16th.Match game2 《tha time is strong》

「うん、じゃあ今からおいでよ。いづみにも聞いてみるから3人で……あ」
 そこまで言って口をつぐむと、恵姉はこちらをちらと見やってぼそりと続けた。
「あとね、ここにもうひとりいたわ。全く集中を欠いてるアホが。うん、そうそう図書室を仮眠室と勘違いしてたヤツよ。うん、わかった。じゃあ待ってるねー」
 何かすごく失礼な物言いをされているお方がいたような気がするぜ。いったい誰のことだろうか。図書室? 何の話だ? いや、言っておくがそれは断じて俺ではありませんよ? だって今は俺、ひたすらに怠惰に過ごす事に集中しているからね。
 ってか草原先輩までそんなことを思っていらっしゃったなんて。確かに静かな環境に思わずグースカ寝てしまった俺に救いの余地はないんだけどさ。でもそれってよくあることなのではないでしょうか! 図書室って、こう、イイんですって!
 それからしばらくふたりはキャッキャしていた。話題は誰かの罵倒に終始。残念なことに主語を聞くことが出来ず、誰のことかはわからなかった。可愛そうな誰かさん。おや、なんか目にゴミが入ったみたいだ……汁が……。
 最後、相手に見えていないのに手を数回ひらひらさせて恵姉はケータイを切った。やおら斜めに構えていた体をこちらへ向き直る。
 その気配を察知して、とっさに対面の顔へ送りつづけていた目線を教科書の公式へと落としにかかる。もう1時間前から開いたままになっている30・31ページだ。見開き左に載りましたるは黄色の蛍光ペンで四角に囲まれた太字の怪数式。横に赤ペンで「重要」と加筆されている。そのすぐ隣には、落書き。サッカーゲームで当時使っていた4-2-3-1システムと、どう見ても適材適所な配置が施されたワールド・ドリーム・メンバーズ。この顔ぶれには見覚えがある。確かこれは1ヶ月前位のものだ。当時のチーム内得点王がアンリで、司令塔のカカもよく働いてくれたんだっけかな。あのメンバー構成はチートすぎた。全勝優勝したもんな。
 随分前に学習した筈なのにまるで記憶に残っていない公式たちとは裏腹に、ゲームに関してはフォーメーションを見ただけでかつてのプレー記憶を簡単に呼び起こすことができる。この著しい我が脳内記憶容量差分はどこから生まれているのだろう。不思議だ。
 やがて役に立たない記憶だけは簡単に引っ張り出せてしまえる自分自身が情けなくなってきて、不意に先に堪えたはずの水分をまたこぼれ落としそうになる。
「ぼんやりしてないで顔をあげなさい」
 目線は公式に置いていたのにバレますた。本当に怖いです。あなたはどうして俺の思考をそうやすやすと把握できる? 
「だが断る」
「断るなっ」
「……なんだよ」
 どすの利いた声が幼気な俺の心を握りつぶしにかかってくる。観念して顔を教科書から上げると、流し目をキメたお顔には、うっすらとだがいぢわるそうな笑みが浮かんていた。心なしか楽しそうだ。いや、かなり楽しそうだ……。
「今からさあやがうちに来ます」
「そのようですね。一体何用ですか? 何やら俺も頭数に入ってたみたいだけど」
「勉強会よ」
「さよけ」
 なるほど。そいつは色々困ったことになった。現状から言うと、俺はまだ草原先輩に会う準備ができていないわけで。きっと今顔を合わせれば困ったことになる気がする。どの面下げて会えばいいんだっつー話だ。
「3人でやりなよ。俺はいい」
「え、どうしてよ」
 寺岡先輩を呼び出そうと画面に視線を向けてボタンを押していた恵姉だったが、俺がその輪に加わりたくないと聞くや、ばんっとテーブルに手をついてこちらへ身を乗り出してきた。思わず反射的に後ろへ仰け反る。ダークな微笑みは途端にお怒りの形相へ。別にそこまで髪を振り乱さなくともいいと思うぞ。
 威圧的な雰囲気に耐え切れず顔を背けると、しっかりと右手に握られたピンク色のケータイがなんだかとても息苦しそうに見えた。何というシンクロだろうね。
 どうしてもこうしてもない。やりづらいんだよ、今は。
「女が多くて息苦しいのが目に見えてるからだよ。俺はひとりでやるから恵姉たちは自分の部屋でやってください。家庭教師はまた今度でいいからさ」
「いいえ、ダメよ。申し出を拒絶します」
 ばっさり。あっさり。俺の退路は遮断されてしまった。しかし、簡単には引き下がれない。
「なんでさ。別に俺が居なくたって問題ないだろう? 2年生同士でやればいいじゃないか。俺がいてもみんなの足を引っ張るだけだし効率が悪いだけだって。折角仲良し同士集まるんだからさ、思いっきり集中して取り組んで欲しいんだよ」
 これも本心だった。成績に波のある恵姉はともかく、後の2人は学年トップクラスの成績を維持していると常々風のウワサに聞いている。なのにこんな低レベルな俺が足を引っ張って先輩たちの勉強の邪魔なんかして、それでもしも成績を落とされでもしたらそれこそ一大事だ。ここは大人しく身を引いて、ゲンキの家にでも避難するのがもっとも得策だろう。
 しかしそうは問屋が卸さなかった。相手は恵姉である。
「うるさい。ごちゃごちゃ言ってないで鉛筆握る!」
「いや、だから俺は」
「お黙り!」
 ……オーケー。これ以上の拒絶は危険、以降の問答は生死に関わると五感が告げてくる。
 こうして時折俺に与えられている筈の人権を力でねじ伏せるのが、目の前におる居候先の長女さん、星和シティに生まれしモンスターシスターである。ちなみに旦那、こいつは鉛筆じゃなくてシャープペンシルですぜとも言えず、俺は黙って問題を解く作業に戻らざるを得なくなってしまった。
 それから恵姉は着替えに戻ると言い残し部屋を後にした。3本ラインの緑ジャージに無地のTシャツという寝間着姿のままだったから、まあ当然といえば当然である。俺も似たような格好だったので、とりあえず着替えることにした。
「よく考えたらもう昼過ぎだってのに寝間着か。さすがにやばいな」
 ジーンズを履きながらふと思う。こうして外部からの第三者の介入でもなければ、きっと2人とも夕方までこのままの格好だったはずだ。自分で言うのもなんだが、いくら休日だからとは言えひどい有様である。こう、精神的に堕落しきっている感じが今さらながら痛い。まあ刹那な堕落はむしろ自由と同義で素晴らしいものだとも思うけど。
 脱ぎ捨てたシャツやらハーフパンツを脱衣所に持っていって再び部屋へ戻ると、既に着替えを終えた恵姉がテーブルについてペンを動かしていた。チェックの入ったショートパンツに薄手の黒っぽいカットソーを併せ、おまけに化粧も済ませている。速いよ、あんた。 
 恵姉の着替えの速さには本当に驚かされる。たぶんそこいらの女の子には到底成せる技じゃないはずだ。なんでも恵姉曰く着替えはインスピレーションとのことで、その日の服装は大体がクローゼットを開けてさらっと見まわした瞬間に決まってしまうらしい。よくデート当日の朝に女の子が着ていく服をベッドの上に広げてあーでもないこーでもないするほほえましいシチュエーションがあるが、目の前にいる人には一切無縁な話だ。
 だからきっとモテないんだろうなと思う。言ったら殺されるから思うだけだけど。
「何突っ立ってぼけっとしてんの?」
「え? あ、いや別に」
「ふうん。変なの」
「変とは何だ変とは」
「いいから座って勉強しな、アホ」
 いちいち語尾にアホ言うな。いっぺん殴ったろか。にしてもこの女、鋭い。
 クッションに胡坐をかいて座り、とりあえず対面さんを睨みつける。じいっ。5秒経過。10秒。15秒……はい、無視。
 俺の『イラッ☆』視線を知ってか知らずか、恵姉は真剣な眼差しをノートへ注いでいる。何やら範囲分の新出英単語を繰り返し書き込んでいるようだ。恵姉はとにかく手を動かして脳にインプットしていくタイプらしい。見る間にノートが黒く染まっていく。
「俺は英単語なら見ただけで覚えられるぜ。徒労乙だな」
 嘘である。真っ赤な嘘である。俺も手を動かさないとダメなタイプの人間だ。
「あーうらやましい」
 全然うらやましさを感じさせない棒読みで返答された。眉のひとつも動かしやしない。これまで俺の勉強を見てきているので何もかもお見通しとは言え、このムカつく反応。でこピンでもしてやらなきゃ気がすまない。ようし決めた、粛清の時間だ。
 でこピンの体勢を作って、気づかれないようにそうっと中指を恵姉の額に近づけていく。恵姉は集中したままで全く俺に気づいていない。もう少し、あと少し。あと5センチ――。
《ピンポーン……ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピーン…………ポーン!》
 もう後わずかという所でインターフォンが鳴ってしまった。慌てて指を引っ込める。
「来たわね」
「だね」
「功行って、暇そうだし」
「はいはい」
 恵姉にアゴで指図され、反論する間も与えられず一階へ駆け下りる。その間もインターフォンは鳴りつづけていた。急がなくては相手に悪いという強迫観念にとらわれ、自然と早足になる。いつもなら部屋にあるモニターでどちら様かと確認してからドアに向かうが、今日に限ってはその必要もないだろう。この荒々しいプッシュの仕方はまずあの人しかいない。俺はドアの前のミラーで身なりを軽く整え、ゆっくりとノブを回した。半分ほど開いたところで、予想通りの人が姿を現した。
「こんちゃっす! はかどっとるかな功一くん?」
 いやらしい笑顔が露になった。寺岡先輩のご登場である。
「はかどっていると思いますか?」
「ふふ、思わなーい。恵の声聞いてなんとなくわかったわ」
 光沢のある黒いミュールを脱いでスタスタと廊下を歩いていく先輩。それを逆向きに揃えて先輩の後を追う。
 今日の先輩はなんとも攻撃的な服装を身にまとっていらっしゃった。見えそうで見えないデニムのスカートにロックバンドのプリントTシャツ1枚という露出高めのラインナップ。しかも柄の下着が透けて見えるので、こうして後ろを歩いていても目のやり場にちょっと困る。
「階段昇るときに見ないでね」
「み、みませんよ絶対」
「あら、残念」
「えっ……?」
「ふふ。功一くんのエッチぃ」
 しかもさらっと釘を差すところもまたいやらしい。だったら着てくるなと言いたい。こうして俺を弄ぶのが寺岡先輩の癒しらしいから始末が悪い。迷惑はなはだしいったらない。
「清夏ちゃんは来てるの?」
「まだです」
「そっか。にしても珍しいわね、清夏ちゃんが恵のウチに来るなんてさ」
「ええ。俺の知る限り初めてなんじゃないかと思います」
「ふーん。なんでだろ」
「さ、さあ」
 それは多分、草原先輩があの時の答えを求めているから。階段を昇りながら先輩に訊ねられたが、俺は答えることが出来なかった。
 自分自身、まだ答えが出せていない。いくら考えてみても先輩のことを好きかどうかなんてわからない。だったらいっそ何も考えずに付き合ってみてから考えようかとも思った。でも、そんな付き合い方自体に疑問を覚えていることも事実だ。やっぱり自分が好きだと心から思える人でないと、相手にも失礼なんじゃないだろうか。
 そこでいつも考えが行き詰まり、そして結果的に考えることを放棄する。時間がいつかきっと答えをくれる、そう勝手に都合の良い風に思っていた。
 でももう逃げられない。これから先輩はここにやってくるのだから。
「どしたの?」
 気がつくと俺は階段の途中で止まって考え込んでいた。先に昇り終えた先輩がこちらを見下ろし、怪訝な表情を浮かべている。
「いえ、別に何も」
「嘘。何か困ったことがある時、功一くんそんな顔するよね。私にはわかる」
「いえ、そんなこと無いですよ。そ、そういやグリップが磨り減ってきてたからそろそろ替え時かなー、ってそんなつまんない事思ってただけです」
「ふうん……」
 無理やり笑って言い訳を繕い、俺は訝しげな先輩の背中を押して部屋へ案内した。部屋へ着くと早速恵姉とキャーキャー始めてくれたので、それ以上詮索されずに済んだ。この2人には何かしら俺の状態を把握するセンサーが備わっているらしい。用心しなくては。
 それから、部屋には静寂が訪れた。もっとお喋りに花を咲かせると思っていたが、やはり根が真面目な2人は切り替えが上手く、ときどきお互いに質問をしながら問題をサクサク解きに掛かっていた。
「ね、いづみここわかる?」
「あー、そこ私もわからなかったのよね。後で清夏ちゃんに訊いてみようよ」
「そだね」
「ね、清夏ちゃんはいつくるの?」
「うーん、電車だからね。電話して結構経ってるし、もうすぐだとは思うけど」
「そっか。あの子ここ来るの初めて?」
「ううん、前に1度来たことあるよ」
「え、でもさっき功一くんが初めてじゃないかっていってたわよ?」
 2人してこちらを見ないで下さい。視線が痛いです。
「確か功がゲンキくんの家に遊びに行ってた時だったと思うわ。その時はまださあやに功と一緒に住んでるの言ってなかったからね」
「そっか、なるほどね」「そうだそう言えば……」
 思わず声に出すと、見事に合わさってしまった。確か、ロープレやってて全クリ目前だったのに無理やり電源切られて、挙句家を追い出されて半べそをかく想いでゲンキの家に逃げたんだっけ。
 忘却の彼方に消えうせてしまいそうだった記憶が舞い戻って、何だか復讐心が芽生えてきそうな心持ちだ。今は寺岡先輩がいる手前大人しくしておくが、今に見ておれよ。
《ピンポーン》
 笑顔で談笑している2人を見て沸々となっていると、再びインターフォンが鳴った。きっと2週間前に会った人が来たのだろう。恵姉と寺岡先輩の反応を見ずに、俺はまっすぐ部屋を飛び出した。 
sage