トップに戻る

 白色の煙が漂う中、コバックスは千寿の月を見上げていた。



「今日は仕事にむかん夜だ。明るすぎる。」



「私もそう思っていた。師よ、お陰で貴方を仕留め損なった。」

「言うようになった。」



 シグレもその場所に腰を下ろすと、コートの袖から折れた短槍を取り出し、コバックスに放った。

「貴方はまだ現役だ。私の突きをいなしつつ、短槍を圧し折った。」



「その技なら、お前にも教えた気がするがな。また、昔のように修行が必要か?」

「遠慮する。それに、またどこかへ突然消え去っても困るからな。」



 シグレは皮肉交じりに笑った。



 シグレが十三歳のとき、コバックスはシグレの元から去った。



 シグレから、父に対する情を向けられたからだった。厳しい世界生き抜くには、冷酷にならなければいけないことを話し、五年間、一暗殺者として育ててきた。



 父、と呼ばれたとき、嬉しさより失望の方が勝った。妻を失ってから、暗殺者に肉親の情は不要と、当時のコバックスは感じていた。



「俺がいなくなったあと、どうしていた。」



「さあな。むしろ、貴方に聞きたい。私がどこかで野たれ死んでいるとでも思っていたのか?」



「いや。俺はてっきり、また糞尿に塗れて泣いているのかと思っていた。」



 同じく皮肉まじりに笑ったコバックスは立ち上がると、睨みつけているシグレの視線に背を向けた。



「風がでてきたぞ、シグレ。あと半刻ほどで、月が隠れるかもしれん。」



「今度会ったときこそ、仕留めるからな。」



「それは楽しみだ。」

 コバックスは微笑むと、月明かりの下をまた歩き出した。

トップに戻る

Tweet

Neetsha