夏祭り中編

「あ、あのさ。そのー」
「うん? 何」
俺が返事すると同時に花火が打ちあがる。
美希には聞こえたっぽいのでよし。
「あ、花火綺麗だねぇー。ま、おいといて」
「だから何だって」
俺は苦笑しながら聞く。
「うぁー。いいや単刀直入に言うね。一度しか言わないからね」
なんだよ。何言うつもりなんだ。
一度だけとか花火上がってんだから何回か言わなきゃいけないかもしれないだろ。
これはあれかフラ(ry
一番大きな花火が上がる。彼女は花火に背を向けていたからだと思うけどなんだか眩しかった。
「私はさーくんのことが――なの。だから付――――ください!」
「えっ? なに? 俺のことがなんだって?」
ほらぁ。聞こえなかったじゃん。大体こういうときは聞こえないというのが普通なんだよ。
もうふるいの。ふるすぎるの。
だからもういっぺん言ってくださいお願いします! 
「……聞こえなかったの?」
「あーうん。俺のことが――なの。と付――――くださいしか聞こえんかった」
「普通分かると思うけど。まぁ意外と鈍いしねぇさーくんはさ」
「はぁ? 鈍いって何が」
鈍い?
こう見えても俺は足速いんだぜ。知ってるだろお前。
陸上部だったんだぞ。短距離で全国でたんだぞ。
その足に追いつく弟は化け物だよなぁ。
「そういうところが鈍いって言ってるんだよ」
「俺の周りは変な奴ばかりだ」
「さーくんも十分変態だと思うけどなぁ」
優しく微笑んだ美希に思わずドキッとしてしまう。
って何考えてるんだ俺。少女漫画か。ドキッて頬赤らめて少女漫画かコノヤロー!
「うふふっ好きだよさーくん。付き合ってね」
「えーあうん。わかったわかった」
「やった! んっふっふっ」
んっふっふってお前まるで大○だな。ひぐ○しの退職金が惜かった警部○石だ。
ん? ちょと待てよ。今この子はなんと言った?
スキダヨサークンツキアッテネ?
俺の返事は……。
「あっ……あー、あー……あーーー!!??」
「どったのさーくん――――!?」
「死ねっ! 氏ねじゃなくて死ね!」
さ、刺されたー!?
美希が! どっから沸いてきたか知らんが聖にナイフで!?
「なっ!?」
「甘いねぇ。誰だか知らないけど甘すぎるよ。昨日食べたマルポーロ並に甘いよ!」
マルポーロ食ってるのかお前。その年で。
ていうかまずは状況整理しよう。うんそうしよう。
えーと、美希が俺に告っておれがOK出して聖が沸いてきて美希をナイフで刺したと思ったら生きてた。
わけわからん。
「ん? 頭が追いついてないみたいだねぇさー君。私がこの娘のナイフを指ではさんで止めたんだよ。それだけー」
「あ、ああ。なるほど」
そういや昔からそんな稽古をおじさんにさせられてたな美希。
なんていう設定。
「くっ抜けない……」
「私は巫女だよ。この程度造作ないね。うんうん」
巫女はそんな危ないことしないし普通殺される。
だからお前は巫女さんじゃない。家が神社だけど巫女さんじゃない。
「僕が居るのを忘れているようだねっ! 泥棒猫!」
「弟よ!? 何故お前もナイフ持ってる!?」
またまたどこから沸いてきたか知らないが弟がナイフもって飛び出して来た。
何故武装しているんだ。
「無謀だよ義弟君!」
「義弟言うな!」
弟がナイフを振りかぶる瞬間美希は聖を肘で顎を打った後蹴り飛ばした。聖は大体5mくらい吹き飛んだ。秒間0.5秒。
その際にナイフを強奪。秒間0.2秒。
弟が振り下ろそうとしたナイフの刃に向ってナイフを投げ、弟の手からナイフが弾かれる。秒間03秒。
次に腰に隠していた思われる小太刀を抜刀。
現在弟の首の目の前で止まっている。1mくらい空いて無いね。ミクロかな?
「感想。人間じゃない」
「人間だよー。さーくん酷い!」
いいや、このご時世帯刀してる奴はいないし。
周りを見ると聖は起き上がっているが立てないようだ。
ダレモタナクテヨカッタ。HAHAHAHAHAHa。
「何より秒間で動けるやつは人間って言わない」
「それは簡単。私が巫女だからなんだよ」
「そ、そろそろソレどけてくれない?」
声が震えてるぞ弟よ。
弟を怖気させるなんてやっぱり人間じゃない。だって弟は化け物だもん。
「さしずめ私は神様って所かな?」
「人の思考を読むな!」
てへっとかしなくていいから。てへっじゃないから。
「変態だけど一応弟だからさ。傷ついてると姉が暴れる。被害は主に俺と俺とか俺」
「……さーくんが言うならいいよ。ちっ命拾いしたな」
「今、ちって言ったよね? 舌打ちしたよね。多分小声で言ったつもりだと思うけど命拾いとか俺聞いたよ」
だからてへってするな。意味わかんないから。b並に謎だから。
すると声が聞こえる。へなへな~ってした声。
「理さ~ん。すいませんちょと手伝ってください。立てません!」
「ほら。強く蹴りすぎだよ」
「えー? 私が悪いの? 正当防衛だよ」
「お前が悪いだろうなぁ。銃刀法違反でつかまるだろうなぁ」
銃は持ってないよとか聞こえたけど無視し様。
俺が聖に向うと弟と美希は途端ひそひそ話をはじめた。
さっきまで殺り合ってたのに意味わからん。俺の周りには変奴しか居ないんだろうなぁ。
「ほら、肩か貸してやるから。大丈夫か?」
「ええーと。駄目です。おんぶしてください。おんぶ、おんぶしてくれなきゃ嫌です!」
………こいつ元気そうだな。
「まぁ、いいか」
「うへへー」
おんぶしてやると変な声を出す。
なんかしらんが聖はうへへーって笑い方するよな。
「ねぇねぇ兄さん。実は僕さっきので足挫いたからだっこして。抱っこ」
「あー! じゃあ私は肩車がいいなぁ」
うわぁ。なんだこいつら。
「もしかしてすきなの? 好きだから特別扱い?」
「ええ!? 私というものがありながら不潔!」
うぜぇ。こういうときだけ結束するのやめて欲しいな。
つかやめろ。
「ねぇねぇ兄さんってば」
「ねーさーくん、肩車して欲しいなー! 女の子肩車できるんだよーロマンじゃないの憧れじゃないの? moeでしょ」
ああうぜぇ。
なんかうぜぇ。
聖は聖さっきからへへぇーとかむふふとかうるさいし。
多分変わったな俺。色々あって人格変わったな。間違いないだろう。
あー……彼女美希ならいっか。
美希の事結構好きだしな。うん。
「あっ! いたいたwwwどこいってたんwwマジで捜しちゃったですぁwwww」

sage