4(更新分)

 調整ルームでは食堂に向かう数名のジョッキーと顔を合わせたが、こちらが声をかけなければ所謂未遂者を相手に積極的に声をかけてくるような物好きもおらず、すれ違った騎手会長のクニヒコさんから、いつも通りの朗らかな笑顔で「ようやっと復帰やな」と簡単な励ましを受けただけだった。
 そうして人を避けるようにして引っ込んだ個室のベッドに寝転がり、レースシミュレーションを始めてから小一時間が経とうとした頃のことだった。いかにも育ちの悪いノックで扉が殴られると返事をする間も無く聞き慣れた関西弁が部屋の中へとなだれ込んできた。
「生きとったんかワレこの死に損ないが!」
 挨拶も無しに、マシンガントークを浴びせながらベッドにダイブしてきたのは同期にして現在東西リーディングで六位という人気ジョッキーの沢辺武人【サワベタケト】、苗字と名前の頭一文字を取って通称はサブ。
 俺の生存を喜んでくれているのは有難いが、お互い三十を超えたオッサンであるにも関わらずいまだに競馬学校時代のノリで抱き付いてくるのは勘弁して欲しい。
「離せ、ホモかお前この野郎」
「いけず言うなやボケ、どんだけ心配したと思っとんねん」
「どの口が抜かすか、俺のお手馬喜んで漁ってた癖に」
「言うなって、お前が帰ってきた時の為にお馬さんの背中温めといたんや」
「じゃあ返せよ、ゴールドロード」
 ゴールドロードは俺の元お手馬であり、札幌での新馬戦から二歳ステークスまでコンビを組んで勝ち上がったが、俺がやらかした後はサブが主戦となって東スポ杯とスプリングステークスを勝ち今年のクラシック戦線を賑わせている。
 その名を口にした途端、サブは胡散臭い口笛を吹きながらそっと手を離した。
「馬主さんの都合もあるしなあ」
 悪びれる風でも無く呟かれると力が抜ける。
 本気で返せと言っている訳では無いし、当然サブに恨みがある訳でも無い。言うなればこの応答自体が気心の知れた相手に対するじゃれ合いに違いなく、実際サブと話していると肩の力が抜けて自然な笑いが出てくるのだ。
「菊はどうすんだ」
「長いやろ。先生もオーナーにそれとなくマイル路線勧めとる」
「正解だな、長くて二〇〇〇だ。ダービーはよく掲示板まで持ってきたよ」
「そこは乗り手の腕やがな」
 自身の腕を誇らしげに叩きながら言うサブの顔を半ば呆れて眺めた時、彼の視線が宙を彷徨っていることに気が付いた。そうして改めて伺うと、普段通りの馬鹿話をしていると思い込んでいた彼の表情はひどく強張っていて、その肩が落ち着きなく左右に揺れていたから、俺はその時、サブが地雷原を手探りで進むようにして会話を探してくれているのだと知った。
「悪かった」
 美浦に帰って来てからこの方、こんな苦労を背負ってまで声を掛けてきたのはサブだけだ。
 詫びを入れるとサブはようやく俺を見た。本当に立ち直ったのかと探るような視線だったので、問われる前に「もう大丈夫だ」と答えると、ようやく安堵したように深く息を吐く。
「戻って来てもレースに全く乗っとらんし、ワレがジョッキー続けるか解らんかったからな。みんなどう声かけて良いか戸惑っとるんや」
「なるほど、それも一理あるか」
「一万理くらいあるわアホ……食堂行ってみい、お前の話題一色やぞ」
「それはまた、寒気がするお話で」
 忘れ去られていた訳ではないのだと安堵した照れ臭さを隠すように、口からは軽口が漏れていた。
 サブは全てお見通しだと言わんばかりの小さな苦笑を零してから、どこから取り出したのか、缶ビールを一本投げてよこす。
 プルタブを引くとベッドダイブの余波が残っていたらしい、復帰祝いの乾杯が大量の泡を零しながらになるとどちらからともなく馬鹿笑いが溢れた。
 喉を叩く炭酸の刺激にオッサン特有の呻き声を漏らしてから、サブは小さな声で言う。
「話題になるのは昔から変わらんな」
「生憎お前と違って無名でね、そんな幸せな記憶はねえよ」
「嫌味かボケ。競馬学校の時も、騎手になってからも、話題の中心は大抵お前やったやないか」
「何だよそれ」
「初騎乗初勝利、デビュー二週目で重賞初勝利、話題にゃことかかんやないか」
「まあ、そりゃ運だわ」
 競馬学校を卒業したばかりの頃はバカヅキと言っても良いほどに運があった。デビューは三月の中山第二レース三歳未勝利戦、十六頭立て九番人気だったが、逃げ馬が他にいないから程度の気持ちで打った逃げが大当たり、ドンピシャで決まったゲートから一度もハナを奪われること無く逃げまくり、第四コーナーを回った時点で後続に十馬身以上の大差をつけた圧勝だった。最後の直線では真っ白になった頭で追いまくっていた為緩めてやる事が出来ず、手綱を預けてくれたテキから「馬を大事にしろ」と鉄拳を食らったのも良い思い出だ。重賞初勝利に至っては完全に運、三番人気の有力馬に騎乗予定だった先輩騎手が前のレースで落馬負傷した為にジョッキールームで暇をしていた俺にお鉢が回り、普通に乗って普通に勝ったという完全な棚ぼたである。
「競馬学校の時かてそうや。お前、ガースーに喧嘩売ったの覚えとるか?」
「須賀さんに?」
 須賀さんは競馬学校で騎乗技術の指導をしてくれた元ジョッキーで、指導があまりにも厳しいから、同期の間ではガースーなんぞと陰口を言い合っていた。
「負けても馬の負担が少ないレースをしろ言われて、お前ひとりだけ言い返したやないか。殺してでも馬を勝たせるのが騎手の仕事や、って」
 発言の苛烈さに思わず面食らってサブを見返すと、サブは真剣な表情で俺を見ていた。嘘ではないぞとその視線は言っている。
「お前以外の同期は全員覚えとるわ。捨てられた惨めな最期より戦いの中で死ねる方が幸せだから、何をしてでも、一つでも多く勝たせるべきだ……俗に言う大越名言の四番やな」
「大越名言って何だよ」
「俺が編集した凛太朗の名言集や、一〇八番まであるけど聞きたいか?」
「アホくさ」
 他人から聞かされて思い出す過去もある。
 呆れ笑いを見せながらではあったが、俺は、完全に忘れ去っていたその言葉を、俺が過去にしていただろう発言として受け入れていた。きっと、過去の俺は大真面目にそれを口にしていた。
 競馬村の出身では無いし、根からの馬好きでこの世界に入ったという訳でも無いから、競馬という競技の根底に感じた欺瞞をそう表現したのだろうと思う。
 競馬は優しいだけの夢じゃない。その本質は残酷な生存闘争だ。
 負けてターフを去る馬の行く末を知るにつれて、弱い馬達を競馬に出会う前の自分に重ねて感じるようになった。
 この世界には、俺や彼等の命を使い捨てのマッチみたいに気軽に消費出来る神様気取りの悪魔がいて、俺や彼等の命はそんな連中に都合良く使われるだけの消耗品だから、用を足さなくなれば、何の感慨も無くゴミとして捨てられる。
 媚びる為に、必死になって、パチンコ屋のホールで銀球を拾った事も、ボロの服を着せられて物乞いをしたことも、競艇場で散らばっている舟券を拾わされた事も、負けた時に殴られる肉体の痛みも、勝った時に得意気に振る舞われるチンケな焼肉が美味しくて悔しくてたまらなかった事も、その全てを、俺は忘れられないままだから、馬達の屈辱が他人事に思えなかった。
 だから、そんな青臭い発言をしたのだろう。
「いずれにせよガキの寝言だな」
 缶ビールを呷りながらサブに同意を求めたが、サブは首を振って否定した。
「確かに青臭いが、ジョッキーが忘れたらアカンことや。殺してでもっちゅうのは言い過ぎやが、勝たせてやれんなら俺らが殺すんと同じことや、全部の鞍にその気持ちで乗らんと……俺らは馬に生かして貰っとるんやから」
「慰めてんのか?」
「自惚れんな、矜持の話や」
 会話に集中していたせいで手元のビールはすっかり温くなってしまっている。これ以上味が落ちる前に残りを一気に飲み干した。
「明日の鞍、新馬戦だけか?」
 テーブルの上に散らかしていたレース資料を手に取りながら、サブが言う。
「そうだけど、お前は?」
「八鞍、メインも乗るで」
「毎日王冠? お前のお手馬出てたっけ」
「テン乗りや。ウチのエージェント、クリスと総司抱えとるさかい、クリスが蹴って総司も蹴ったら大抵俺んとこ回ってくんねん」
「うわっ、ハイエナ」
「言うな言うな。きっかけは何だってええねん、連中が蹴った馬で勝ちゃ馬主も次からは俺の方に先回すやろ」
 東西リーディングでブッチ切りの首位争いをしている天才二人を相手にそう言い切れるサブもまた、俺からすれば別次元の住人である。
「俺には想像出来ない世界だな」
 思わず漏れた率直な感想だったが、サブは突然ムッとしたような顔になった。
「情けない事言うなや」
「そうは言ってもな、クリスと総司相手に勝つってのは気軽に言えねえよ」
「んじゃ明日の新馬戦も負けるで、お前。二人共乗り馬あるからな」
「いや、明日は普通に勝てるだろ。乗る馬の能力が違うから」
「なんやねんお前ホンマ!」
「俺みたいな五流はお馬さんの力で勝って貰うしかないのよ、これが現実ね」
「お前な……まあええわ、気が抜けたし帰る」
「おう、帰れ帰れ」
 納得のいかなそうな表情のサブを手で追い払いながら、散らかしていた資料を拾い上げてクリスと総司の馬の情報を探る。馬の力は間違いなく抜けているだけに取りこぼしの要因となり得るのはむしろヤネの動き、となれば情報だけは頭に入れておく必要がある。
「そんなに強いんか、レラカムイは」
 まだ部屋を出ていなかったらしいサブの声に、視線は向けず首を縦に振って答えた。
「強い。アイツで負けるならそりゃヤネの問題だ」
「……ほなら」
「は?」
 意味ありげにボソッと呟いたサブの声が気色悪かったので、眺めていた資料から顔を上げてその表情を伺おうとすると、視線が合った。
「じゃかあしいボケ、さっさと寝え!」
 こちらは何も言っていないのに勝手に切れて勝手に叫んで、そうして勝手に出て行った。