【Music Code Excution:COLORS.geass】


「それじゃ、クロちゃん。わたし達が今日遊ぶゲームのこと、紹介お願いできますか?」
「…ん、わかった。今日遊ぶのは、世界中で人気のある、eスポーツの代表ジャンルとも呼ばれている『moba』だよ。タイトルは、」

「レジェンド・オブ・アリーナ。通称、LoA」

 世界が暗転する、演出。

 パッ、と。

 ひみつ基地を模した仮想現実《シアター》の一角に、スポットライトのような、円形をした照明が宿った。

 光と影。

 世界に降り立つ。


「ごきげんよう。諸君」


 ひるがえしたるは、漆黒の外套。裏地は赤。
 特徴的な姿勢で立つ。右にはめた白手袋で、仮面に手を添えた。


「人生を謳歌しているか?」


 とうとつに現れた上での、挑発的な物言い。 


「繰り返される毎日。己が眼が宿す現実に、潤いはあるか?」


 居丈高。皮肉。
 どうせそんなことはないのだろうと、断定するような。

「その口元が日々つぶやくのは、一体どのような事柄だ?」


 挑戦的な、言葉の数々。


「今日、生きる意味はあるか? 明日を生きる価値があるか?」


 そしてまた、自らにも問いかけるように。


「諸君らの命の値札、今日の人間の価格は、いくらだ?」


 右手で仮面を取り、現れた『素顔』で、不敵に微笑んだ。


「【最強】の称号には、いったい、どれほどの価値がある?」


 左手を優雅に回し、深々と、一礼してみせる。


「夢を見ることを忘れた者たちよ。
 遠き過去にのみ、心捕らわれた人々よ。

 今こそ語ろう。
 やさしき悠久の黄金。
 在りし想いに等しき世界があることを」

 双方向性。二律背反。逆向きのベクトル。
 表と裏。黒と白。

「貫くような閃光。鋭き熱量と鋼の如き白銀の威容もまた
 如何に素晴らしきものであるか。
 このオレが、証明してご覧にいれよう」

 
 ふたたび、男は歩きだした。


「今日は、特別な一日になる」


 用意された、自分専用の座に掛ける。
 手前の机に仮面を置いて


「ここが【世界の中心】だ。現在の最先端だ」

 
 頬杖をついて、足を組み、


「さぁ、かかってくるがいい。無味乾燥な人間たちよ。
 俺たちが相手だ。楽しませてくれたまえ」



 ――あぁ、コレだ。

 わたしが夢見た、望んだ片鱗が確かに存在する。

「ハヤト、なんだかいつにも増して強気ですね」
「これがアイツの素だよ」

 あふれだす喜びが止まらない。

「今日のハヤトは、間違いなく【最強】だ」

 心が躍りだす。

「最高だ。そのプライドごと、オレが切り刻んでやる」
「あとはマッチングするかどうか、ですね」
「するさ。なぁ、ロリ?」

 確信を得て、遠方にいる奴に呼びかける。

「僕ちんに聞かれてもね~、神のみぞ知るってやつじゃない?」
「クク…んなもん、最初からいねーって知ってんだろ。少なくともこの世界には、どこを探したっていねーよ」
「? どういうことですか?」
「気になるなら、ロリに直接聞いてみな」
「えっ、生理的にイヤなので結構です」
「だってよ。ロリ」
「傷つくなァ」

 オレたちは嗤う。

「ロリ、ついでにもうひとつ、聞いといてやるぜ」
「はいはい、なんだーい」
「テメェ、ズルはしてないよな?」
「してないよ。ボクたちの能力はまぎれもなく、キミ達に準拠しているのさ」
「それならオッケーだ」
「…だから、どういうことなんです?」
「さっきも言ったろ。ロリに直接聞いてみろって」
「お断りします」

 ハルが即答する。声だけの存在はもう一度「傷つくわぁ」と言って笑っていた。

「あっ、そろそろマッチングモードに移動しそうですね」
「いくか」

 これ以上なく、最高の気分だった。



//image bgm
//Craig Meier - One For All

 一戦目、二戦目。共に勝利した。

 仮想現実のひみつきちの中を「GG《Good_Game》!!」という称賛のメッセージが飛び交って、花吹雪のエフェクトが咲く。

「残すところ、あと1戦となったな」

 少し水を飲んで休憩している間に、改めて自分たちの成績、および順位を確認した。

Team『V-Tryer』:

 69戦61勝8敗 暫定順位53位。

 【KING】の称号を獲得できるのが、上位50チームのみということで、本当にギリギリ足りてない。

 あと1勝すれば、間違いなく、取得圏内には入る。ワンチャン、他の上位チームが敗北して、繰り上がりになる可能性もなくはない。

「フッ。愚問だとはわかっているが、一応、聞いておこう。最後の1戦、どうする?」
「いくでしょうとも!」
「んー、やるしかないってやつだねー」

 三人とも、引く気は皆無だった。世界に渦巻くコメントも、最高潮に盛り上がっている。視聴者の一体感が増し、加速する。

「いいだろう。では、共にいこうか。諸君」

 スマホの充電と、回線の調子を確かめたあと、ふたたび『フェスティバルモード』を選択する。


 【対戦相手を探しています…】


 少し、時間が掛かった。すでに俺たちはランカークラスの位置にいるうえに、最終日のこの時点で、残る試合を消化していないチームはけっして多くないからだ。しかし、

「…決戦に相応しい舞台は整えてやったぞ」

 俺は確信していた。

「さぁ、かかってこい」


 【対戦相手が見つかりました】



 『V-Tryer』 VS  『All for one』

 69戦61勝8敗  69戦69勝0敗

 Rate:2390      Rate:2573
 53位        1位
       


 【キャラクターピック画面に移行します】



 来た。
 まるで示し合わせたように。

 単なる乱数による調整を、操作された運命だと信じる。

 おろかな人間たち。

 システムに則った法則であると知りながら、それでもごく稀に、本当に、この世界には、人間の意識を超越した『なにか』が存在しているかもしれないと思ってしまう。

 巡り合わせ。運命。この瞬間にしか、ありえなかった。
 感慨という名の幻想。
 中途半端な知恵を獲得した生命が拠り所とする糧。


 テメェらの生は、勘違いの連続だ。


 どうしようもない、日々を経過するために。偶然に期待して、かろうじて、生きている。死なずにすんでいる。


 本当に、楽しそうな顔しやがってよ。
 せいぜい楽しんできな。myself.



【システム:ダイスロールを実行】
【キャラクター取得の先行が『All for One』に決定しました】

【チーム『V-Tryer』は使用禁止キャラクタを選択してください】
【有効時間:30秒】

 マッチング画面。今のゲーム環境に強いヒーローと、相手の得意なヒーローを使えなくするように『バン《BAN》』する。

 個別プレイヤーへの対策をするなら、オレがもっとも得意とする『スカーレット』を封じるのが上策だろう。

「風見さん、こっちのターンは、リンディスを封じたらいいですよね?」
「まぁそうなるわな」
「ピック候補は、ブザーちんが次点で得意なジャングラーからでいいのかな?」
「たりめーだろ。おまえらは後回しだよ」
「はい。後回しで全然いいですっ」
「はいはい。信者乙~」

 そうこう言ってる間に、バンできる有効時間が減少していく。

「…あれ? 迷ってるんですかね?」
「みてーだな」

 なにか他のことを警戒してるのかと、若干訝しんだ。すると、

【タイムオーバー。禁止されたキャラクタはありません】
【チーム『All for One』は、キャラクタを選択してください】

「おやおやおやぁ? まさかの時間切れ?」
「回線トラブルでも起きたんですかね?」
「……いや……」

 自分の口元が、ひどく歪むのを感じた。

「おいロリ。先手譲ってやる。テメェが選びたいの取れ」
「およ、いいのかい、ブザーちん?」
「おう」
「じゃあ遠慮なくぅ~」


【キャラクタ『キュベレー』が選択されました】
【続けて、使用禁止キャラクタを選択してください】


「リンディスですよね?」
「いや、なにもしなくていい」
「え、でも…」
「いいから。だまってオレの言う通りにしろ」
「はい。わかりました」
「信者乙」


【タイムオーバー。禁止されたキャラクタはありません】
【チーム『V-Tryer』は、キャラクタを選択してください】
【キャラクタ『セイバー』が決定されました】


「…これ、もしかして」
「あはっ! お好きなのどうぞ。だってよ」


【チーム『All for One』は、キャラクタを選択してください】


「ハル。取りな」
「承知しました。そういうことでしたら」


【キャラクタ『アテナ』が決定されました】
【続けて、使用禁止キャラクタを選択してください】

 ―――――。

【タイムオーバー。禁止されたキャラクタはありません】
【チーム『V-Tryer』は、キャラクタを選択してください】
【キャラクタ『シャナ』が決定されました】

 ―――――。

【チーム『All for One』は、キャラクタを選択してください】
【キャラクタ『スカーレット』が決定されました】
【続けて、使用禁止キャラクタを選択してください】

 ―――――。

【タイムオーバー。禁止されたキャラクタはありません】
【チーム『V-Tryer』は、キャラクタを選択してください】
【キャラクタ『リンディス』が決定されました】

 ―――――。

【チーム構成が決定しました】

『V-Tryer』

 ↑↑↑HAYATO↑↑↑
  リンディス

 Sorano_Sakura
  セイバー 

 Clock Snow
  シャナ


『All for One』

 xxXBuzzER-BEateRXxx
  スカーレット

 loli is justice
  キュベレー

 Fujiwara
  アテナ


【以上の6名で、ゲームを開始します】



「さぁ諸君。フィナーレだ! いくぞッ!」
「うん、みんなで勝つよ!」
「んん…いっちょやったりますかぁ」

「いくぜ! 勘違いした偶像共の目を醒ましてやるッ!」
「…貴女の指令を遵守します」
「いいねいいねぇ、アガってきたよぉ~!」


【レジェンド・オブ・アリーナの世界へ、ようこそ】
【両チームのミニオン展開まで、あと5秒】

【GAME START】
【to All Brave Heroes. glory of victory in your futures!!】
sage