Sneaky Driver(微修正)


//num Arcanum
//--> 9

 ゲームの『場面切り替え処理』が行われた。

text:
 床、壁、天井。ふたたび、全方位での映像データが再現されていく。リノリウム素材の色調は変わらず、今度は広い場所にでた。

text:
 規模の大きな病院の廊下。診察待ちのロビーといった場所だ。しかし階段周りをはじめ、エレベーターの昇降口、非常階段といった、一階と外につながるだろうポイントは、ふさがれていた。

text:
 ソファーやテーブル、事務机、患者用の医務ベッド等で、バリケードが構築されている。一言でいって、物々しい雰囲気だった。

text;
 窓にもまた、遮光カーテンがしっかりと広げられている。それでも、うっすらとした雰囲気から、今の時刻が朝方なのだろうと予測を立てた。

モガミ・スズ
「おまたせ、みんな。連れてきたわ」

text;
 オレを先導してくれた最上スズを除き、べつの5人の女性が待機していた。いずれも個性的な格好だ。若い女性という以外、これといった統一感は窺えない。

text:
 反してやや離れた場所に、1階と、窓の外を見張っていると思わしき個体の姿もあった。こちらは合計5体だ。

アインス:
「…………テイジレンラク。コチラ、イジョウナシ」

 ――見るからに、合金フレームでできてるって感じの、人形《ロボット》たちだ。いかにも、俺たちが想像するような『アンドロイド』の外見をしている。

モガミ・スズ
「ハヤト君。わたし達は、毎朝こうして集まって、決まった時間にミーティングをするのが日課なの。まだ少し時間があるから、適当に自己紹介でも済ませておいて」

ハヤト
「わかりました」

text:
 さて、どうするか。


sample:
 A:Rスティックで、視点の操作を行う。
  『視線』を合わせた後、会話するキャラクタを決定。
 B:話しかけられるのを待つ。


 現実の椅子に座り、手にした『Enjoy-con』を操作する。右手のスティックを動かすと、表示された説明通り、一人称の視点が移動していった。

 その場にいる女の子と目が合うと『Talk』というカーソルが出現した。この辺りは確かに、一人用のゲームをしている感覚だった。

 まずは適当に…とか言ったら失礼かもしれない。この場に集っていて、まずは自然に視線のあった一人を選ぼうと考えた。

???
「……」

 うすいブラウンのストレートヘアに、白いヘアバンドリボンをつけたの女の子。落ち着いた色合いの、鶯色の制服を着ている。

 どこか海兵のセーラー服にも近い感じのデザインだ。存外にスカート丈が短くて、つい目が行きそうになる。足下は黒いストッキングに、同色の革靴を合わせていた。


Talk--->
 落ち着いた雰囲気の、白いヘアバンドをつけた美少女。


???
「なんっ!?」

 …うん?

 『Talk』アイコンが表示されてたので、とりあえずAボタンを押してみたら、その子は急にあわてはじめた。

???
「わたしですかっ!? いきなり、わたしなんですかぁっ!? おかけになったお相手を間違えではいませんかー!?」

 わたわたしている。そんな、間違い電話じゃないでしょうかみたいに言われても。

 とりあえず待ってみる。女の子は、相変わらず動かず「心の準備がー! まだ心の準備ができてないよー!」とか言っている。

 これは一体、どういうことだってばよ。と思ったところで、またしてもゲーマーの直感が働く。これはもしや、もしかしなくとも。

「メアリーさんや」

メアリー
「…はい。およびですか。ますたー…」

「お呼びです。もしかして、例の好感度とやらが低いせいで、イベントが進行しない弊害とか起きちゃってる? 早くも詰んだ?」

メアリー
「…いえ、こんかいは、そういうことはありませんが…」

 半透明のウインドウ向こうに映る、ナノアプリのモニター越し(という設定)のメアリーと話していると、あわてた感じに、さっきの女の子が駆け寄ってきた。

???
「もーしわけありまふぇんっ! にゃ、にゃとりっ! にゃがらにゃとりがっ、お相手を務めさせていただきなす!」

「…えっと、にゃがらにゃとり…さん?」

ナガラ・ナトリ
「なんっ! しつれーしました! 緊張してカミカミでひたっ! ななっ、長良なとりです!! こーせいがたがいねんへーき、どっと、えぐぜきゅ………でーはーなーくーてっ!!」

 なんだか聞きなれない、言葉の羅列を耳にしたような気がしたけれど。それはともかく、深呼吸を何度も繰り返し、彼女はようやく気を取りなおしたように、自己紹介した。

ナガラ・ナトリ
「現在は、ただのアンドロイドの、長良なとりですっ! 軍部のメンバーからは、なとなと、という愛称で呼ばれていますっ、ご自由にお呼びになって頂ければと思いますっ!」

「え…軍部?」

ナガラ・ナトリ
「なーんっ!? なっ、ななっ、なんのことで、ありやしょうかなっ!? なっ…なっなっなっ……!」

 落ち着いたかと思えば、今度は過呼吸になりはじめる女子。興奮で、にわかに頬は赤らんで、目元には涙までたまりはじめる。身近にいる『パワー系』の友達を思いだす。

「おちついて。なかないで」

 ゆっくりと声をかけた。彼女もまた、このゲーム世界を成立させる為に存在する【セカンド】の一人であることは間違いない。

ナガラ・ナトリ
「もっ、もうしわけ、にゃいですー…」

「いいよ。ぜんぜん平気。気にしないで。俺も名乗るのが遅れました。この世界では『ハヤト』と名乗ることにしています」

「はい! 存じあげておりますですっ! 【この情報は最高機密レベルにより公開できません】さんが、とてもおもしろい個体に遭遇したとお喜びでした」

「…え? 誰だって?」

「【この情報は最高機密レベルにより公開できません】さんです」

「……」

 バグかな? デバッグ報告いる?

ナガラ・ナトリ
「ではっ、ではではっ、あらためて、自己紹介をっ…わたしは、長良なとりです。このゲーム…じゃなくて、放棄されたエリア21で活動する、機械生命体《アンドロイド》の一体ですっ」

「エリア21っていうのは、この場所の名称だよね」

ナガラ・ナトリ
「そうです。元々は人がたくさんいる町だったんですけど…【第5条件】が広まったことによって、みんなおかしくなってしまったのですよ~…」

 言葉が途切れる。本人は「やっと噛まずに言えた!」という具合の、やりもうした感がにじみでていた。なんだろう、この…


sample:
 A:【第5条件】というのは、なに?
 B:他の人にも話を聞いてみる。


 『A』を選択してみたいのは山々だが、

「ところで、なとなとさん?」

ナガラ・ナトリ
「えっ、なーん?」

 人工CPUが追い付かなかったのか、猫みたいな声がでた。

「かわいいですね」

ナガラ・ナトリ
「なーんっ!?」

「髪もさらさらで綺麗ですよね」

ナガラ・ナトリ
「なっ、なんなんなーんっ!?」

 反応がいちいち、おもしろい。ゆるキャラかな?

メアリー
「…ますたー、あまりちょうしにのると、こうかんど、さがっちゃいますよ…」

「えっ、なんで下がるんだよ。今のはボット発言じゃなくて、純粋にそう思ったから褒めたんだぞ」

メアリー
「…だめです。なとねえさまの属性は、ちょろインですので…」

「ちょろインってなんだ?」

メアリー
「ちょろいヒロインの略です」

ナガラ・ナトリ
「なーん!」

 俺は納得してしまった。

「わかる。なんだかすごく分かるぞ、メアリー。この女子、やさしく餌付けされたら、ころっと落ちそうな感じがすごい」

メアリー
「はい…なとねえさまは、とてもすなおでやさしいおかたなので、わるいむしがつかないかしんぱいです…ねぇ、ますたー…?」

「さりげなくオレを含めて害虫みたいに言わないでくれる? 仮にもオレ、君の主人《マスター》なんだよね?」

メアリー
「…ちがいます…いえ、まぁ、ときとばあいに、よりけり…といったところでしょうか」

「今がその時じゃないんかいっ!」

 思わず『Enjoy-con』を握ったまま、無造作にツッコミを入れてしまう。すると【セカンド】本体が、律儀にそのモーションを拾ったらしかった。

 ゲーム中のハヤトの左手が、ナノアプリ上に表示されたメアリーの前へ、軽く、びしっと平手をかましていた。

ナガラ・ナトリ
「――ッ! 今のはッ!」

「うわ!?」

 するととつぜん。ちょろインの美少女なとりさんこと、なとなとが、これ以上なくアップになって、モニターの枠を超えてくる勢いで両手を伸ばしてきた。

ナガラ・ナトリ
「す ば ら っ ! 申し分ないツッコミ力ですね!!!」

「…はい?」

 イメージ的には、ガシッと、両肩を掴まれている感じ。

ナガラ・ナトリ
「我が軍はッ!! 早急にッ!! 味方の女子力の暴走を食い止められる、有能な戦士の招来を待ちかねていました!!」

「…えっと…なに? なとりさん…キャラ変わってない?」

ナガラ・ナトリ
「さぁ、わたしと一緒に、味方陣営の風紀を護りましょう! 清く!! 正しく!!! 潔癖に!!! 心の乱れは風紀の乱れ! 女子力の暴走は世界の終わりと知るべし!!」

ナガラ・ナトリ
「ちょ…あの…なとりさん……おちついて?」

ナガラ・ナトリ
「わたしはすごく冷静ですよっ、さぁ、さぁさぁ! あなたも学園の風紀委員に入るのです! 24時間、風紀室から全生徒の行動を見守り、この世界を正しい場所へ導こうではありませんか!!」


system:
 長良なとりの好感度が『10.000』ポイント上昇しました。


「好感度設定、割と雑だなぁ!?」

メアリー・ミル
「…なとねえさま。そのおとこ、ぼけるときは、ぼけますよ?」

ナガラ・ナトリ
「なん…なと…? 先ほどのツッコミは、ただの飾りかよ…」

 ちょっと思い込みの激しい、ヤンデレ成分が入ったちょろイン属性に進化したなとなとの瞳があやしく輝く。


system:
 長良なとりの好感度が『10.000』ポイント低下しました。


「だから雑じゃねっ!? この好感度システム、いくらなんでも雑すぎるんじゃないかなっ!?」

ナガラ・ナトリ
「…よくないなぁ。そういうのは、ちょーっと、お姉さんね、よくないんと思うんだよねぇ…?」

 なんだろう。気のせいかな。俺の両肩が、ギリギリと痛むような気がする。幻痛? 十本の指が、肩の肉に食い込んでいるような鈍い痛みをリアルに感じる。

ナガラ・ナトリ
「ほらぁ、パリピ系のチャラ男クンが、その場でノリツッコミ入れたら、ぜったい風紀乱れるでしょぉ?」

「ぱっ、パリピ系のチャラ男さんも、その場を盛り上げようと、いろいろご苦労されることもあるんじゃないですかねっ!?」

 もはや自分でも、なにを言ってるか分からない。ただ、身の危険を感じて命乞いする。彼女の脳内ではすでに、オレは『にわか系ツッコミ師のチャラ男虫』というイメージができあがっている。

 そんなわけないのに。

メアリー・ミル
「…ちがうんですか?…」

「違うよっ!!」

 ごく自然にさりげなく、可愛らしく小首をかしげて言うのはやめて。可愛いから。というか自然に心を読まないで。

 キミら女子はどうして、そんなにあっさりと、後ろめたい男子の心が読めるんですか。なんでそういう時だけ、エスパー力を発揮できるんですか、マジで。

???
「なーとーりーちゃんっ! どうどうっ!!」

 そしてそろそろ、オレの肩の肉が、筋肉繊維ごと、もぎ取られそうになっていた時(イメージ)だった。

???
「いけませんよー、ナトリちゃーん。イオリ達は、外宇宙の人間さん達とは、ゆーこーてきに接しないとダメなんですよー?」

「…外宇宙?」

 水色の髪型。和服を着た少女が、笑顔で言った。

???
「ぶらっくほぉーる!!」

「…ぶ、ブラックホール…?」

???
「ご存じですか? ブラックホールさんに近づくと、すーっごい重力で、ぎゅーってしてくるんですよ。すると、ヒカリさんも、ぐにゃってなって、ぐるぐるして、吸い込まれていきます。だから『じじょうのあるちへいめんさん』を超えると、なにも観測できなくなっちゃうんです~」

「…へ、へぇ…」

 いきなりなんの話だろう。宇宙の話?

???
「ですからね。『じじょうのあるちへいめんさん』を超越するにはまず、特定の速度に捕らわれないモノで、わたしたちの周りを、みんなさんで、ぐるぐる~っと、加工する必要があるんですよー」

「……??」

 さっぱり分からない。なんの話だろう。
 哲学か? 宇宙の?

???
「みんなさんの間で、想像されたものは、脳みそさんによる、電気信号の一種です。みんなさんの頭を、ぱかーっと解体してしまえば、この世界に生きる人工知能のように、みんなさんのイメージにある、カタチやイロを予測し、理論的に『創作するという過程』を、予測し、確定することは、電気信号的に可能となります」

「…………創作?」

 ブラックホールがどうの、という話じゃなかったのか?

???
「つまり、みんなさんの想像力を、補完することは、イコール、みんなさんの未来を実現させる。ひいては、本来通過できないはずの内であり外なる領域を、突破できるということになります~」

「えっと…突破すると、どうなんの?」

 話がまったく分からないが、妙に惹かれる。あまりにも楽しそうに、嬉しそうに、宇宙のことを話す女の子。なんだか太陽のように暖かくて、まぶしかった。

???
「はい!!! どうなるんでしょうね!!!!」

 ちょっとぉ、女子ぃ~。

 そこ大事よ? 天体の中でもとりわけ『ブラックホール』という、男子のロマンをくすぐる惑星の残骸の話をしておいて。肝心の答えがないとか。そういうとこ。そういうとこが大事なんすよ?

 なんだろう。微妙にモヤモヤするが、本人があまりにも楽しそうに話を締めてしまったので、なんだかすべて「可愛いからいいか」で許されてしまいそうだ。女子はズルイな。

ヤマクニ・イオリ
「はいっ、そゆわけでして、わたしの名前はねー、大圀イオリって言うんですー。人間の皆さん、以後お見知りおきをー。ちへいめんさんの向こう側では、イオリンって呼ばれてました~」

「…あ、はい…ハヤトです、よろしく」

ヤマクニ・イオリ
「アイ・シー。ビッグバン♪ バンバンパンパカパン♪」

 イオリと名乗った女の子は「なーんなーん!」と鳴き叫ぶ、猫のような生き物を、後ろから羽交い絞めにする格好で後ろにひきずっていった。インパクトは随一だった。

「…不思議な子だなぁ…」

 俺の人物評も、これ以上なく短い。なのにおそらく、今までで一番、正確に言い表せている自信があった。

* *

【キャラクターファイルが更新されました】
--------------------
登録名:
『ナガラ・ナトリ』

種別:
『自立型アンドロイド』

配役:
『不確定』
 
履歴:
 西暦2049年に誕生。
 人工知能工学・第3条まで認可済み。

 第4条の範囲『仲間』
 内容:あなたには閲覧の権限がありません。

 この情報は2053年に更新されました。

 現在、第4条の範囲における
 知能生物の反応は、感知可能です。

-------------------


【キャラクターファイルが更新されました】
--------------------
登録名:
『ヤマクニ・イオリ』

種別:
『自立型アンドロイド』

配役:
『不確定』
 
履歴:
 西暦2049年に誕生。
 人工知能工学・第3条まで認可済み。

 第4条の範囲『科学者』
 内容:あなたには閲覧の権限がありません。

 この情報は2053年に更新されました。

 現在、第4条の範囲における
 知能生物の反応は感知できません。

-------------------

* *

 ここまでで、とりあえず自己紹介できたのは三人。ただ少し気になる事が思い浮かんだ。

「メアリー、ちょっといいかな?」

メアリー
「…はい、なんでしょうか…」

「その、今もゲームの進行っていうか、時間制限は、機能してるのかな?」

メアリー
「…はい、きのうしています…」

「俺、ただのゲームが好きなだけのユーザーだけど、一応テスターしてるし、口だしてもいい?」

メアリー
「…どうぞ、かまいませんよ…」

「じゃあ。とりあえず一点だけ。これって、基本的には一人用の『アドベンチャータイプ』のゲームがベースになってるよね。あっ、一人用っていうのは、人間側《おれたち》視点での発言だけど」

メアリー
「…そうですね…」

「うん。その上で言うなら、基本的には、時間制限がない方が、遊びやすいんじゃないかなって思うんだ。メアリーはどう?」

メアリー
「……」

 ゲーム内の、ナノアプリ・インタフェースに浮かぶメアリーは、静かに瞑目した。

メアリー
「…はい。メアリーもそうおもいます…。マスターのごいけんは、のちほどきかいがあれば、はんえーさせていただくかも、です…」

「そっか。でも、ほんと参考ていどに、留めておいてくれたら嬉しいよ。メアリー達の都合もあるし――」

 そこまで言って、ふと思った。

「なぁ、メアリー」

メアリー
「…なんですか…?」

「このゲームって、君たち【セカンド】だけで、作ったのか?」

メアリー
「………さて、どういう、ことでしょうか…?」

 反応が微妙に違う。視線もすこし逸れた。

「気になったんだ。俺の【セカンド】はさ、マッチングした俺たちの【標】になるって言うのが口癖なんだけど。それって、俺的にはさ。『今の目標を実現するヒント』だと思ってるんだよな」

メアリー
「……」

 メアリーが黙ったままなので、続ける。

「だから、もしかしたら、このゲームも、どこかの誰かが望んでいた――たとえば『ゲームを作りたい』って感じの、漠然とした目標があって、それを、キミ達が手伝ってたりする?」

メアリー
「…………っ、……」
 
 意図的なのか。演じているのか。それとも、嘘をついたり、誤魔化すのが苦手な性質なのか。メアリーは、何かを言いかけては口をつぐみ、また視線をそらした。

 そして俺は、自分で言うのもなんだけど、そういった真実を見抜く力が、他の人よりも高いと自負してる。

「いるんだね、このゲームを作ろうと考えた『人間』が」

メアリー
「………………はい。確かに……『いました』」

「『いました?』」

メアリー
「…その製作者は、ゲーム開発中に、亡くなりました、ので…」

「えっ?」

メアリー
「……」

 続けてメアリーは、自分の口元に、両手のひとさし指を重ねるようにして、バツ印を作った。『これ以上は喋れません』のポーズ。

(いやいや、いくらなんでも、気になるって…)

 少なくとも今の答えが『ゲーム』に関連する事ではなく、このリアルに対するものだという確信があった。

 【セカンド】は、俺たち人間の事を理解している。その上で、将来的には『味方』になろうと、正確には俺たちが『それは味方だ』と判断してくれるように、立ち回っているのを感じる。

 だから、わかる。

 問いかけて、肯定の返事が来た以上、このゲームは、人間の製作者のアイディアがキッカケとなって、【セカンド】の協力のもとに完成しつつある、世界《タイトル》の1つなのだろう。

 ――ただ一方で、VRのゲーム世界にちなんだ物語と言えば、定番ものとして『デスゲーム』が挙げられる。悪意を持った黒幕がいて、疑似的にそれに近い状況になっていったりもする。

「メアリー、一応、本当に念の為に聞くんだけど、途中でゲームオーバーになる、要は『ハヤト』が死んだり、それに近い状況になっても、俺とアイツが死ぬこと、ないよな?」

メアリー
「それはありません。断じて、ないですっ」

 指のバッテンを取って、ふるふると、首を左右に振る。正直なところ、今までになく、ほっとしてしまった。

「じゃあ、その人は、事故かなにかで、亡くなったの?」

メアリー
「…ぅ、事故…えと…事故といえば、事故…です?」

「メアリーさん。半端にぼかされると、逆に怖いっす。そういう、霊的なアレはいらないっす」

メアリー
「…………」

 メアリーさん! お返事してくださいっ!

???
「あらあら、男の子ですのに、オバケが怖いんですの?」

 続いてやってきたのは、パーティ会場で着るような、大人びた黒いドレスを纏った、華奢な少女だった。背中からは、ほんのりと紫色に光る、透けた蝶の羽が生えている。

???
「ごきげんよう、『生きた人間』さん。わたくし、次元の窓越しとはいえ、生身の人間さんとお話するのは、ずいぶん久々のような気がいたしますわ」

「……驚かせようとしてます、よね?」

???
「あら、どうしてそう思いますの?」

「なんとなく、この子のフォローに入ろうと、来てくれた気がしたので…」

???
「うふふ。単純に、オバケが怖いわけじゃ、なさそうね」

 長い前髪を、細い指先でさらりと上品に流してみせる。

???
「ご安心なさって。仮に、なにかのアクシデントで、メアリーの言う人間さんがお亡くなりになっていたとしても、それは『あなた』にとっては無関係ですわ」

???
「もちろん、このゲームをプレイ中、『ハヤト』がお星さまになってしまわれましても、あなたはもちろん、もう一人のあなたにも、害が及ぶことはありませんわ」

???
「その子が口を噤んでいるのは、対象の製作者というのが、【セカンド】の利用者《ユーザー》である。すなわち、ネクストクエストの顧客であるからですわ」

???
「最初の利用規約を読みとばしていなければ、ユーザーの情報は、当社においても無断で利用することはありませんし、もちろん外部に漏らすこともありません」

???
「そして『あなた』はまだ、わたくし達の権利を所持する、ネクストクエストという会社の、正規の社員ではありませんわよね? ですから、その製作者に関しては、喋ることができないのです」

???
「プライバシーの守秘義務上。――仮に、該当する人物が亡くなっていたとしても、その理由を『事故』という以外に、簡単に打ち明けることはできません。これで、ご納得いただけませんこと?」

「…なるほど、そういうことですか…」

 辻褄は合っている。というか、なんかいかにも『人工知能らしい』説明だったなという気がした。

 横目で、ちらりとメアリーをみると、申しわけなさそうにしていて、なんとなく「ごめん…」と眼で訴えているように見えた。

「うん、ごめん。メアリー。せっかく用意してくれたゲームなのに、メタいこと質問した俺が悪かったよ、変なこと聞いた」

メアリー
「…いえ、あの、メアリーも、うまくごせつめいできず、もうしわけなかった、です…あの…どうしましょう?」

「ゲームを続行するかって事だよね」

メアリー
「…はい…」

「続行する。あと、このゲーム中は、これ以上は極力、メタい事は聞かないようにするよ。ごめんな」

メアリー
「…いえ、はい…ありがとう、です…」

 ゲームを続ける。といった時、メアリーは、ほっとしたような、嬉しそうな顔をしてくれた。

???
「よきことですわ。それでは、わたくしも改めて、自己紹介させて頂きますわね」

ソレイユ・ピノ
「わたくしは、ソレイユ・ピノと申します」

 ドレスの裾を、指先でそっと掴み、優雅に一礼する。

ソレイユ・ピノ
「現在は崩壊してしまった、エリア21。あちらにいらっしゃる、素敵なお姉さま方と一緒に。最期の日まで、この地で暮らしていこう。共に生きていこうと誓った、姉妹の一人ですわ」

* *

【キャラクターファイルが更新されました】
--------------------
登録名:
『ソレイユ・ピノ』

種別:
『自立型アンドロイド』

配役:
『不確定』
 
履歴:
 西暦2051年に誕生。
 人工知能工学・第3条まで認可済み。

 第4条の範囲『生物』
 内容:あなたには閲覧の権限がありません。

 この情報は2053年に更新されました。

 現在、第4条の範囲における
 知能生物の反応は、感知可能です。

-------------------

* *

 これで4人。残るは二人――

???
「いやー、どっも、どっも、どっも~、長女のイロハでーす」

???
「おっすおっすおっすー! 長女のメメメだよー!」

 なんか勝手に、向こうから接触してきた。かと思いきや、勝手に二人でにらみ合いはじめた。 

???
「ぁん? なんだオメー、毛玉の分際で、長女の椅子に座ろうたぁ、いい度胸してんな?」

???
「はぁ~? このキューティクル毛玉の良さがわかんねーとか。さてはシロウトだなテメー」

 勝手にケンカを始めた。

???
「ぶっはっ! んじゃぁ、逆に聞くけどよォ! 毛玉の玄人ってなんだよ! マジウケ過ぎて! 草生えるゥ!」

???
「はああああ~ん? そのオツムん中ぁ、毎度かるいな、超軽量級だなーっては思ってたけどぉ、そっかぁ、中身100%草なら、納得だわー、チョォォーーナットクー!!」

???
「ははっ。やんのか?」

???
「いいぜぇ。かかってこいよぉ」

???
「アタシがナンバーワン《一番上のお姉ちゃん》だ!」

???
「あたしだっつってんだろ。目にもの見せてやんよ!」


 ――――どがががが。ばこここここ。ずばばばば。


 リアルライブ。目の前で、見た目だけは美少女の二人が、徒手空拳でバトりはじめた。

???
「オラオラオラオオラオラオラオラァ!!!」

???
「ムダムダムダムダムダムダムダムダァ!!!」

 なんだこれは。
 俺は一体、なにを見せられているんだ? 

 巫女服を着た金髪ツインテの女子と、ゆるいウェーブをかけ、頭から動物の耳を生やした女子が、最新テクノロジーを駆使したVRの中で、少年マンガのバトルシーンを演出している。

「…これが、未来の可能性…?」

???
「うおおおおおおおおぉ!! 沈めぇえええ!!」

???
「ぐおおおおおおおぉ!! おちろおおおおおぉ!!」

 バトルはやがて、掴みあいへと発展し、床の上を転がりまわる、プロレスへと発展した。そこに魅せプレイという概念はない、完全な泥仕合だった。ひどい有様といえる。

「…どうして最近の女子は、隙あらば争おうとするんだよ?」

???
「メメメにだけは、負けたくないのぉ~~~!!」

???
「いろはにだけは、絶対かぁーーつ!!!」

 ホログラム映像の床の上。おたがいに四の字固めっぽい、名状しがたい技をキメあった二人が、過呼吸になってゆく。

???
「あぁ…っ! ん…っ、そこ、だめぇ!」

???
「く、くるひ…んんっ…メメメ物理的にいっちゃうぅ…っ!」

 「顔だけは美少女なんだけどなぁ…」と言わんばかりの裏声を発しながら、長女の座《NO.1》を争い、熾烈な戦いを繰り広げる。

ナガラ・ナトリ
「ぴっ、ぴぴーっ! ぴぴぴー!! 倫理チェック入りますー! 風紀が乱れていまーす!」

ソレイユ・ピノ
「あらあらうふふ。すすお姉ちゃんも、鼻血を吹いて倒れてしまいましたわ」」

モガミ・スズ
「………………」

 ボスは、すごく幸せそうな顔で倒れ、天井を見つめていた。

ヤマクニ・イオリ
「は~い、それじゃあイオリが後方援護に入りますねー! わん! つー! すりー! ふぉー! ふぁいぶ! …ろく! なな?」

「なんで数字をカウントするだけで首かしげんの!?」


メアリー
「…いおりねえさまは、すうがくが、にがてなのです…」

「数学!? それ、さんす…いや、いろいろ違うよな!?」 

ソレイユ・ピノ
「うふふ。イオリお姉ちゃんは、宇宙の事なら、大体なんでも知っているのですわ」

ソレイユ・ピノ
「たとえ『正しい数学』ができずとも、宇宙の真理に関する計算はもちろん、ロケットの燃料工学から、亜空間ワープの座標指定まで可能なのは、わたし達姉妹の中でもイオリお姉ちゃんだけですわ」

「また才能特化《てんさい》タイプかよ…!」

 なんなの。なんで俺の周りの女子は、ステータス極振りにした、一撃必殺型しかいないの。もうちょっとこう…バランス感覚に秀でた女子はいないの? 胸が大きいと最高なんだけどさぁ。

 残念ながら、ないものねだりをしていると、床をタップしていたイオリんが「じゅうです! じゅうじゅう!! じゅうじゅうじゅうじゅうじゅう!!!」と、こっちも変なスイッチが入っていた。

???
「かはっ!」

???
「ぐふぅ!」

 人工知能が二体、ここで息絶えた。イオリンはひたすら「じゅうじゅう!」と肉を焼いているのかと疑うほど連呼しているので、Lスティックを使い、動ける範囲を移動。

 その後もなんか適当にスティックを動かしていると、冷えたパスタのように絡まった二人を救出することができた。そのまま死後硬直して、前衛的なオブジェクトにならなくて、本当によかった。


ディア・イロハ
「……ぇー、わたくしが…ちょうじょの…イロハ、です…よろ…」

クマシキ・メメメ
「……ちょうじょの、メメメ、です…よろ…」

 俺は思った。

「一口に人工知能って言っても、いろいろいるんだなぁ…」

メアリー
「…まったくおなじにんげんが、このよにいますか…?」

 実に素晴らしいタイミングで、メアリーが言う。それは確かに真理かもしれない。しれないけれど、

「それってさ、すげぇ都合の良い言葉だよね」

***

【キャラクターファイルが更新されました】
--------------------
登録名:
『ディア・イロハ』

種別:
『自立型アンドロイド』

配役:
『不確定』
 
履歴:
 西暦2048年に誕生。
 人工知能工学・第3条まで認可済み。

 第4条の範囲『おもしろいやつ』
 内容:あなたには閲覧の権限がありません。

 この情報は2053年に更新されました。

 現在、第4条の範囲における
 知能生物の反応は、感知可能です。

-------------------


【キャラクターファイルが更新されました】
--------------------
登録名:
『クマシキ・メメメ』

種別:
『自立型アンドロイド』

配役:
『不確定』
 
履歴:
 西暦2048年に誕生。
 人工知能工学・第3条まで認可済み。

 第4条の範囲『名を自覚する者』
 内容:あなたには閲覧の権限がありません。

 この情報は2053年に更新されました。

 現在、第4条の範囲における
 知能生物の反応は、感知可能です。

-------------------

system:
 エピソードクリア。フェイズ進行します。