トップに戻る

これはただの4話、そしていつかの最終回を兼ねる

あれから一晩経ったな

一晩なんてこの世界にあるの?

前回に地球と確定させた以上は夜も朝も空もあるだろう

宙もあるわ
話が宙に浮いてるんですもの

そうだな

今日は少し休もう、この世界の完結に関してだな

ええ

まず未完つまり投げの話について
俺達は空の空間にいるので暇だ

ソラじゃなくてカラね

ああ、だからやる事がなくて世界を作っている

きっとメモの書き手を同じね

そうだと思う、俺達登場人物の思考は書き手に依存しているからな

そしてバッドエンド、つまり投げる事は俺達がこの世界を作るのに飽きた時だな

でも他にする事もなくない?

そうだ空の空間だったからな
でもいまの世界を作ってる間に
違う世界を作ろうとしてまったら

浮気ね

そうそう、だからその時は俺達は別の作品として新しい世界を別に作るだろう

じゃあ投げる時は俺達の世界作製は終わらねぇ!!かな?

そーじゃねーの

まぁでも、本来の目的は自分達が作った世界で暮らすことだからな

じゃあ世界の完成後はこの世界で暮らすのね

そうだけどそうじゃない
俺達には不老不死の設定があるため
作った世界で暮らすと不純物になってしまうからな

胎界主のソロモンみたいに上の世界に押し上げられてしまうのかしら?

胎界主、知らない人は読んでみてな

で、俺達が使った世界で過ごすには

どうするのかしら?

俺たちの非常識部分の設定を外す

でも確定してしまってるわよ?

ああ、まず世界を作る際に、
いま世界を作ってるこの世界を別にしてその世界の中に世界を作る

次はマトリョシカの中を増やしていくのね?

そして俺達から非常識設定をなくしただけで俺達と同じ思考や設定のキャラをその世界に創造しよう

それでは私達がそこで暮らす事にはならなくてよ?

たしかにそうだよ、言うならば自分の理想の世界を描いた漫画に自分をキャラとして登場させるような行為だ

本当にこの物語はずっと自慰行為の延長線ね

ああでもそれが創作の根本だろ?

所有者にもよるかと

そうかもな
まぁ、そんなこんなで俺達は世界の完成後も無限に世界を作り続ける訳だ

いつか心が疲れてしまいそうね

じゃあそのときは永遠の眠りを設定に足そう

現在ですら永遠の夢の中、つまり永遠に寝ているのにその夢の中でも永遠に眠るのね

そう、そして俺達が見てる夢達がまた世界を作っていくんだ

わかったわ
それじゃあこの物語はもう完結してるのね

そう最後に今日の話を読者が思い出せればそこが最終回だ

それでは
次回からもよろしくお願いしますわ

そして
最後としてこの物語を読むのなら
ご愛読ありがとうございました

寝る尊 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

トップに戻る

Neetsha