「主の目には、彼は不毛の地に芽を吹いた様に見えた。



 それはまるで柔らかな新芽のよう。



 私たちの目には心引かれるものは何一つなく、慕うようなものはない。



 私たちは彼をさげすみ、受け入れなかった。



 彼は悲しみの人で、苦しみをなめ尽くした人だった。



 私たちは彼に背を向け、そばを通っても顔を逸らした。



 彼が侮られても、そ知らぬふりをした。



 しかし、彼は私たちの悲しみを負い、私たちの嘆きを担った。



 彼がそんなに苦しむのは、罪を犯して神に罰せられているからだと思った。



 しかし、私たちの罪のために傷つき、彼は血を流した。



 彼は私たちに平安を与えようとして、進んで懲らしめを受けた。



 彼がむち打たれたので、私たちは癒された。



 私たちは神の道を離れ、羊のようにさまよい出て、自分勝手な道を歩いてきた。



 しかし神は、私たち一人一人の罪を彼に負わせた。



 彼は痛めつけられ、苦しみ悩んだ。



 それでも、ひと言も語らなかった。



 まるで子羊のように大人しく屠り場へ引いて行かれ、毛を刈り取られる羊のように。



 そのとき、非難を浴びせる者たちの前に、彼は黙って立った。



 人々は彼を裁判にかけ、刑場へ引き立てた。



 果たして、彼が死ぬのは自分たちの罪のためであり、身代わりに罰を受けて苦しんでいることを知っていた者が、その時代にいただろうか。



 彼は罪人扱いを受け、富む者の墓に葬られた。



 悪いことをしたわけでもなく、悪いことばを口にしたわけでもない。



 彼を傷つけ、悲しみで満たすのは、主の計画だったのだ。



 罪の赦しのためのささげ物として、その魂を捧げるとき、彼は多くの子を見ることができる。

彼は復活し、神の計画は彼の手によって成し遂げられる。



 彼は、自分の魂が苦しみもだえた末、神の御業が実現するのを見て満足する。



 私の正しい僕はこのような苦しみを経験して、多くの人を神の前に義とする。



 彼が人々の罪をすべてになうからだ。



 それゆえ、私は彼に、偉大な勝利者としての栄誉を与える。



 彼は進んでいのちをささげたのだ。



 彼は罪人の一人に数えられ、多くの人の罪を負い、罪人のために神に取成しをした。」