はじめに

「ミシュガルドは読むのが難しい、
なんとなくキャラクターが存在して、
なんとなく働いていることは可能も、
戦記や物語の裏付けがあるキャラが、
存在していて、そういうキャラの、
扱いは難易度が跳ね上がる」

そう想った、で、
1つの登録所あたり40位のキャラ、
大雑把に、
合計すると300近いキャラが登場し、
物語中のオリジナルキャラなども、
存在することを考えると、
一から叩きこむのも苦労がいる。

そんなことをふと思いながら、
第十三登録所物語を紡いでみたので、
もうこのまま、
全登録所物語を目指して回るのも、
楽しいのかもしれないと思ってみた。

ただすべてのキャラクターを紡ぐ、
要点を押さえてくれる存在など、
なかなか想像だにしないものであるし、
そもそもミシュガルドが作られた、
経緯をよくしらないこともあるので、
これを読めば充分というものの基準が、
結構分からないでいる。

分からない、分からないばかりでは、
こともの哀しいので、
いっそこのまま第一登録所から、
門を叩いてみよう。
sage