4.〜僕のお父さん〜 <10.8> <10.15>


  4

 五年前、ロイの住む国ネティオは平和そのものであった。
 当時ロイは十一歳。両親と三人で、ささやかながらも幸せな日々を送っていた。
「ただいま」
「おかえり、父さん!」
 テーブルについていたロイは、扉を開けて帰ってきた父の姿を見るや、勢いよく立ち上がった。豪快でいつも笑顔を絶やさない父のことが、彼は好きだった。
 父はいつものように、ロイの頭を大きな手でがしがしと撫でた。食事の準備をしていた母が振り返り、二人を見て微笑む。
「おかえりなさい」
「おう、ただいま」
「ちょっと待っててね、すぐにできるから」
 父は頷き、椅子に腰掛けた。それを待っていたかのようにロイが口を開き、今日あった出来事を父に話し始める。
 テーブルに食事が並び、準備を終えた母も二人の会話に加わる。彼らは毎日、途切れる事のない会話を楽しみながら、長い時間をかけて夕食をとった。

 ある日の夜、ベッドで眠っていたロイはふと目を覚ました。少し離れたところにあるテーブルから、父と母の話す声が聞こえる。
「王の容態は、もうかなり深刻なんだそうだ」
「そんなに……?」
「ああ、王もかなりの高齢だからな。それで街は今、世継ぎの話で持ちきりだ。王の座を継ぐのはどっちだろうってな。失礼な奴らだ、まだ王は亡くなっちゃいねえってのに」
「立派な方だものね……」
「そうさ。俺達が今平和に暮らしてられるのは、王のおかげなんだからな。全く、惜しい人ばかりが早く寿命を迎えちまう」
 難しい話をしているな、ロイはそう思った。
 世継ぎの話などロイには全く理解できなかったが、かつて父がこの国の王に会ったことがあるという話は聞いたことがあった。
 ロイの父は国でも指折りの大工職人で、王の住む城の建築に携わったことがあったのだった。
「でもやっぱり気になるわね、後継ぎ」
「まぁ、な。順当にいけば兄王子のカルツ君なんだが」
「そうね。弟のウル様の方は……あまりいい噂を聞かないわ。こないだも城の武道大会で、相手を半殺しにしたって」
「そうだな。大分前に仕事で城に行った時に、二人にも会ったが……カルツ君はあの頃から、非の打ち所のない好青年だった。いつも穏やかに笑っていて、子供とは思えないくらいに頭も良かった。逆にウル君はあの頃から少し、乱暴なところがあった。まぁ俺が言うのもなんだけどな」
 母は口に手を当て、くすっと笑った。
「あなた、ウル様をひっぱたいたのよね」
「ま、軽いしつけのつもりだったんだけどな」
「もう。王様がとりなしてくれなかったら、今頃は首がないわよ」
「はは、王が話のわかる方で助かったよ」
 父は大きな口を開けて笑った。母も仕方なさそうに笑う。
 二人の仲睦まじい様子は、布団の中にいるロイにも伝わった。ロイは幸せな気分で微笑みながら、再び眠りに落ちていった。

 それから数日後、王は帰らぬ人となった。そして、大多数の国民の予想に反し、王の座を継ぐのは彼の息子である二人の王子のうち、弟であるウルとなった。
 新しい王となったウルの暴力性については、以前より国民の間で噂されており、対して兄であるカルツの人柄の良さ、知能の高さにも定評があった。
 国からは、世継ぎの決定に関する詳細を知らされなかった。その為に国民はこの事態を理解できず、情報は錯綜する。徐々に国民に不安が広がっていった。

 王の死から、一週間が過ぎた。
 家に戻ってきたロイの父に、白い封書を手に持った母が歩み寄る。
「あなた、これ……」
「ん?」
 父は封を切り、折りたたまれている一枚の紙を取り出した。二人は顔を見合わせた後、文書を目で追っていった。
「新しい王の就任セレモニー、か」
「あなたが、代表って……?」
「代表のうちの一人ってことみたいだな。代表として何をするのかはわからんが」
 母は父から目を逸らし、不安げな表情を浮かべた。
「なにか、嫌な予感がするわ。どうして一週間も経ってから、こんなこと……。それに、何故カルツ様じゃなくウル様が後を継いだのか、その説明も未だにないのよ」
「ふむ……」
 父は顎に手をやった。少しの間の後で父が再び口を開こうとした時、玄関のドアが勢いよく開いた。
「ただいま!」
「おう、おかえり」
 元気よく挨拶するロイを振り返り、父はいつもの笑顔で迎える。しかし、母の表情は沈んだままだった。
「……どうかしたの? 母さん」
 怪訝そうに母を見つめるロイを、母は見つめ返した。答えない母に代わり、父がロイの肩に両手を置いた。
「一週間前に、この国の王様が変わったのは知ってるな?」
 ロイは黙って父を見上げ、頷いた。
「明日な、広場で新しい王様の挨拶があるんだ。国中の人達が集まってくるぞ」
「僕も行ってもいいの?」
「ああ、もちろんだ。父さんは途中でちょっと出て行くかもしれんが、母さんから離れるんじゃないぞ。何せ凄い数の人だからな、迷子になっちまう」
「うん!」
 ロイは目を輝かせ、頷いた。嬉しそうな顔で母を見る。母も、ぎこちなくはあるが、笑顔を浮かべてロイに応えた。