですが、本当に魅力的な文章なり漫画を書けば「是非行ってみたい、行こう」となるんだと思います。

ヒカルの碁が流行れば碁会所に若者が押し寄せ、
テニスの王子様が流行ればテニス部に入部希望者が押し寄せ、
だがしかしが流行れば駄菓子屋に人が押し寄せ、
ハイスコアガールが流行ればゲーセンに人が押し寄せ、
頭文字Dが流行れば走り屋が峠に押し寄せ、
ごくせんが流行れば組事務所に半端モンが押し寄せ、
ドラゴン桜が流行れば東大に人が押し寄せ。

ちなみに、これらの漫画は読んだことはありません。イメージだけで書きました。

漫画であれ文章であれ、フィクション/ノンフィクション問わず、物語を読むということは、誰かの人生の追体験ですね。
自分の人生は一度きり、その一瞬はそのときしか存在しないのです。だから自分の体験し得なかったことを見たい、知りたい、感じたいという欲求は、知能を得た人間にとっては既に3大欲求に並ぶくらいのものなのではないでしょうか。
媒体の形は変わっていっても、物語を作り、伝えるという行為は、この欲求がある限り求められ続けるでしょうし、そこに利(金銭なり精神的充足なり)を見出した人が、求めに応じていくでしょう。

大きなことを書きましたが、面白いと感じて頂ける文章を書けるようになりたいものです。

また、ソープに行くきっかけ、という言葉がありましたので、私がソープに行き始めたきっかけ、改めて書きたいと思います。
「初めてのソープ:アイさん」の時には、理由はもう忘れたなどとと書きましたが、実は理由はありました。
(当初、ここまで色々自分のことを書くと思っていなかったのです…)

初めてのソープに行った時、実は付き合っていた女性がいました。
世間で言う身持ちが固い女性で、性的な行為自体が好きではない、そのため経験も少ない、性行為は子供を作るための行為という考えでした。
しかし、付き合って1ヶ月で初Hに至るという、そんなに身持ち固くないじゃんと思ったのも束の間、ゴムを付けるのを嫌がり、中で出すように頼まれました。妊娠するためのHしかしたくないとのことでしたが、この時はイッたふりをして中出しを回避しました。

その後も「今日は安全日だからしないで」などと徹底しており、そもそも初めて挿入したときも全くの無反応で、目を瞑って行為が終わるのをただ待っているような態度は「何で彼女とHしてるんだろう」と疑問を感じざるを得ませんでした。
そして妊娠の可能性を常に考えながらする性行為は中々の苦行です。
「好きな女性だし妊娠させて結婚してもいいから中出ししちゃおう」
「妊娠させたら今後どうなっちゃうんだろう」
という葛藤ばかりで全く気持ちよくないし楽しめない。
私は楽しいSEXに飢えていたのです。

今考えると、友人の多くが結婚して子供を持っている環境で、彼女は相当結婚を焦っていたのでしょう。相手は誰でも良かったのかもしれません。

その後、彼女の口から照れ隠しでも何でもない真顔で「好きかどうかよく分からない」「もともと好きって感覚がよく分からない」「でも結婚したい」という言葉が出てきたとき、この女性と一緒にいるのは無理だと思いました。

愛してもらえない相手を愛し続けるほど私は聖人君子ではないのですから。
そもそも、私の会社の同僚の妹の友達の同僚の彼女が「誰か紹介して欲しい」ということで紹介されたのが私であり、つまりは彼女の同僚男性、私の同僚の妹の男友達、私の同僚の妹の男友達というフィルタにかからず私のところまできたこと自体、訳有りなことを当時の私に教えてあげたいです。

この辺りでしょうか、そうだ、ソープに行こうと思い立ったのは。
今後新しい恋愛が始まる可能性も低く、別の女性を見つけるまでの行動力も無いわけで、手っ取り早く性欲、聞こえのいい言葉を使えば癒しを求めたい。

その後は彼女に別れを切り出すも応じてもらえず、連絡手段を絶つことから始め、最終的には引越しして逃げ切りました。
幸い、形としては「彼女の同僚の男友達」として紹介されていたため、私の同僚とその妹に実害は無かったものの、彼女の同僚(私の同僚の妹の友達)は、私の行方をしつこく聞かれたようです。諦めたことを聞いたのも、この方からの情報でした。

で、逃げている間に初ソープに行ったという話です。



[54] 情報の質という話が出てたけど、あまり経験豊富じゃない自分にはこういう読み物はありがたい。ということで次回も楽しみにしてます^^ <2018/03/22 22:14:47> ujUyvD71P

コメント有難う御座います。新都社に投稿している理由はただ1点、このように読んでくださる方いて、コメントをしてもらえるからです。私が書いている文章が何かの参考になっているのであれば幸いです。
ちょっとあぶく銭が手に入ったので近々行きたいのですが、そういうときに限って入ってみたい嬢のスケジュールと合わないのです。
しかし入ったらレポするのか、レポするために入るのか。鶏と卵。
sage