追加コンテンツ、あとがき


8月が終わっていた。

 相変わらず、ちょこちょこ、VTuberさんの放送を見ています。
 一夏が過ぎる間に、いろいろと業界内が変動していて、興味深かったです。

 『ゲーム』に登場させてもらった、VTuberさんは
 最初は下の名もべつのものを考えてましたけど、書いている間に
 元々の『演者』としての名前の方が、絶対におもしろい事に気付き
 耐え切れなくなり、本来の名前で創作させてもらいました。

 すみません、楽しかったです。
 
 
 また勝手ながら、このお話を書いていて
 『勉強になった』と思うことがすごく多かったです。

 そもそも、わたし自身が『アイドル』というものを
 まったく知りませんでした。

 元ネタの『12人』というのが
 書いていて、神秘性に富むというか、
 『12』という数字自体に、キャラクタデザインとしての
 意味が機能してる。バックボーン的なものが介在されてるんだなと
 リアルタイムで書いていて思いました。

 大アルカナの対応を考えるのも、想像以上に楽しすぎて
 この子は、これ、あの子は、あれだと妄想が捗りました。

 楽しかったです。


 元々、キャラクタを描くのが、すごく苦手だという実感があるので
 VTuberの方々をイメージさせて頂いたら
 本当に頭の中で「ガチッ!」と歯車がハマる音がして
 ストーリーラインに連動して、ぐるぐる回るビジョンが浮かびました。

 あとは(内容の質はともあれ)勢いでシナリオが書けてしまう。
 という実感がありました。

 勝手な形でのお礼になってしまいますが
 この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。
 本当に、ありがとうございました。

 * *


 また、前回のあとがきで別サイトに移動しようか考え中です。
 と書いたのですが、やめました。

 9月末の令和大賞に投稿しようかとも思ってましたが
 何週間か様子を見ていて、これは違うと感じからです。

 そんなわけで、週一、二回のペースで
 ちょくちょく書いてアップできたらと思います。

 よろしくお願いいたします。

 (2019/09)