トップに戻る

黄泉【20/6/25】

生まれて最初に見た夢は
血にまみれた赤子の姿

生まれて2日目に見た夢は
背中に背負われた夕焼けの景色

生まれて3日目に見た夢は
新たに生まれた命にたじろぐ眼

生まれて4日目に見た夢は
死んだ祖父の亡骸に頬をぬらす子ども

生まれて5日目に見た夢は
孤独に一人で歩く長い道のり

生まれて6日目に見た夢は
愛され上手なあの人を羨む眼差し

生まれて7日目に見た夢は
馴染めぬまま孤独なままうろたえる心

生まれて8日目に見た夢は
「それでも愛す」と微笑んだ一人の女

生まれて9日目に見た夢は
多くの人に囲まれて祝福される2人

生まれて10日目に見た夢は
幸せを信じれぬまま息を引き取る男

それから見ているあの夢は
悲しみにくれている幾ばくかの涙

いつの時代も繰り返す
ただただ繰り返す喜怒哀楽

めくるめく世界は艶やかなそのまま
記憶の片隅に

生まれて最初に見た夢は
血にまみれた赤子の姿

いつの時代も繰り返す
ただただ繰り返す喜怒哀楽

そうして生まれてきたのが
「あなた」であり「わたし」であり「きみ」であり「お前」であった

志茂田 聾二 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

トップに戻る

Neetsha