ダーファル・シキの狩り

アルフヘイムの貴族の男、
ダーファル・シキは、
オーク一家がピクニックをしてると、
下僕から話を聞くと、すぐさま、
馬を走らせて、
「おーい、わたしも混ぜてくれないか」
「やや?どこの名士の方だべか?」
オークの一家は、
ものものしい格好をした、
男に怯えた、

武器という武器を馬に携えて、
やってきたのだ。

「いや、
 やっぱり狩りにしよう」

父を銃で撃ち殺し、
母はボーガンで、
息子達を刀で切り裂いて、
娘をヤリで貫いて、
悲鳴を上げる年老いたオークを、
馬の蹄鉄で踏みつけて殺した。

「おーい、
 豚が七頭も取れた」
「七頭ですかだんな・・・・・・」
「すぐさま支度をしてくれ、
 もうすぐ皆を招いての晩餐会、
 客人をもてなしたいんだよ」
アルフヘイムではオークの肉は珍しい珍味だ、
だって亜人を食べる習慣ってなかなか、
抵抗があってエルフが食べたりしないもの。

さて晩餐会の日が来た。
「みなさん、もてなしの準備ができました」
「おおーこれは豪勢な」
「豚ですね」
大皿には豚の丸焼きが乗っていた、
(・・・・・・中身はオークの肉だがや)
「お味はどうですかな?」
「いやとても良い、どこ産の豚ですか?」
「ええ、幸せそうな豚でしたとも」
「?」
私にとっては趣味なのだ。
「おいしいでしょう?」
「・・・・・・ええとても」
趣味でオーク料理をエルフに振る舞っている。
今までに披露したオーク料理は頗る評判だった、
人間にイヤップと呼ばれるエルフも、
オークを食べるのです、
とてもおいしそうに。
その時だけ皆と友達になれている気がした。
「わたしも大好きなんですよこの品種は」

わたしはダーファル・シキだ、
これからもダーファル・シキだ。
それはかわらないことだ父上、
「ダーファル、腕をあげたな」
「ありがとうございました父上」
父上はエイファル・シキだ。
これも変わらないことだ。
「お前の武芸の才に狩りの手際、
 すべてを考えても大戦の時に、
 若かったことが悔やまれるぞハハ」
「銃というものもいいものですね」
「甲皇国のか? よく扱いこなしたものだ」
武器は悪くない、狩りをするのに、
色んな武器があるのは良いことだ。

アルフヘイム大勝利、そういってるのは、
父上だけだったか、
「大勝利に勝利を重ねた我らのクラウス」
つらいことに昔のような自然が返ってくる、
こともないというのに、きままなものだ。
 狩りの季節があまり楽しめなくなったのも、
大戦で汚染されたからだというに。
さてと、本題、
「ミシュガルド行き、認めていただけますか?」
「ミシュガルドは最前線!よろしい!行くがいいダーファル!」
「そんなことはみとめません!おばあ様だって」
「母上」
母上はラーファル・シキだ、
おばあ様はレイファル・シキだ、
「おまえ、ついに巣立ちの時が来たのだよ」
「あなた、だって」
「許してやってほしい
 考えてもみなさい、
 あの英雄クラウスが、
 ミシュガルドにいるのだから
 ともに戦ってくれるだろう」

こうして私はミシュガルド、
の地に赴くこととなった。

ミシュガルドは未開地だという、
まだ自然が残っているというのなら、
家に引きこもるよりも船旅をこなしたほうが、
気楽というものだ。
「旦那、調子はどうですか!」
「悪くないよ」
下僕のなんといったっけ?
「下僕でよろしいですぜ、物覚えの悪いだんな」
「ああ、そうさせてもらうよ、下僕」
で、だミシュガルドでも一等地に越すことが、
出来て、何変わらぬ生活がおくれるわけだが、
客人を何でもてなしたらいいだろうか?
ローパー? ローパーを食べてくれるだろうか?
友達になれるだろうか? 不安だ。
ミシュガルドにはオークはそんなにいない、
狩れるのはなんだい?
「ウヌギなんてのはどうですかい」
「なんだいそれは?」
ダーファル・シキは、ぼぉっと
ミシュガルドで出来る狩りの事を、
考えるだけ考えていた。
sage