トップに戻る

音楽小説集「オフスプリング追加」
「Sky Is Over」Serg Tankian

動画はこちら
https://youtu.be/GY9kQcWLvEM

※Serg Tankian サージ・タンキアン
 アメリカのオルタナティブ・メタルバンドSystem Of A Downのボーカルの人。ソロでも活動。

 いつもなら振り返り回にあてる60曲目だけれど、創作意欲優先で。




 空が。
 空が終わる。
 空が終わっていく。
 遥か彼方にあるはずだった空が。
 容易く手の届く所まで落ちてくる。
 瓦礫で傷付けて絵が描けるくらいに。
 鳥達は人の背丈の範囲内しか飛び回れず。
 車にぶつかり命を落とす。
 ダイレクトに猫にかじられる。
 
 空の寿命にいち早く気付いた背の高い者達が、少しでも高みに空を押し戻そうとするが。
 背の低い者達はいくらかの窮屈さに半ば気付きながらも。
 日常の営みを続けて頭上の異変から目を背けている。
 巨大なキャンバスを見つけた背の高い絵描き達は。
 空の終わりに構わず諸手を上げて無限の天井画を描き始めている。
 それでもいまだ地面に落書きを続ける者達が。
 描いているのは皮肉にも空を飛ぶ鳥達の絵だ。
 その絵に降り立ち。
 そのまま地面に溶け込む渡り鳥がいる。
 何千年も前からこのような絵でありました。
 そんな顔をして。

 空を支える者達と。
 空に絵を描く者達と。
 空の異変に気付かぬ者達と。
 何もかも見通していながらも地面を見続ける者達で。
 等分された世界はぎりぎりのバランスを保ち。
 どうにか続いていく。
 あるいは順調に終わっていく。
 
 子供達の描いた絵から飛び出した鳥達が。
 窮屈な世界で鳴らされた楽器の音が。
 人の歌声が。
 低く垂れ込めた空を突き抜けていく。
 その先は何もかもを焼き尽くす太陽だとしても。
 止まる事はない。
 誰も止める術を持たない。
 それら。
 空の破滅。
 空への抵抗。
 同数の諦め。
 人の歌声。

 低く飛ぶ鳥達が、ピアノの鍵盤を叩く。
 連弾は鳴り止まない。

(了)
 
 

泥辺五郎 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

トップに戻る

Neetsha