いいニュースと悪いニュース

 夜という暗闇の中、雨が激しく振っているようだ。
 金髪の白人女性のメアリーは、夫のトムの帰りを待っていた。
 メアリーは暗闇の中を走る水滴をただ眺めているだけだった。
 
 ピンポーンとチャイムの音がする。
 トムが帰ってきたのだった。
 メアリーはトムの帰宅に大喜びをし、トムの頬にキスをした。
「トム!心配したのよ!」
 メアリーは心の掲示板に書かれてある文字をトムに音という文字で示した。
「メアリー、いいニュースと悪いニュースがあるんだ。どっちから先に聞きたいかい?」
 トムは尋ねた。
「いいニュースから」
「いいニュースは、莫大な金が手に入ることになったんだ!」
「まぁ、すばらしい。でも、悪いニュースは?」
「それは僕が死んでしまったことだ!\(^o^)/」
 そう言うと、トムはすぐに粒子状になって消え去った。

 夜という暗闇の中、雨が激しく振っているようだ。
 道路の上に赤く染まった男が無言で寝そべっている。
sage