迅雷の章

 我らが神よ、ご覧あれ。



 名誉と誇りの為に闘い、野良犬の餌となった誇り高き戦士たちの躯を。



 異教の預言者よ、叫びたまえ。空と大地が血に染まり、闘争の中で鳴り響く軋んだ車輪の音を。



 彷徨う詩人よ、語りたまえ。嵐が吹き荒れ、雷が轟き、百万の敵軍を震撼させた、我らの姿を。



 戦場に立ったとき、左手に盾を、右手には剣を持ち、私は天に向かって咆哮した。



 同時に、雷光は煌めき、敵軍の旗を一瞬のうちに燃やし尽くした。



 味方の勝鬨と共に、世界を統べた千年の帝国が崩れ去る音が聞こえた。



 血しぶきの中で命を散らした味方の躯を踏み越え、勝利の栄光を掴んだ同胞よ。



 汝らに、慈悲深きバアルの加護があらんことを。