Bad Smell 中学生編(7) 狂う①(若干修正版)

 いじめや自己臭による恐怖で人間不信、対人恐怖症に陥った私は、自分なんていらないと心の中で呟き続けて、また更に狂い始めた。
 
 これには、この時期、仲が良かった先輩が風呂場で冬の温度変化による事故死したのも関係している。先輩じゃなくて私が死んだ方がこの世のためになったのではないか、そう思ったのだ。

①自殺未遂

 私のような人間はこの世に必要無いと思い自殺未遂を繰り返すようになった。

 まず、かけ布団を自分の頭に包み、空気を無くして窒息死しようとした。

 手首を爪で血が出るまで引っ掻いた。

 目をつぶって道路を渡ったりもした。

 しかし、死ぬことはできなかった。当たり前である。だって、私は本当に死のうという意気込みをもっていなかったのだ。

 確実に死にたいなら、手首を刃物で直接切れば良いし、窒息死したいなら、首をロープで引っかければ良い。

 私はそれができなかった。中途半端で、臆病で情けない人間だ。

 ②家の物に八つ当たり

 体臭が気になり始めた頃私は、対策をしなかったわけではない。自分の全財産を叩いて3000円以上の糞高い防臭パンツを買ったし、用事などで否応なしに電車などに乗るときは、他の人と距離も取っていた。人が多い電車は乗らなかったこともあった。

 風呂に1時間以上入ってその8割は体を洗うことに使った。(今でもこの習慣は続いている)

 トイレも時間があるときは30分かけてなるべく尿が漏れなくなるまで股間から尿を出し続けた。

 制服のズボンは毎日洗濯した。

 防臭スプレーを毎朝体に振っていた。

 脇用のデオドラントロールも塗っていた。

 ファブリーズを毎回出かけるとき、着る服にかけていた。

 しかし、そんな様々な配慮も虚しく私の体臭は人に迷惑をかけまくっていた。

 世間的には、当然だが、

 『体臭がきつい=悪者。不潔。風呂に入っていない』という図式となる。

 私がいくら努力しようが、外で私のそのことを知る人など居ない。なので、心無い言葉をかける者がいたのだが、それは仕方がないことだ。
 
 しかし、私にはきちんと周りに配慮をしている、風呂にも入っているという事実もある。

 私のその行動と裏腹な現実に次第に、当時は若く感情がコントロールできず、怒りが溜まり始めた。

 家中のドアやクローゼットなどをわざと勢いよく閉めたり、パンチをしたりした。何度も何度も。結果の無い努力に怒りを込めて。

 そして、家中の家具はボロボロに。

 親には勿論怒られた。叩かれもした。

 当時は反抗期なこともあってむかついたが、今となって思うと、親が行ったことは至極当然なことだったっと思う。

 それだけ真剣に私のことを考えていてくれたということなのだから。本当にひどいのはそのような子供の行動に無関心な親である、と思われる。

 実は、自分の体臭については親にも相談していたが、私のことを考えてか、それは気のせいだと言った。実際に指摘されている事についても話したが、違うと一点張りだった。これも今思えば親なりの思いやりだったのだろう。感謝したい。

 私も親が言うように無かった事にできたら、この時期どれほど楽だっただろうか。気にしいな自分をひどく憎んでいた。