理解と納得を胃袋に

胃袋を裏返し世界を手に入れる?、

食べる事は
胃袋に入れる事…ですかね?

つまり?

おぇぇぇれれれろぉぉおお的な

胃袋吐き出す

こうして胃袋を出しますね?

ええー??

そして…

胃袋に中指の爪で切り目をいれる

やめときなよー、いたそー、、

こうして胃袋を…!!
!!裏返す…っ!!!!

??????

こうした事で私の胃袋、
ウチと外は反転しました!、

??つまり???

ええ!
世界そのモノが私の内側
世界は食されまして!!!!

????????

おわかりいただけましたか?

全然、

この世界の持ち主になりましたニヤ

あー、なるほどねぇ
それおもしろい考えだねー痛そうー

いいえ、冗談では終わらず
貴方は私の妄想を理解してしまった

??つまり??

貴方と私の間では見える世界を共有する事になりました
つまり貴方は世界が私のモノになったことを意識してしまう

生きてる全てのモノに同じ世界がみえてるわけではありませんからね

なるほどつまりは基準とされる世界は常識という概念を多数が共有意識する事でその形を保っていると?

んー上手く説明できませんね
まぁ端的に言えば私と貴方の中で、
世界の所有権が私にある事が常識と理解された訳なのです

なるほど??まぁ理解はできないけど

次は否定ですか?いけず!!っとか言ってみたりして

わからん、で?2人だけが認知する世界で所有者つまり神さまになった訳だ

神さま…ですか、あんましっくりこない表現ですが利便上その神という言葉で代用する事にしましょうか

ウルトラハッピーな笑顔的スマイル

そろそろ幕も閉じるけど
カーテンコールから僕達は2人だけど
なんの設定も情報もない
神になった君は何がしたい?

この物語を幕と?劇に例えますか?
まぁ台本すらありませんでしたが
閉幕は笑顔が好みで?

幕と例えるのは僕達の存在や会話、この画面に起こる出来事が浮世離れしてるから、

浮世離れと言うのなら隠り世、夢がお似合いでしょう

夢?あー、たしかに夢と言うのなら納得もしようか

そこは理解という言葉を使ってくださればよろしいのに…

話をそらすな、結局は夢なのか?

ええ夢ですとも、悪夢と捉えるかは貴方次第です

別にこんな文字にすら起こせないような流れ、悪夢とも言えんし起きたら忘れるよ

なら覚めなければ?

さきほど閉幕は笑顔が好みとか聞いてきたのは君だろう?

ええ、ですとも夢だからと言っても覚める事で物語を終わらせるのもありきたりでしょう?

いやいや、夢から覚めず終わってしまえば僕は起きる事はなく寝たままになってしまう

投げられるよりはよろしいかと

メタいな、創作物と自らを例える以上はこうなるのも必然なのかもしれないがね、さて夢から覚める事がないとなれば僕はこれから永遠にこの夢で暮らす事になってしまうんか…

理解しましたか?

納得はしてないがな

どうしましょうね?
設定、後ろ骨がなければそもそも貴方は現実を知らない

まぁ夢の中というのならこの物語の世界には現実もあるという事にはなるがね

でも可笑しくありません?夢を見てるの筈なのに現実がないって

そりゃ現実に関して書かれないなら仕方ない

いいえ、そうじゃなくて
貴方にとっての現実って何になります?

そりゃ覚めた後の世界だろう?

覚めないのに?

まぁ見える事のないモノなら存在しないのと同じかもな

ええそこでこの物語の冒頭、理解と世界の構成ですよ

あぁ個人が見せてるモノは個人の理解でなりたつというヤツな

なんだ、わからないといいつつも自分なりに噛み砕いてるんですね

まぁ電波やサイコを相手に真面目になるのも馬鹿らしいとは思うが、この先永遠に夢の中で君と2人のようだからな

ええ、2人です
ですが1人です

??えー、、やっぱりわからないわ

これは簡単で単純ですよ

ほう、説明してみな

私は貴方の夢の中の登場人物なので
実際は貴方1人なんですよ

ウルトラハッピーな笑顔

なるほど、確かにわかりやすい、
君が俺が好みの外見なのも納得のいく話だ

そうですね、
そーいえば私、この世界の神さまになったじゃないですか?

そうだったな
ん?
でも君は俺の夢なんだから実際は
俺が所有者なのではないのかな?

いいえ、
この夢の開幕直後はそうだったかもしれませんけど今はこの夢は私の胃袋の中です

えーなんで夢の分際で俺から世界の主導権とか奪っちゃうんだよ

そんなこと言われましても
貴方が望んだからじゃないですか

なるほど

でも私の所有者は貴方のままですよ?

やったぜ

物語も長引いて
会話の癖や性格、世界観、キャラも定まってきましたね?

じゃあ俺らにも名前そろそろつけようぜ

ええそうですね
私は夢なんで夢子と

じゃあ俺は夢を見てるんで
夢男と名乗ろう、

しかし残念、私達が名前を授かったばかりですが閉幕までもうすこしですね

覚めるのか?

いいえ覚めませんよ

わかった、、
じゃあ最後に聞いていいかい?

ええ、よろしくて

結局、君が神になってやりたかった事はなんだったんだい?

それは…設定すらなかったもので
決まってませんよ

ええーっ

では私からも再度質問、
閉幕は笑顔が好みで?

もちろんさ
ハッピーエンド厨ばりばりな俺だからな!とくにイチャラブエンドは最高だぜ!

…気持ち悪いですね

おい、君は僕の夢なのになんて口を聞くんだい?

ええ私の所有者は貴方様です

様!?

ですから仕方なく貴方言うこと聞きますわよ

??つまり??

このまま貴方と私でこの世界、覚めぬ夢でいちゃらぶ?ハッピーエンドです

えー

なにか不満でも?

自分の夢と愛し合うとか自慰の延長でしかなくないか?

明晰夢とでも思ってください

んー

わかりました、そしたらこの世界は現実です

いや夢だろ?

いいえこの世界の所有者は私、
つまり私の望んだ形になります

俺が納得してないんだが

なら夢主を納得させてしまいましょうか

おう、やってみてくれ

まず私達は覚めぬ夢にいますね?

うん

そして閉幕は間際

そうだ、だから簡潔にたのむ完結だけにな

くそつまらないですねー
まぁ一生一緒にこの夢で暮らすのだから割り切りましょうという話です

無理

いいえ、貴方も私も現実という認知より夢での会話のが描写が長いわけです

そうだな、そもそも現実すらこの物語には存在しやしない

そ、現実は無いんです

なるほど

つまり此処は作中で夢と名付けられただけで私達にとっては紛れもない現実なのではないでしょうか

よくわかった、
ありえないと言う常識知識を消して
この物語では全ての異常が俺達登場人物にとっては常識としてしまえばここはこの物語にとっても現実になるという事な

ええですから神としての私の権限で現実の情報は消去します

記憶が無くなったなー

白々しいですがいいでしょう
それでは終幕

おう!

その後2人は覚めぬ現実の世界で
イチャラブエンドです、

終わったぜ