トップに戻る

脛毛王女と巨乳爺や
天使になれました。感謝いたします【20/7/2】

一人の男が自殺しました

傷心していてほんの気まぐれでした

長いトンネルを抜け
神様の居る上も下もない場所へといきました

神様はこう言いました
「自ら命を絶つものは天使になれません」と

男は天使に憧れていました
白い翼で飛んで行きたいのです

だけど男は天使にはなれません

男はとても悲しみました

泣きました

涙はいつまでも流れ
いずれ大きな大きな海となりました

上も下もない場所には海ができ島ができ
いつしか空まで出来ました

男にとって上も下もない場所なので
空を飛ぶこともできました

ただし翼はありません
だけれどもそれでも男は天使になれました

ある日男はふと考えました
何に傷心していたのかと・・・

志茂田 聾二 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

トップに戻る

Neetsha