脳内麻薬が氾濫して、爆笑が止まらなくなる以前にも変化…前兆みたいなものがすでに1週間前からあったのかもしれない。
ボロボロ泣いてはいたが、家族、親族たちとはよく喋った。
まだ爆笑は出ていなかったが、結構笑ったりもしていた。そしてまたボロボロ泣く。
  ・・・そんな1週間だったような気がする。

 父の死の1週間後は、週1で習っていたダンスのレッスン日だった。
むやみなクスクス笑いが増えてきていた時期だった。
父を亡くしたばかりで悲しいのだが・・・なんだかオチャラけてしまう。戯けるつもりもないのだが・・・なんだかいつもと気分が、体調が違うーーー
体に力が入りにくく、踊っても踊っても汗をかけない。
ヘラヘラしながらも力が入らないし、ずっと体が冷えたままだった。

でも、ずっと動悸みたいなものは収まっていなかった。
これは、父が亡くなったという電話を受けてからず〜〜〜っとだった。
ドキドキが止まらない・・・。