メモリーズ **ちょっとえっちっぽくなってるので自己判断でお願いします。

メモリーズ 1

姫の手は柔らかく。ドキリとした。
吊られるように立ち上がるとそのままニ、三歩行く。
気づくと闇の中だった。

姫の姿だけが真っ暗な背景に不自然なくらい
はっきりと見える。

「こうでもしないとふたりきりになれなかった。
急なことだらけで困惑しているだろう。
でもこれだけはわかってほしい。
イチロー様に会えて良かった。
会えたのがイチロー様で良かった。」

そう言うと凭れ掛かり腕でぎゅっと抱きしめるのだった。
柔らかい重み。小さな震え。髪の香り。
安堵。抱擁。甘美。

ひとりでに腕が伸びてゆく。
自分の意思を超えた何かが全身が包みそのように振る舞う。

いままで感じもしなかった思考の壁を見た。そしてそれは何の意味も持たない。

手が止まらない。

コワイだとか、妙だとか、誰に対しての言い訳なのか。心の中の声がだんだん聞こえなくなる。

姫の形を確かめるように右手がゆっくりと彼女の背中を行く。
指の動きに合わせるように彼女は體をよじる。
小さく開いた口からもれる息が胸にあたって丸い熱のスポットをつくる。心地良い。

青く滑らかな頬を両手で包み顔を持ち上げる。
薄く開いた眼。視線が重なる。
少し笑うと瞼が閉じた。

彼女の顔が近づいてくる。下唇の質感に吸い寄せられるように身を乗り出す。胸元に当たっていた熱のスポットは今は頬に当たっている。心地良い。

唇が触れた瞬間少し躊躇うが、止まることなく重ねあう。
頭の中なのかそれよりはるか上の方なのか、「甘い」という感覚が生まれ全身に流れる。

ぼーっとしたまま開いていた唇の隙間に彼女の舌が侵入してくる。それは口の内側の何かを探すように這い、遂に舌先と触れ合った。

「あ。」と小さく声が漏れてしまう。「甘い」感覚は止まらず身体が震える。
快楽を求めて舌と舌が絡まり合いねっとりとした音が身体の内側に響く。

唇が離れて「はあ。」と大きく呼吸する。ふたりは笑う。

ジャージの胸元の隙間から覗く丸い膨らみ。
裾がはだけて少しおなかが見える。
しどけない姿。

揺れている小さなファスナーのつまみに手をかけ、わずかに引き下ろした。
驚いたことに、姫は少し困ったように「あっ。」という顔をした。
メモリーズ 2


その表情の先にあるものが見たい。
視線を逸らさずファスナーを降す。

じじじと、小さな音を立ててファスナーが開く。
彼女は顔を背け、横目で見つめ返す。
素肌が広がるたびに彼女の呼吸は乱れ胸が波打つ。

ファスナーを降ろし左右に開くと上半身が露わになる。
恥じらい。だろうか少し前まで全裸で平気だったというのに。
いまは視線を逸らし伏し目がちになっている。
いや。これから始まることへの想像がそうさせているのかもしれない。

腹部に触れる。ぴくっと震える。
柔らかい。へそがあることを不思議に思いながら胸元へ向けて手を滑らせる。
微かに声が漏れるのが聴こえた。

弾力のある丸いかたまりに行きつくと沿わせるように手のひらで持ち上げる。
「あっ。ああ。」抑えようとして思わず漏れる声に戸惑っている。
しっとりと絡みつく感触。しだいに乱れてゆく表情。體。

抑えられない気持ち。鼓動。奔放に動き回る手。自分の意思を離れているようであり、その全てを五感を通して楽しんでいる。

「ああっ。ふ。わあああ。まって。まって。」

丸い弾力の頂点の小さな蕾みに指が触れる。
待っていたかのように體が大きく揺れる。嬌声。
「待って。」
姫の手がどてらの袖を引っ張る。
するりと袖を引き抜きどてらを捨てシャツのボタンを上から外す。
姫の手を取り、自分で服を脱ぐ。

カラダを密着させる。
ほっとしたような。反面昂ぶったような。
こんなに自分の鼓動を意識することも無かった。おそろしく早い。

肌を通じて感じる。熱。発汗。鼓動。
(バレバレだけど誤魔化すように)
眼の前の耳を舌先でなぞる。
「あああああ。」大きく響く声。

また、頭の中で何かが吹き飛んだ。こんなにキモチがいいのなら。こんなに求めているなら何をしたって構わない。

耳を激しく舐め回す。
「うわあああ。ああぁっ。あっ。」一層激しくなる声。
同時に左の手は新たな欲望に目覚める。
胸から腹を伝ってヘソを撫でまわす。
そこから指を滑らせさらに下へと降りてゆく。
ジャージの隙間に手を滑り込ませゆっくりと撫でながら下へ、下へと進む。

肌とは違うざらりとした感触に行き着く。
あの陰りの間近に来ている。
「はあっ。は。あ。あ。」
ねっとりとした液体が茂み絡まりついている。
姫の眼をじっと見つめる。
荒くなった息を吐きながら空ろな視線が漂っている。
指を進めると一層ぬるりとした感触の縦に走る溝に行き着く。

ああ。これが。

よく滑る指先で彼女のそれを往復する。
「あっ。あっ。あっ。」と小刻みに震える様子に愛おしくなり口づける。
「ん。あぁああ。あっ。」
柔らかい襞の上を何度も何度も往復する。  

「ん…。ん。あ…。ああっ。ん。あん。あ。あはあ。ああ。あ…あ…」
言葉をわすれたように、ただ声が漏れているように、リズミカルに、高くなり低くなり、大きく、小さくなる。

「まっ…て。イ…チロ…。」
「うん。それがいい。」待たない。止めない。
「え…?えっ。んあ。」
「イチローでいい。様はいらない。」
「イチロ…。イっチロー…。イチローぅ。」
そうだ。こんなに近いのに感じてた距離はこれだったのだ。
「君は?」指を止めないで聴く。
「ん…。ん…?んん。なに?」エッチな音を響かせながら。
「君を何て呼ぶ?」ちょっとキスする。
「…。ンン。あ。あン。」
「うん。”アン”ね。」からかい半分で言う。
「ん。ああ?あん。ちがっ。ん…。ちが…はぁ。はぁ。イチ。ロが、あぁん。イチロっが。つけて。」

「うん。」かわいいなあ。かわいくって指を止められない。
「でも今は、”アン”って呼ぶね。」
「うん。あッ。あッ。あっ。あっ。あっ。あっ。ああああ。」
激しく身震いした。ガクガクと身を震わせ、そして脱力した。
はあ。はあ。と肩で息をしている。
アンは、果てた。

自分の内に感じたことの無い喜びが生じた。

そして気づいたことがある。俺はずいぶんおしゃべりだった。
sage