後に“医療措置入院について”というタイトルのピンク色の紙が家にあるのを見て、これがいわゆる強制入院だということを知った。
本人や家族の同意なしで入院させられますとか、不当勾留の申し立ては都道府県都知事を通して厚生労働省に(逆だったかも)できます、みたいなことが書かれていた。