悪化

 恐怖感が募る…父が亡くなって以来、・・・救急車のサイレンが聞こえてくると・・・
家族の帰りがいつもより遅いと・・・・・心臓がドキドキしてどうしようもなく怖い・・・・・・
不意に鳴った電話の呼び出し音に極端に驚いて、悲鳴を上げながら反射的に電話をカウンターから叩き落としたこともあった。
ここまでならまだ万人に理解してもらえるのだろう…か・・・・?

 恒常的に恐怖感を感じながら、記憶の継続性を欠き、高揚感と不安・焦燥感を繰り返しながら、おかしな妄想、思い込みも激しくなっていった。
 突拍子もない、他人には理解できない理論(今の自分でも理解できない)空想に振り回され、数々の奇行に及んだ。

・今夜、◯時に巨大地震が起きる。と思い込み、避難に持ち出すための荷物をまとめたり、浴槽いっぱいに水を張ろうとした。→時間が過ぎても何もおこらず、自分がおかしいと十分くらいで気付く。

・人が助けにやって来るので、鍵を玄関ドアの外に落としておく→??何で!?自分でも意味わからなさに気づき、拾いに行く。(数十分ほど玄関外に鍵を放る、拾う、を繰り返していた。)

・準備出来た(何の?)合図を送らなきゃと思い、部屋のドアを思いっきりバタンと閉める(音が小さくて聞こえてないかもと思い、何度も何度も開けては強く閉め直していた。)

・世界がヤバいことになるのを止めなきゃ…どうすれば・・、ああっ!そうか!コレで自動で止まるんだ!!と思い、浴槽給湯器の“自動”のボタンを押す。→押した瞬間に ん?なんのこっちゃ・・と思いスイッチを消す。

・通信システムが搭載されてると思い、秘密の暗号(?)をブレーカーにささやく・・・・

実際に何か行動を起こさなくても、あのビルが爆発する・・・とか、強く思い込む時もあった
自分で覚えている奇行もあるが、そうでない変なこともしているのかも・・・記憶が抜け落ちているのだから。