まとめて読む

 深夜の闇を切り裂く白い息。肉付きの良い少女がひとり、住宅街を駆けて行く。

 運動不足による息切れから脇腹に訪れた鈍痛を堪え少女は何かに追われているように後ろを振り返る。眉の上で切りそろえた前髪は乱れ、SNSで話題を集めているインフルエンサーと同じ形状の丸眼鏡は汗と共に輪郭に食い込んでいる。

 角を曲がって走る速度を緩めると少女は両膝に手を置いて立ち止まり大きく息を吐いた。

「ここまでくればしばらくは大丈夫」

 夜露に濡れた街路灯が彼女の顔を照らし出す。その顔は俳優の角野卓三にとても良く似ていた。


――平成三十年某日、ときの権力者『おうさま』はある法案を行使した。

「自分と似た顔の人間を排除せよ」

 その余りにも身勝手に思える法案に一時は列島が震撼したが「確かに権力者と同じ顔の人間は居てはいけない」とすんなり国民に受け入れられた。

 それにより『おうさま』に似た顔の人間、動物及びキャラクターは全て国民の目から排除された。抵抗する『該当者』たちは武装した自衛隊に粛清され、シチューのイメージキャラクターは痩身の美女モデルへと成り代わった。

 畜生、静かに降り出した雨の中で疲労と恐怖から震え出した自身の膝に少女は拳を振り下ろす。

 なんで私がこんな目に遭わなくちゃ行けないんだ…『おうさま』に顔が似ているから殺されなきゃならないなんて、こんな世の中狂っている。私が変えなくっちゃいけないんだ!

「ここに居たぞ!」
「しまった!」

 正面の角から軽装の兵隊が少女に向かって近づいてくる。声に反応したように後ろからも追いかけてきた兵隊が逃げ場を塞ぐように少女に盾を向けた。

 絶体絶命のこの状況。少女は四方を囲う兵隊の中心でちいさく呪文のような言葉を呟いた。

 丸顔のクレアおばさん似の少女、晴菜がチンチンカイカイ、ガリデブン。と唱えると彼女の顔の横に虫歯菌をイメージした黒い全身タイツを履いた妖精や悪魔と見間違う大きな蛾のような羽の生えた少女が出現した。

「あらなに~、こんな屈強な男たちに囲まれちゃって~。私も一度でいいからこんなマッチョたちに激しく求められてみたいわ~」
「そういうボケいいから!早く私を助けなさいよ!」

 晴菜が助けを急かしている相手、兵隊の目には映らないその妖精の名はハルカ。両親の居ない晴菜は子供の頃からある魔法が使える。困ったとき、寂しいときにさっきの呪文を唱えるとこの前歯の神経が死んだ妖精が現れて晴菜の窮地を救ってくれるのだった。

「たらららったら~、透明になれるアメ~」
「はやくよこしなって!」

 ハルカがタイツの間から出した丸いアメをちいさな腕から奪い取って口に頬張る晴菜。様子を伺っていた兵隊たちがじりじりと距離を詰めてくる。彼らの間合いを見ながら晴菜は急いでアメを噛み砕く。


――『極ヒ道具』。天涯孤独の晴菜に妖精のハルカがお助けアイテムとして毎週2回だけこのように道具を貸し出してくれる。貸してくれる、と言っても今のところ返済期日は無く、ハルカがタイツからそれを出しさえすればそのアイテム類を晴菜は自由に使用する事が出きる。

 しかし、ハルカが適切に極ヒ道具を出してくれるとは限らず、晴菜は毎回ヒヤヒヤさせられる。さながら巨悪の脅威に立ち向かう魔法少女モノアニメのように。


「どこへ行った?」
「探せ!まだ遠くは行っていないはずだ!」

 がちゃがちゃ武装を揺らしながら騒ぎ出す兵隊たちの間を縫うようにして透明になった晴菜がその場から立ち去っていく。アメの効能である五分間の間に逃げ切ることが出来た。額の汗を拭って安全と思わしき隣町のコンビニの駐車場で晴菜は口の中でちいさくなったアメを噛み砕く。

「いや~今回は危なかったね~。あのアメ使うの晴菜が中学の修学旅行の時以来だったね~」
「うっさいわね。嫌な事思い出させないでよ」

 店内で会計を済ませながら耳元のハルカに声を返す。あの時は不良のミツコと同じ班になっちゃって、自由行動の時にずっとハルカから貰ったアメを舐め続けてやり過ごしたのだった。

「あの時、あんなズルしないで一緒に奈良回ったらあの子とも仲良くなれたのかもしれないのにね~」
「そん時とは状況が違うわ!あんな連中となんて仲良くなるどころか、連れて行かれて殺されるだけ」

 ゴミ箱の前でペットボトルのコーラを飲み切って暖めてもらったハンバーガーを摘まむ。一緒に購入した変装用の黒キャップを被るとハルカがおずおずと訊ねてきた。

「あの、アメリカの映画監督ですか?」
「マイケル・ムーアじゃねぇよ!」

 深夜の駐車場に突き抜ける大音声。自分と同じ顔の人間を殺す?ふざけんな。そんな暴挙が許される訳なんてない。メチャクチャに権力を振りかざす『おうさま』なんて要らない。

 そんなふざけた『暴君』は私が、改心させなくなければならない。

「さ、行くわよ」

 耳元で囁きかけるハルカを無視して私は当ても無く朝焼けに煙る町を歩き出した。