お詫び

『お詫び』



一度ペースメーカーを投げた七夜です、皆様お久しぶり。
どんな理由があれ、投げたという事実は覆せません。
結果、読んで頂いていた読者方を裏切るという形とになって本当に申し訳御座いませんでした。

進路関係、身体の事、某文庫への作品投稿など色々なことが重なって復帰出来ずに居ました。
それ以上に、一度投げた作品を手に読者様方の元へ帰る勇気がありませんでした。
諸事情にて止め、二度と書かないと子供みたいに意地になっていたというのもあります。

しかし、『読者に自分の作品を読んでもらいたい』、『面白かったの一言が欲しい』。そう思い、再度投稿する踏ん切りが付きました。
それにて、本当に恐縮ではありますがペースメーカーのリメイクを書かせて頂きたいと思います。
ただ、リアル事情にて更新がボチボチになると思います。なるべく早い更新を心掛けるつもりではいますが。
それと某文庫への投稿作品の方へ本腰を入れるので、前にましてクオリティの低下が見られると思います。ご了承下さい。

こんな愚か者の作品ではありますが、是非一度目を通して読んでやってください。