トップに戻る

玉匣の姫 (イチロさんは…)
草木

草木

三日目の朝です。
ミコさんは草と向き合って合掌しています。
とてもいい笑顔です。

ミコさんは構えました。
草も呼応するように構えます。

ゆっりとミコさんが突きを繰り出します。
ガサっと草の体に突きが入ります。
草がミコさんに突きを返します。ミコさんはそれを払い除けます。
組手を始めたのですね。

ミコさんが足払いを入れます。
草が返します。ミコさんは払い除けます。

こうして10分もするころには草はミコさんの動きを覚えたのか全ての
技を払い除けます。
ミコさんは満面の笑みで次々新しい技を繰り出し、返しには払いで応
じ、技には払いで応じられることを確かめていました。

額に汗をびっしり浮かべ、組手を終えます。
構えを解き、合掌しました。
草もピッタリと同じ動きをします。

四日目の朝です。
草は既にヒトのカタチになっています。

ミコさんがやって来ました。
その姿を忘れません。
爛々と輝く瞳。紅く漲るような頬。口元には微笑み。

ああ。避けては通ることのできないところへ差し掛かったのだ。
二人はコブシで語り合う時が来たのだと悟りました。

よく見ると草にも変化が。
ところどころにツボミが綻び始めているのです!

沈黙。相手を正面に、合掌。そして構え。
次の瞬間。激しく打ち合うふたり。

攻めれば、受け止め払い除ける。
掴みに掛かれば、流れるように透かす。
一進一退の攻防が続きます。

ケモノのように激しく草木のようにしなやか。
まあ事実ケモノと草木なのですが。
おっと。ケモノの僕が言うことじゃありませんね。

勝負は互角!先行きが見えない!
あ。お話はもちょっと続きます。

トップに戻る

Tweet

Neetsha