高校生編(6) オープンキャンパス①

友達ができないまま、何も楽しくない高校生活を送っていた私に転機が訪れる。

それは2012年のちょうど今ぐらいの蒸し暑くなってきた時期だった。私たち進学クラス一同は1年生の癖して、某大学のオープンキャンパスに行くことになった。

そこは、私が後に入る大学だったのだが、それは置いといて、とにかくオープンキャンパスに行った。

当日、行きはJRの中でその大学に最寄の駅に各自で来るという決まりだったのだが、他のクラスメイトたちがグループで来る中、私は当然のように1人。そして、在ろう事か大学に着き、オープンキャンパスを回るうえでも、1人になろうとしていた。というか、なっていた。大学に着いてすぐに、皆各々のグループで集まって出発していたからだ。

流石に、この私の学校という集団生活の場においてはかなり特異な行動に、引率の先生方の中でも心配される方が現れ、
「村田(本当は本名)〜、お前、また一人か。せっかくの機会だし誰かと合流しろよな。」と肩を叩いて励ましてくださった。

1人で学校の構内を回るのははっきり言って辛かった。誰とも話すこともできないから何も楽しくないし、体験講義は難しいし、なぜかテストを受けさせられるし…早く家に帰りたいという言葉が途中から頭の中でいっぱいになっていた。

しかし、そんな私に好機が訪れる。ある講義が終わり教室内の人々が次々と出て行く中、クラスメイトの1グループがそこに紛れているのに気がついたのだ。つまりは私と同じ講義を受けていたというわけである。

私はその発見を経て喜ぶのではなく、絶望していた。どうせ自分みたいなキモいヤツは会っても無視されるか嫌な顔されるだろうし、さっさと抜けた方が相手にとっても良いだろうなと思っていた。だから、スタコラサッサとその場からトンズラすることにした。

そして…カバンを持ち上げ廊下に出た。
その時だった。

クラスメイトのA君が私を「待って!」と呼び止めた。

続けて 彼は満面の笑みを浮かべてこう言った。
「村田君(本当は本名)も俺らと一緒に回らへん?」

当時の 私は三蔵法師に石の牢屋から解き放たれた時の孫悟空のような開放感に捕われたのだった。
(つづく)