トップに戻る

〜後日談〜

 後に、キッチンカウンターの下で 座り込んだ状態で意識が戻った時に 手に持っていたピンクの半透明のクリアファイルは、ダンスの曲の歌詞が書かれたプリントに、振り付けを書き留めていた紙を入れていたものだと思い出した。
空っぽになったそれを手にしていた時は、なんか見たことあるファイルだなー…としか思わなかったし、長らく思い出せずにいた。
中身は今も見つかっていない。おそらく、記憶をなくした状態の時に自分が捨てていたんじゃないかと思う。
  なぜなら・・・

 父が亡くなる前から通っていたダンススクールは厳しめで、次々と新しい曲の振り付けを覚えなくちゃいけないので、大変だった。
覚えてしまえば とても楽しいのだが、覚わるまでは、神経がキュウキュウと縮む思いだ。
このピンクのクリアファイルには、振り写し途中のメモ書きをした歌詞のプリントを入れていて、覚え終わるとブルーのポケットファイルに入れ替えていた。
振り写しが完成したブルーのファイルの方は今も中身が残っているが、書きかけの、これから覚えなくちゃいけないプリントだけがない。

記憶を失くし、苦しい本心のままに行動した私が、私の知らない間に捨てたらしい・・・・・
そう思う事象がもうひとつある。

保険証券が保管してあったファイルからも、証券がなくなっていた。
空っぽになったファイルポケットに、油性マジックで意味不明な走り書きがしてある・・・・・

度々来る追加の契約の勧誘やら、保険内容の確認書類の保管やらで、以前から嫌気が差していた。
保険なんか入らなければ良かったと思うくらい 面倒臭くて…
そんな私の本性が暴走して捨ててしまったんだろうなー…と、思う。
こんな変な走り書きをするのは、狂った私しかいない。

トップに戻る

Neetsha