けむり(r1.05.24)

15さんお題ありがとうございます。なんか嬉しくて楽しいね。毎日書きたくなっちゃうね、ありがとう。平成終わりの鬱気味反動でこころがふわふわしてて、これダメなやつですね。
全然煙草でもいいですけど、せっかく気を利かせて貰ったので、あと16、17さんもありがとう、そういってるのでざっくり「けむり」で書きましょうか。

でもね、煙草については一定のスタンスがあるのでやっぱり書きますね。
わしはね、文化性というかそのもの自体が包括している歴史性というかね、そういうのが好きなの。要するにエッセイが描けちゃうようなジャンルのものっていいよね、まあ面白いエッセイみたいなもん読んで興味持つというか、あとアイコンとしての要素が大きいものも大事だと思うのですね。何言ってんのか分からんな。
まあ煙草としたら「キセルを加えた花魁」「仰向けになって四畳一間で紫煙燻らせる」「兵士の一服」「線香替わりの煙草」とかね、煙草がないと成立しないような表現や、印象はいっぱいあるでしょ。
こういったものは担保して貰いたいですよね、どこまで禁煙に世の中が流れても。

それでね、健康被害がどうのとかマナーがどうのとか、そういう良くない部分は確かにあるにはあって、SNSとかでも嫌煙の人たちのヘイトが高まり過ぎて、喫煙者は自己弁護が許されない感じになってて、あんまり無体なことは言ってはいけないよって思ってます。

わしは煙草はやめたんだけど、これは実際身体に合わないなと思っての事なんだけど、吸わない立場から煙草肯定するくらいのことはしてあげたいって思ってます。全面じゃないけど、でもほら、煙草の地方税って道路とかになってるって聞いたことあるよ。ちょっと調べたら出てこなかったから違うかもしれないけど、でも仮に道路になってたら、あれだね、雲の上を歩いてるような話になるよね。おかしいね。

でも火の不始末とか怖いしね、いや、でも、ほんとじじいになってもういよいよだってなったら思いっきり煙草ふかしたい。全然美味しく感じないかもしれないけど。

あと、「けむり」というとなんだろうね、焚火とかも見ないし、あ、たまに山から煙が立ち昇ってる光景いいよね。山も生きてるというか、煙じゃないんだろうけど。実態がなくて、可視できる要素があるってのは妖怪的でさ、煙も見えなくなって立ち消えた先にもさ、少しいる気がするよね。煙草は匂いがあるけどさ。

あ、そういえばね、先週山に登ったの。その日はねなんかやたら虫にたかられて困ったんだけど、一緒に登ってたやつが煙草吹かしたら虫を散らせててね、6割くらいだけど、あーこういう効果もあるかと思ったよ。はい、そこの人、山で煙草はマナー違反だよって思ったでしょ、まだ山開き前で人全然いなかったし、灰も落とさないで吸い殻持ち帰ったから勘弁してやって。そいつ、こんどキンチョール持ってこようとか言ってたけど、あ、キンチョールの方がなんかダメな感じするわって今思ったよ。爆発しそうだし。

そしてわしはいわゆるクスリはしてないよ、あとなんだっけ水煙草?水煙草はいいや、あとそのスカパンクバンドのkemuriでしたっけ。さっき初めて聞いたけど、陽キャじゃん。わしダメなんだよこういうの。世良公則の一族の末裔?いや違うか。ちょっとツルっとし過ぎじゃないですかね、モッシュがえげつない。
むしろどこが好きなのかを聞いてからもう一度聞きたいですね。この青臭くない、香ばしい感じの感じ?ちょっと一言じゃ分からない哲学あったりする?全員前科持ちでゲイとかだったらすげえパンチ効いてるじゃん、なら好き。あーこういう発言しちゃいけない時代なのかな、でも古今ゲイとか犯罪者はさ、物語でも重要な要素でさ、煙草もそうだよ。正当性による淘汰はほどほどにしてあげてね。

でもスカパラなりビックジャズバンドなり、トランペットとかサックスとか金管いいよね、あ、でもサックス木管なんだって、不思議だね。東京丸の内サディスティックはみんな結構好きだよね。

わしの特技は煙草を吸うパントマイムをするとヤニクラに近い感覚を自らに引き起こすことができることです。火をつけて貰う動作を他人にやってもらうとより効果が高いですね。
sage