“夜”

「なにかの重みで」


なにかの重みで、
この夜は圧しひしがれている
冷たい垂れ幕の奥で鳴りひびく、
遠い回想にとりまかれている

すると声がする――いくえにも閉じた窓の向こう、
夜の重みを手に支えながら、
秋の老木のように身を震わせる、
ざわめく声の持ち主たちが、私を呼ばわり戦慄させた
冬は白い、だが記憶の中では、それはつねに仄暗かった

すると声がする――意識をななめに切り裂く声が、
凍える手のひらで踊る声が、
だれか、女が残していった、
恨めし気な口付けの雪のような感触は、
雲の裂け目から漏れくだった、歌のように部屋をとりかこんだ

ベッドスプリングはきしむ
扉はしめやかに秘密を守る
木漏れ日のように舞い下りた鳩は、
まぶたの端で消えていた

すると私の声がする――
なにかの重みで圧しひしがれた、
この夜と地面とにできた隙間に、
わたしは朝日の一筋となって、うずくまりつつ
しのびやかに滑りこんでゆく、
今日という日を眠るために


「疾走」


沈む太陽を月は見つめる
夜はふくよかな肢体をのべる
流れる星の冷ややかな速度に
わたしの涙は追いつかない

さようなら、きのうの誓いよ
さようなら、こぼれた期待よ
気まぐれで軽はずみな優しさのすべてが
リア・ウィンドウの向こうに散って行く

ツマミをまわせば、期待外れの流行歌手が
うがった歌で口を出す
走行距離表示のふくれあがる数字に
いまさら引き算は通用しないと

二本のワイパーの拒むような手つきは、濡れたガラスを行き来して
落ちつきなく揺れる風景の線を、つぎからつぎへと拭い落とす
ラジオ・パーソナリティがたわむれに傾けた小箱から
なくした指輪の真珠のような、砕けた星々がこぼれ落ちた

一体どこへ導くの? テールランプのこの果てない行列
ほどけたネックレスのきらびやかさで
星座のひな型でもつくるつもり? けれどもそれは結局のところ
色あせた写真を上塗りだなんて、気の利いたまねはしないだろう

吹きすぎる夜は髪を乱れさす
月はあけすけな欠伸(あくび)をもらす
のぼる太陽の軽やかな速度に
わたしのため息は追いつかない


sage