メモリーズ **ちょっとえっちっぽくなってるので自己判断でお願いします。

メモリーズ 1

姫の手は柔らかく。ドキリとした。
吊られるように立ち上がるとそのままニ、三歩行く。
気づくと闇の中だった。

姫の姿だけが真っ暗な背景に不自然なくらい
はっきりと見える。

「こうでもしないとふたりきりになれなかった。
急なことだらけで困惑しているだろう。
でもこれだけはわかってほしい。
イチロー様に会えて良かった。
会えたのがイチロー様で良かった。」

そう言うと凭れ掛かり腕でぎゅっと抱きしめるのだった。
柔らかい重み。小さな震え。髪の香り。
安堵。抱擁。甘美。

ひとりでに腕が伸びてゆく。
自分の意思を超えた何かが全身が包みそのように振る舞う。

いままで感じもしなかった思考の壁を見た。そしてそれは何の意味も持たない。

手が止まらない。

コワイだとか、妙だとか、誰に対しての言い訳なのか。心の中の声がだんだん聞こえなくなる。

姫の形を確かめるように右手がゆっくりと彼女の背中を行く。
指の動きに合わせるように彼女は體をよじる。
小さく開いた口からもれる息が胸にあたって丸い熱のスポットをつくる。心地良い。

青く滑らかな頬を両手で包み顔を持ち上げる。
薄く開いた眼。視線が重なる。
少し笑うと瞼が閉じた。

彼女の顔が近づいてくる。下唇の質感に吸い寄せられるように身を乗り出す。胸元に当たっていた熱のスポットは今は頬に当たっている。心地良い。

唇が触れた瞬間少し躊躇うが、止まることなく重ねあう。
頭の中なのかそれよりはるか上の方なのか、「甘い」という感覚が生まれ全身に流れる。

ぼーっとしたまま開いていた唇の隙間に彼女の舌が侵入してくる。それは口の内側の何かを探すように這い、遂に舌先と触れ合った。

「あ。」と小さく声が漏れてしまう。「甘い」感覚は止まらず身体が震える。
快楽を求めて舌と舌が絡まり合いねっとりとした音が身体の内側に響く。

唇が離れて「はあ。」と大きく呼吸する。ふたりは笑う。

ジャージの胸元の隙間から覗く丸い膨らみ。
裾がはだけて少しおなかが見える。
しどけない姿。

揺れている小さなファスナーのつまみに手をかけ、わずかに引き下ろした。
驚いたことに、姫は少し困ったように「あっ。」という顔をした。