ミシュガルド聖典把握記1

私の名前はカーリマーター、
ミシュガルドに登場する登場人物を、
見るまなざしである。
カーリマーターは農業の神である、
ミシュガルドに存在した、
一部、原住民に信仰されていた。
お前の父ちゃんすごい理論で支えられていた。
が、太古の昔にその原住民は滅んでしまった。
今は彼らが耕していたただ広大な農地跡を、
思い起こし、たどり着くであろう開拓者に、
ヴィジョンとして届けるばかりである
では行こうカーリマーターの無限の旅立ちだ!


「あへえ????」
ヒュドールは酔った勢いで見た夢を、
思い出そうとしていた。
ミシュガルド原住民がカーリマーターを、
崇め祀っているその牧歌的な風景を。
「悪酔いしたのかなああ」
無理もないヒュドールという人魚さんは、
酒場で酒樽に浸かってる酔狂な振る舞い。
「でも悪くない夢だったわ」
あたたかな故郷の地、ミシュガルドに、
広がっているだろう安住の地へ誘う、
ヴィジョンである。
汝、数多、行程を乗り越えてかの地へと至れ。
「あれが海だったらいいのにな」
「どうしたんだいヒュドール」
「ブルー!」
ブルー・クリーナーと称する人魚と魚の亜人の、
ハーフは、ヒュドールのタルを磨きながら、
「夢を見てたの」
「夢を?ひょっとして畑の夢かい?」
「なんでわかったの~」
「その夢なら僕も見たから」
「えー気味わるぅぅ」

「ふんぬ!?」
監獄から声がこだまする、
長年囚われた、ドバ、ドバよ、
ドバもまた見たのだ我がヴィジョンを、
汝、かの地へと赴け、
「わしゃ、なーんもしらん、
 しらん、しらん、しらんのじゃ」
・・・・・・かのものは知ることを拒んでいる。

「なんだ、この反応は!?」
「夢を、見ているというのか?」
甲皇国丙家は、
ミシュガルド調査兵団、機械歩兵部隊の、
科学技術班は混乱していた。
丙式乙女伊一〇七型『華焔』の反応が、
芳しくないのだ。
「おかしい、施した数々の技術的裏付けが、
 『華焔』が夢を見る可能性を否定している」
かの鉄の娘も見たのだ、
牧草地帯が広がる光景、この地にも、
かつて人と呼ばれる形をした開拓者が居たことを、
しかし、鉄の娘は心を閉ざしている。
「薬剤を投与しろ、この不可解な現象は、
 研究する価値がある」
「夢の研究ですか?
 脳波パルスを受けて夢のイメージング、
 だなんてSFはありますが」
「逆だ夢の遮断だ、一歩兵に夢想させるな」
かの鉄の娘に理解者はいない、愚かしいことに、
鉄の力の濫用によって閉ざされてしまった。
牧場の風がなびけば、
その赤い髪が流れるというのに。
おお。

剣は振り下ろされた!
「なんだ!?」
インパクトの瞬間、一瞬浮かんだヴィジョン、
剣激は確かに相手を仕留めた「蛇の剣」、
確かにミシュガルドに血を流した。
その血は誰のものになるだろう。
ラナタは振り下ろした剣の血を払い、
拭って、鞘に納めると、
「迷惑な白昼夢だ!」
と言い放った、
一瞬のヴィジョン、
彼女が居たのは一面の金色の畑であった。
「ひぃゃっはぁぁぁぁぁ!!!!!」
と間髪入れずに賊が一撃を、
足早に躱すと、「貴様!」
「へっへっへその首置いてけよな
 賞金首だろ? ついでにその剣もよこしな」
「おんぼろのジョニーか」ラナタは言い放った。
「ギクッなんで知ってやがんだよ?!」
「その格好で知られてることを分からないか!」
ラナタは剣を抜きはらった。
おんぼろのジョニーもヴィジョンを見たはずだ、
だが、戸惑うことは無かった。
この差はなんであろうか?
人とはなんであろうか?


「えっ?」
ペピタと黒い犬ペピトは唐突に緑に包まれた。
「なんなの!!」
「これは!」
「きれい!!」
緑豊かな大地、煌々と輝く見晴らしの良い平原、
あかるく日の射す森。
はっと白昼夢から覚めると元の大地にいた。
「きっとミシュガルドにあるなの~」
「わん、きっとあるわん」
2人は自ら歩いて記した地図を片手に、
豊かな大地を目指して歩きはじめた。

うんちは自らが浄化され、やがて、
大地に花を咲かせるビジョンを見た。
自らの体の中にある花の種を抱えて、
生物から排出されたうんちは、
確実に大地の肥しと成り変わろうとしていた。
「悪くない、悪くない夢だな」
うんちは暖かな光に包まれて、
ミシュガルドの大地に返った。

鉄のアルトゥールは自らが信仰する機械神とは、
まったくことなるヴィジョンを与えられ困惑した。
「緑の野原?」
甲皇国内において機械技術の発展こそが、
人民の豊かさの象徴であり、自然を克服し、
超越する気概こそが人間らしさだと。
機械の仰々しいメットの中で機械神に対する、
信仰を反芻していたが、
「そこを開発しろと仰せになるのですね」
と頭を切り替えて考えた、
機械神はミシュガルドの自然を開拓せよと、
機械で幸福をつかめとそう言っているのだと。
「機械神様―――おお」

「なにこれ」
クルトガ・パイロット嬢の脳裏をかすめた、
そのヴィジョンはミシュガルドに広がる。
豊かな大地を示すものだった。
「やばいやばいやばい」
夢見ることなどまず無いだろう、
唐突な夢想の広がりに危険を感じた。
「わたしの仕事じゃない、それは」
クルトガの仕事は女性エルフの護衛である。
農耕や開拓はまったく未知の領域で、
「でも学者が行くってんなら別か」
想い直し、自らの胸に問いなおした。

「なんだこれは!」
メルカトル・モーメントは特級測量士である。
「こんな土地があるというのか!?」
彼女に測れないものはない、また土地も無い、
「地図を作る必要があるなら、
 私がその地に赴く必要があるな」
頭の中に起きた確かなヴィジョンをすぐさま、
想像の測量機ではかってみた時、
「この土地の在処が分かったかもしれない、
 このミシュガルドの外縁部の輪郭さえ、
 つかめれば!? 船に乗らねば!」
かくてメルカトル・モーメントの、
測量は始まったばかりである。

「!?」
スーチュン・ワーデスが見た夢は
はっきりとしたものであったが、
「でも、いい夢だったな」
彼女がぼぉっとしてると、
「スーチュン!この夢は皆見ているようだ!」
「えっスティ君、本当に?」
「ああ、ミシュガルド全域で、
 すべての人が見ている夢のようだ」
「そんな夢があるだなんて
 スティ君のお兄さんもみているのかしら」
「どうだろう?だが、この夢を
 見せている奴が何ものかは
 興味があるよ」
一人と一本が世界に思いを馳せる時。

「ようこそミシュガルドへ」
ただその一言に尽きる女性が居た。
「ようこそミシュガルドへ」
そう彼女もまた夢を見たのだ、
このミシュガルドに広がるフロンティアを。
「ようこそミシュガルドへ」

「不快だ、実に不快だ」
ダヴの神はヴィジョンを投影するマシーンと、
化したカーリマーターを見て苛立った。
「神としての尊厳も何も感じ取れん、
 ただ、すべての人間に夢をみせるなどと、
 公言して、出来得ぬことを」
ダヴの神はそう言うとカーリマーターの、
干渉を断つためにダヴの国から旅立った。
「かの神を亡き者として、
 ミシュガルドをダヴの国と同じことに、
 してくれる」

ゴドゥンバドゥンバ=オンドゥルルラ=ウンチダスこと、
ウンチダスも夢に悩まされていたが、
「テレポート」
瞬間、彼は夢見た大地に居た、
まだ開拓民は踏み入れていない大地に、
はじめてウンチダスが到達したのだ。
「はわわわ・・・・・・」
ウンチダスは絶命した、
あまりにも強いテレポートに心労が祟って、
かくてフロンティアにウンチダスの亡骸が、
ねむるようになった。

「なんだい!この鬱陶しい夢は!」
夢の中のメン・ボゥは緑の平原の中に居た、
今は大交易所に引き戻されていたが、
「しゃらくせえ、とっととズラかる」
奪った金品を手にして、
ダークエルフである彼女、メン・ボゥは、
「こんな夢見たって
アルフヘイムは返ってこないんだよ!」
彼女は望まない、まだ心の底からは。

「へーこれが働くカカシさんね?
 十分に動きそうだし害獣対策以上の
 働きをしてくれそうね」
ちづるはスーパーハローワーク商業連合出身で、
鳥を扱いこなしている。
中でも猛禽を使ったハントには定評がある。
「よし、カカシさんまで飛んでみなさい!」
と、ふと見た夢は、
緑の平原にぽつんと一人いる夢、
(今までもそんな感じだったけど・・・・・・!)
突然暗くなってものの影に入ったかと思うと、
強風が吹き荒んだ、「これって」
白昼夢覚めて、
眼で追うと怪鳥が飛んでいく様だった、
鳥が向かう先とは?
「気になるわね」


「甲皇国からやってきた上に、こんな夢を、
 見るとはな」
サラは、右手の義手を取り付けると鍛冶を、
始めた、最近は農具の鍛冶が多い、
働くカカシが増えに増えたからだ。
「刀よりかは悪くない、
 きっと夢の続きなんだろう、
 この世界は」
鍛冶屋の朝は早いが、彼女が見た夢のヴィジョンは、
同じように緑の平原であった。
働くカカシに農業の神は祝福をしている。

「本当だって見たんだよ!フロンティアを」
客船業者のキャプテン・セレブハートは、
ミシュガルドに広がるフロンティアの夢を見て、
船員を募っていた。
「おおよその位置は分からねえが、
 この大地にはある!働くカカシもいる!
 だったら開拓のし甲斐があるだろう?」
開拓船を作って、ミシュガルドの大地を、
一大穀倉地帯に変えようという算段だが、
一度みた夢のまにまに。
「ミシュガルドは俺がみつけたんだ!
 誰よりもよく知ってるぜ!
 カカシども連れてこの島を外側から、
 開拓してやろうぜ!」
開拓船がてら、
ミシュガルド外周周り航海を画策していること、
そしてミシュガルドの地図を作って、
その特許を得ようと考えていることなど、
キャプテン・セレブハートの稼ぎの考えは尽きない、
こうして彼の一日は過ぎていった。


「またこんな夢か、でもお宝もあるのかな?」
ミシュガルド原住民が残した宝などが、
フロンティアにはあるのではないか?
とヒバリは考えていた。
彼女はSHWのトレジャーハンター、
幻の秘宝「ZIP」を求めてミシュガルドにやってきた。
「マロー、ついてきてる?
 船が出るっていうから、
 それに乗ってついて行こうとおもうの」
カカシさんと同伴することになるかもだが、
「あのカカシ、ロボットじゃないのね」
財宝探知ロボット・マローを抱えたヒバリは、
旅立ちの船に乗ることを決意した。
「ミシュガルドの外側から攻めるわよ、
 マロー」


「おい! ここから先は立ち入り禁止だ!」
モブナルド・モブランジェロはカカシの群れを、
御して、押し寄せる、ミシュガルド開拓民の列を、
押し戻していた。
「まったく大交易所に詰めかけるのはいいが、
 クッ!?」
白昼夢、緑の平原が映って、一瞬気圧された。
「なんだ、この夢!? いきなり広がって!」
求めるものに与えられる世界があって、
そこにいけという神の思し召しか。
「ふざけやがって、俺だって好きで
 こんなことやってねーよ、っておい
 順番を守れよな! まったく!」
モブナルドが開拓民の警護のために、
かの地に赴くことになるのは、
また少し先の話になる。


モブおじさんたちは、
唐突に現れた働くカカシさんとぴったり息を、
合わせて働いていた。
というのも近頃の若者は、
ダンジョンやモンスター退治を夢見るばかりで、
賞金首を一発あててやろうとか、
そんな流れの中で、地道な農作業に参加する、
ことはほぼなくなっていたからである。
そんなところに現れたカカシさんは、
働くおじさんの助けとなって、
確実に浸透していた。
また、緑の平原の夢もあって、
この夢の中にたたずむと、
ふしぎと日々の疲れも取れるのだった。


グヌーの群れがわんわんと、
走り回って、仲間と意思疎通を取っている。
「ボフッ ボフッ」
「あはは、どうしたんでしょうか?」
メルル=メリーはグヌー達の様子を見てとったが、
「!?」
緑の平原の夢がパッと浮かんだ。
「これって!?神託!?」
ドガッ
「痛い!?」
アイノンソ・ナンァーの鉄拳が、
メルル=メリーの頭にさく裂したが、
アイノンソにそのつもりもない、
「今の声!あんたも見たのか!?」
「あなたも? あ、亜人さん」
ドガッ
「痛い!」
「亜人さんは余計だよ!
 アイノンソって名前あんだからさ」
赤猫、象、ヘビの亜人と人のクォーターである、
彼女はアイノンソと名乗ったが、
「わ、わたしはメルル=メリーです」
「そっか、でもすぐ忘れちまうけどな、
 でも今の夢は忘れられそうにないな」
「そうですね」
「ボフッ ボフッ」
グヌーもまた夢をみて、
仲間と群れなして共有していたのだ。


「これは!?」
セキーネ・ピーターシルヴァンニアンは、
兎耳をピクピク、鼻をヒクヒクさせながら、
その黒目がちの眼の中でみた光景を反芻した。
「あるというのですか、
 ミシュガルドにそのような大地が」
もしそうなら故郷の食糧問題を解決できる、
かもしれない、それに近年出てきたカカシの、
こともあった。
「カカシさんたちを借り入れるには、
 多額の借金が必要になるでしょうけど
 もし広大な農地を他国より先に、
 見つけることが出来たら!」
それは望みであった、
食糧難に見舞われた民を、
王子として守る義務がある彼は、
開拓民として彼らを受け入れることが、
出来る大地も探していたからだ。
「これは信じていいものか?!
 

ヌルヌットはミシュガルド原生生物である、
おおかみと狐を掛け合わせたようなフォルムに、
三つ目という変わった外見をしている。
「あふぅ!?」
突然のヴィジョンにとまどうヌルヌット、
「あっこいつは!」
神など到底遠いことに思えた四足の彼にも、
その意味は知れた。
「獲物がくるってんだなそこに、へへへ!」
働くカカシに狩り場を占領されるという、
アクシデントに見舞われていた、
ヌルヌットにとってはわりのいい夢だった。
「行ってやるぜ、、ギューギュッギュ!!」


「どこもカカシさんで一杯だなあ」
チャイはSHW商業連合国から、
一攫千金を夢見てミシュガルドにやってきてから、
というもの、未だその夢の最中にあった。
「!?」
それは見える夢だった、緑の平原。
「これって伝説の?!
 たしか、昔、本で読んだことがある」
神託の類である、そこへ行けという。
「儲かるのかな!!古代遺跡とかも、
 あるみたいだったし!!
 方角は分からないけれど、
 いいめっけもんしたよ!」
チャイはホクホク顔でまだ見ぬ、
ミシュガルドの未開地を夢見た。


「イナオ、その辺にしとけ」
「はぁっはぁっアマリ、まだやれるよ」
「素振りじゃ練習にならんのぉ」
「なんか変なこと考えてるだろ」
「いや、!?」
妖怪であるアマリは狐耳を引くつかせながら、
着物を崩して座っていた位置から立ち上がった。
「平原!?」
今まで違う場所で修行していたイナオは、
唐突な変化に驚いた、アマリも同様だった。
「妖しかなにかかいアマリ!?」
「マラかしではない!」
「アマリ!」
「いやイナオ、これはただの白昼夢じゃよ」
「わかってるけど、これは」
あまねく世界に広がっている詩のように、
それは浸透していった。


(・・・・・・夢?)
大交易所は仕事斡旋の受付で働く、
アイス=ピアニッシモという彼女は、
一瞬みた夢のことを想いながら、
受付に立ち尽くしていた。彼女もまた見たのだ。
「あっようこそお越しくださいました」
「あなた、みたでしょ?」
「あなたは、たしか」
シャルロット・キャラハン、
農家のキャラハン家の娘だ。
「私にはわかるわ、選ばれしものが、
 神に呼ばれ、集っていく様がね」
働くカカシのおかげでますます、
親のスネをかじれるようになった、
シャルロットの草刈り鎌を持つ手は、
「あなたも導かれているのよ、
 一緒にいかない?
 こちら側の世界に」
「いえ、結構です」
アイス=ピアニッシモは毎日のように来る、
変わり者の客の応対もお手の物だが、
今回の夢には少し参った。
(・・・・・・疲れてるのかな?)


ニフィル・ルル・ニフィーは豊かな大地に涙した。
「これがミシュガルドに広がっているというの?」
アルフヘイムは腐の森の病巣広がる所を、
治すためにミシュガルドにやってきたが、
「ミシュガルドにもいるのね、神々が」
腐れた森を治すヒントがそこにはあると、
長きにわたりミシュガルドの闇に晒されても、
無事に広がっている緑の平原が示していた。
「ええ、行くわ、いつの日にか、必ず」
その行程がいかほどになるかは知れずとも、
二フィル・ルル・二フィーの心は晴れやかだった。


アルド&ロイカは万能薬を作るために、
今日もアルドの頭部で薬を作っていたが。
「あん?なんだこの夢」
「ロイカも見たのかい?」
「ああ、金にもならなさそうな草だったな」
「でも温かい夢だったね」
今作っている薬は金持ちになれる薬、
一攫千金を夢見ることもあるロイカは、
そんな薬が出来るとは謎だが、
頼まれたからには作らずにはいられない。
「ええと、これとこれをいれて金運アップ!」
「ロイカ、これ、毒だっガクッ」
「あっ、アルドォォ!!」
すぐさま毒消しを頭に入れて混ぜ直すロイカ、
彼らもまた緑の平原を見たが、
すぐに忘れてしまった。


甲皇国総司令官秘書の男、
シュエンはカカシに頭を悩ませていた。
「秘境をカカシがふみならす、か」
ミシュガルド全体を開発するつもりなのか、
どうなのかは分からないが、
大型のカカシが動員されたという話もあり、
ミシュガルドでのパワーバランスが、
変わりつつあるのを恐れたのだ。
「どうしたものかな、ん?!」
唐突にぽつんと派手な頭の色をしたシュエンは、
緑の平原の中に立たされていた。
「これは、えっ?」
原住民らしき人影が神に捧げものをした後に、
昇天していく様を目撃したところで夢は覚めた。
「なんだったんだ、一体、だが」
通常業務に戻ることにしたシュエン、しかし、
「同様の夢の報告がある、と?」


ゲル・グリップは夢を見た、
その夢は一面の緑の平原である。
「しかし、こんな夢に踊らされるわけにはいかん」
甲皇国将軍ホロヴィズの命に、
よって特殊な樹を探しに来た、
ゲル・グリップにとって白昼夢は覚めても、
次の事に取り掛かるための準備段階は遅れられない、
「カカシごときに後れを取るな!
 連中を燃料にして、先に進むぞ!」
右腕の機械の腕をにぎにぎさせながら、
髑髏の右側の仮面をなおして、
「ホロヴィズさまも見られただろうか?」
とつぶやいた。


「ブヒッ!?」
アルフヘイムのオーク族の青年、
トンブゥは寝ていたところを唐突に、
緑の平原に放り込まれた気持ちになって、
目覚めた。
「いまのはなんだぁ?」
トンブゥは夢で見たことの始終と、
場所の雰囲気と出来事を紙に書き殴ると、
胸のポケットにしまった。
「大事な宝物になるかもしんねえだ」


「イコ」
「リャコ」
「サコ」
獣人族は虎人三兄弟の三人は
それぞれ目を見合わせて、
夢の話を口ぐちに話した。
「ようするにだイコ」
「どういうことだリャコ」
「サコだまって訊けや」
その結論は、
「おれたちが兄弟だってことよ!!」
「なんでえそれだけか!」
「まったくたりめえだろうが!!」
同じ夢でもあるものは関心をしめし、
あるものは共有しようとする。
不思議なものである。


「はにゃあん!?」
マリー・ピーターシルヴァンニアンは夢を見た。
「見渡す限りの緑!ああ、懐かしい!」
その夢から覚めると。
「いつもの世界、不思議、白昼夢?」
アルフヘイムに婚約者のセキーネを探しに来た、
モフモフの白兎人族の娘マリーは、
「モフモフしてしまうのでしょうか
 セキーネ様もまた」
とつぶやいてその場を立ち去った。


「フンヌっと」
キアラ・リットルートは黒光りする巨躯、
その怪力を駆使して、
大岩を持ち上げていたが、
「!?」
不意に見た夢に驚かされた。
「なんだったんだ今のは?」
「ありがとう他のカカシじゃ運べなかったんだ」
「いや、どういたしまして」
見えたのは緑の草原と金の草原だった。
(なんだい、いったい?)


翡翠の眼に映ったのは衝撃だった。
「これって」
一面を覆う緑の草原、黄金色の草原、
肥沃な大地の存在を匂わす風が吹いた。
「・・・・・・これがまた奪われちまうのかい」
翡翠の眼のアリアンナはアルフヘイム出身、
アルフヘイムは長きに渡る大戦と、
禁忌の術によって荒廃しきっていた。
その災いがミシュガルドに?
「いや、考え過ぎか」
長い夢から覚めたようにして、
「ただの白昼夢だったようね」
アリアンナは剣を振るうと、
気を払って、前へ進み始めた。


アルフヘイムの民は皆、自然に敏感になる、
汚染されていない大地、遥かな荒涼とした平原、
肥沃な土地すべてが懐かしく感じられた。
ラビット・フォスイレイザもまたそうである。
「ミシュガルドにこんな土地があるというの」
幻視に近いその現象は神託と名付けられたが、
ミシュガルド開拓者全てが同時に見た。
「新米も見たのね」
クルトガはそう言った。
ラビットはエルフ耳を触りながら、
「クルトガ先輩!」
彼女らは傭兵団「ペンシルズ」に所属している。
今回のミシュガルドの任務は初めてだが、
「どうやら、エルフ学者達の
 目的も定まってきたわ
 ズバリ、フロンティアを目指して、よ」
「精霊樹はどうしたんですか?」
「それもあるのだけど、
 あのカカシのこともあってね、
 開拓が思ったより早く進みそうなの」
「ということは、フロンティアまでの、
 護衛任務が主な目的となるんですね」
「ええ、そうね」
2人の未来に祝福を!
カーリマーターの加護を!


ローパーが各地で現れて暴れているが、
このローパーが実は聖域の守護者であることは、
知られていない、
聖地に至るには生物を超越していく必要がある、
非生物となればローパーに襲われない、
ローパーに襲われない人間のみが、
辿りつけるのが聖域とされているからだ。
ローパーに襲われてなおたどり着こうとする、
信念があるならなお強いことだろう、
カカシさんはローパーに襲われなかった。
果てしなく歩きつづけ、働き続ける彼らは、
聖域に至る道につながるだろう。
どうか善き伴になれ。


ベルウッドはお客の靴を磨いてる最中に、
ぱっとヴィジョンが浮かんだ、
がそれもか細く消えていった。
「青草のニオイのする夢だったな」
「ん?靴に草の汁がついてるかい?」
「いいえ、こっちの話ですだんな」
特段、変化は無い、いつものことだ、
しかし客も、「今、草の夢みなかった?」
と訊き直して来たので、
「それは毎日歩いてればみるもの
 なんじゃないですかね、
 ほら靴けっこうすり減ってますよ」
「ん、ありがとう、よく出来たな、駄賃だ」
「毎度あり」
同じ夢を見てる?


マトは特に何も考えず、
ミシュガルドにやってきたが、
突然のワープに驚いた。
「なっ!!町に居るはずが草原に!!」
「注意するんだ、これは夢だ!
 ひょっとしたら幻影を、
 みせられてるのかもしれない!」
傍にいた小型竜のマルは、
炎の魔法を唱えようとしてみせた、が、
ヴィジョンはそこで終わった。
「今の何だったんだ?」
「わからない新手の攻撃かも」
「でも涼しかったな、アレ」
「本当になんだったんだろうな?」


鳥人少女ウッディ・マッドペッカーは、
大空から不意に急降下したように、
緑の平原に吸い込まれていった。
「この感覚、お母さん!?」
彼女にとってはミシュガルドそのものが、
母であった故により敏感に感じ取った。
「人間も同じものを見ているな!?
 ゆるせない!!!
 KUEEEEEEEEEEEEEE!!!!!」
彼女は空からフロンティアと呼ばれる大地を、
人間より先に見つけ出そうと、
広いミシュガルド大陸を横断する勢いで飛び立った、
無論、そんな体力があるわけもないが。


「いいもんめっけ!」
トレジャーハンターケーゴはダンジョン探索中、
突然のヴィジョンに襲われた。
「なんだこれ!!」
ものを見つけた瞬間だったもので、
「まさかこの宝石、
 すごいんじゃないか!?
 俺の鑑定眼!
 みつけるとブワーってなった
 こぅ、ブワーって!!」
大喜びである。
「よっしゃゲットォォォォ!!!!」
のちにその宝石とその感覚は、
別物とわかるまで、
はしゃぎようは続いていた。


これだけの数の人にヴィジョンを届けた、
これだけの数の人がヴィジョンを受け取れば、
カーリマーターが全てを受け入れる、
準備が取れていることがわかっただろう。
ただ、まだまだミシュガルド開拓者は、
多くいることに変わりは無いのだ。
カーリマーターの無限の旅は続く。

出典

ミシュガルド聖典キャラクター登録所↓

http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=18114
sage