トップに戻る

冒頭に告ぐ【20/6/11】

寄る辺ないまま彷徨います

そのまま沈んでいくのも
どこともなく這い上がるも
実のところ
それは自由であると言うことも知っているはずです

それでも
ただひとつの指標のあるがために
寄る辺ないまま彷徨います

行き着く先すら見えないままに

それは水で出来た
雨の夜の物語

志茂田 聾二 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

トップに戻る

Neetsha