Neetel Inside 文芸新都
表紙

朝酒日記
遥か彼方から

この一年、いや一年半だろうか。ずっと死にかけていた。
僕はもう煙草も吸えないし、お酒もちょっとしか飲めない。
それで良いんだろうと思う。
怠惰な空が水のようになって、僕は満足。
願わくば僕の心もそんなふうに溶け込めばいいのだけれども。
あるいは昇華?

街は何も変わらない。細部は変わるけれど、本質は変わらない。
たとえ龍がこの街をすべて瓦礫にしたとしても。
あるいは、住む人が誰も居なくなっても。
それだけが僕の安息地で、街をふらつかせる。
ここだけが僕の住む場所で部屋に居るだけじゃ駄目だからっていう気持ちが。

見えているものの彼方の、その境界線の間に住むように、
ちょっとだけ手の届かないところにまた進むように。
ゆっくりと空を仰ぐ。
星も月も見えないから、空の高さはわからない。
真っ暗闇のなか躓く誰かのような、心許ない足取りの毎日。
表紙

わこう 先生に励ましのお便りを送ろう!!

〒みんなの感想を読む

Tweet

Neetsha