コメ返と嬢とSNS語り

作者コメントで簡単にコメ返しましたが、安否を気にして頂きありがとうございました。

改めてコメ返です。

[91] 無事で良かったよ。北海道の住宅事情あんまり分からないんけど、もし今回の地震が真冬におきたなら震災関連死が凄い数になったんだろうか?暖房は電気じゃなくガス?灯油?ワカラン <2018/09/09 00:01:26> 6x6u2Y1/P

[90] たしか早漏氏の実家って札幌だったよな。色々と大丈夫だろうか? <2018/09/06 23:47:21> 2/0uhge0P

有難う御座います。
地震直後、寝ぼけながら北海道の友人たちがLINEグループでやり取りしているのを見て再び寝てしまい、日が昇ってから地震の大きさを知りました。
すぐに札幌の実家に電話したところ「停電だけどガスと水道は大丈夫。神棚から榊が落ちただけだった」と聞き一先ず安心しました。
電気が復旧してからはLINEグループも静かになり日常を取り戻した感があります。
また全くの偶然で、札幌の別の友人から電話があった…と思ったら勝手にかかってたらしいのですが、色々と状況を聞き、やはり仕事は基本的に平常運転に戻ったらしいです。

仰るとおり、真冬に起きていたら凍死も考えられました。
暖房は灯油のみ(点火は乾電池必要)のストーブがあれば多少凌げますが、更に灯油の供給不足の混乱も発生していたことでしょう。
そもそも最近の暖房器具は、燃料が灯油やガスだとしも、電気が無いと動かないものが非常に多いので、やはり停電は怖いですね。

それにしても、停電なのにLINEで会話が出来ている、この事実はすごいことです。
携帯電話の基地局は停電時の緊急電源を持ち、停電後数時間から1日程度は稼動できるようです。
災害時は安否確認に電話を使用するため、回線がパンクして全く連絡が取れないことが多々ありましたが、現在はそういった場合にも別の連絡手段があるのはすごいことだと思います。
私も東日本大震災を関東で体験しましたが、家族や友人と電話で連絡するも殆ど繋がらない状態、メールも1日くらい経ってから届くなどで、最終手段としてスカイプの一般電話への電話でこちらからの安否を伝えていました。

関西の豪雨、北海道の大地震と災害が続いていますが、一日も早い復旧を願っています。


[92] 北海道だと電気暖房はほぼ無いね。ガス灯油だけど、ガスも灯油も電気が全くいらないわけではないのが最近の暖房なので、停電には弱い(それ対策の暖房もある)。それはそうと昨日久々に栄町いってきました。 <2018/09/10 21:50:17> 4joqlC5.P

コメントありがとうございます。
私の通っているのと同じ風俗街に行ったとの直接的な登楼コメント頂いたのは初めてです。如何でしたでしょうか。ぶっちゃけどの店の誰に入ったとか、情報交換してみたいですね。
私だけの視点で語るより、コメント欄で栄町のソープについてなど語って頂ける方がいると面白いかなと思いますので、是非ともお願いしたい次第です。
あと、入った嬢がオススメでしたら、こっそり教えて頂けると幸いです。

なお、ツイッターでアカウントを新規で作ったので、コメントにかけないような質問やお話など、リプなり何なり送って頂けましたらお返事致します。
(おそらく誰からも無いとは思いますが)
…とかいってツイッターの設定してたら、誕生日を適当にして「13歳以下だバカヤロー」とロックがかかってしもうた。ちくしょうめ。
悔しかったので昔使ってた捨て垢を復活させてみました。


[89:コメ返で色々と] スマホゲー課金の沼も深そうだ <2018/09/05 18:00:24> GvClVDb/P

コメント有難う御座います。
廃課金者の話はネット上でも散見されますが、こと自分の友人がそうだったのは衝撃的でしたね。
とはいえ私もソープにお金をかけているので、人のことをとやかく言える立場ではありませんけどね。
何事も嵌りすぎには要注意です。生活壊してまでやっちゃあいけやせんぜ、マジで。
嬢とSNS語り

SNSの普及でソープ嬢が営業用?に堂々と情報発信をする時代となりました。
店で用意したブログにSNS(主にツイッター)のアカウントIDを書いて「こっちも見てね」と宣伝したり、宣伝していなくとも、ツイッターの名前に「○○(ソープ店の名前)xx(上の名前)」のように一目瞭然な場合もあります。
入ったことはありませんが、私が行く店でもそういう嬢がいます。
少し前だと、嬢が個人でやっているSNSは風俗勤務を隠しており、それを客が探し出して掲示板に晒し、結果嬢がアカウントが削除するなんてことがよくありました。

この嬢がやるSNS、ツイッターに絞りますが、書きこみやリツイートする内容が「客の愚痴」、「同僚嬢の批判」、「店の愚痴」の場合が多いです。

まず彼女たちは共通して「自分は普通の女の子」と思っています。
ここに彼女たちの認識と現実の大きな齟齬があります。
それは「風俗嬢は普通の女の子ではない」ということではありません。
(これは色々な意見があるかと思いますが、一先ず置いておきます)
「風俗嬢は社会人、個人事業主」が正しい認識だと私は思います。

例えばとある企業の社員が、勤務する会社名を名乗ったツイッターIDで、客の愚痴や会社の裏事情などを書き込めば、方々から叩かれ炎上します。
更に小売店の自営業の人が、公式とするツイッターIDで、客の愚痴、取引先への文句など書き込めば「常識が無い」と同様に叩かれ炎上します。
これらの過去の例には枚挙に暇がありません。
この認識があれば、下手なことをツイッターで呟くことも無いと思いますが、多くの風俗嬢は「お金の為」に風俗を仕事として選んでいるにもかかわらず「商売をしている」という認識は希薄なわけです。
嬢はお金の為の営業の一環でもあり、嬢同士の井戸端会議の場所としてツイッターをやっているように見えてきます。

一方で、このような嬢のツイッターに絡んでいく男性も多いです。
先ほど井戸端会議と言ったとおり、オープンな場所で他者に聞こえるような声で話してはいますが、そこに割り込んでいけば白い目で見られるわけです。
客にもならない、やり取りしたって一銭にもならない相手、しかも説教やらセクハラ(エロ写真を要求など)をしてくるのだから鬱陶しいことこの上ないと私でも思います。
ただネット上の不用意な発言は負の連鎖を起こしやすく、例えば客の愚痴をよくツイッターに書く嬢には大して、「俺がお仕置きしてやる」と謎の正義感で嬢に嫌がらせのごときプレイを強要する客もいるでしょう。ネット上の私刑と同じです。自らは正しいことをしていると妄信し、結果人を傷つけても相手の自業自得と気にもかけない人たちがいることも確かです。


余談ですが、風俗嬢のツイッターを見て初めて知ることがたくさんありました。
例えばソープの講師の存在。
入店直後に講習を受ける(その店のルールやプレイの流れの説明)ことがあるのは知っていたのですが、それ以降にも接客に対する心構えや自分の売り方(宣伝媒体への露出方法など)を教えてくれる講習があるそうです。有料か無料かは今のところ謎です。
また、スカウトの存在。
私が想像していたスカウトは、店の人間が繁華街を歩く女性に声をかけて自分の店で働くようにするというものだったのですが、斡旋業、所謂転職サイトのような活動をしているスカウトもいるようです。
ちょっと考えてみればそのような存在も当然いるわけで、風俗未経験の女性が足を踏み入れるきっかけはそういうスカウトがいるからなのかもしれません。
とある嬢曰く、「スカウトに「何でスカウト経由で働かないの?」と言われたけど「苦労しないで金だけ持ってくのがムカつくから」と答えた」そうです。風俗で働いている女性にとってはそうなのでしょうね。


というわけで今回は嬢とSNS語り、誰しも炎上には気を付けようね、ということで締めたいと思います。
sage