視力がそこそこ回復してきて鏡を見ると、殴られた後のような怪我をしていた。閉鎖病棟の鏡で見た青や紫の色は自分の顔のアザだった。
鏡像が歪んで見えていたので顔面の腫れには気づかなかったし、体中の痺れ…特に顔がずっとしびれていたので痛みは感じていなかった。
殴られた覚えはないのに・…・何されたんだろう 何があったんだろう 私が何かしたのだろうか・・?
   ーーー記憶を失っている間に私は、 私は、いったい・・・・

「病院で何された」と旦那が聞いてくるが・・・・・旦那の話だと、入院に必要な荷物を持ってきた時に顔に大怪我しているのを見たらしい。
私は帰るこの日まで閉鎖病棟内で旦那に会った記憶はないが旦那は見たと言う。
最初に見た時は、怪我がもっとひどかったのだとか。

「看護師に顔、どうしたんですか?ってきいたら、自分で畳の所で転んだって言うからー…転んだくらいであんな怪我するわけ無いだろって言ったら…なんかしどろもどろになって・・・おかしいと思って・・・」
家で旦那がそう話してくれた。それで迎えに来たんだと。あの時、診察室であんなに怒っていたのはそういった経緯があったらしい。
「でも、強制入院なんだろ?見た日は帰ったけど・・・、」

強制入院だと思ってその日は帰ったが、後日、「取り戻しに行ってくる」と、会社に休みをとって迎えに来たんだとか。
私を連れ戻しに行く事は旦那にとっては決死の奪還作戦だったよう。