Neetel Inside 文芸新都
表紙

脳内麻薬が氾濫したら・・・
高揚と不安の乱れ打ち

 退院数日後だろうか・・・自宅でやたらと良くしゃべる。
家族といると・・・いや、一人の時も。
誰に話しかけるという訳でもなく、ずっと一人しゃべり続ける日が連日あったりもした。
「頼むから3時までは自分の部屋から出てこないでくれ。眠れない!」と息子に言われだした。
夜中も寝ずに一晩中独話が止まらないのだ。誰も聞いてないのにものまねをして自分ウケして、ダジャレを言ってはまた一人で爆笑・・・

コレを朝まで。日中の記憶が飛んでいるのは合間、合間で眠ってしまっているのかもしれない。
表紙
Tweet

Neetsha