雨夜の章

 荒れ狂う風雨の中で、自分に名前がない、と泣き叫ぶ幼子がいた。

 創造神と暁紅の女神の間に産み落とされた子で、憤怒相と多腕を持ち、その咆哮は、まるで吹き荒ぶ風の轟音の様だった。

 周囲を暗褐色の肌をした野獣達に囲まれ、幼子は、一層大きな泣き声を上げた。

 その声は天と地の間、果てしなく広がる山河に響き渡り、万物を破壊した。

 その声を、人々は畏れ、または敬った。

 そして、自らの破滅を避ける為に、その幼子に名を与えた。

 吼える者、と。